medicina 1巻2号 (1964年5月)

今月の主題

早期胃がんの発見 有賀 槐三
  • 文献概要を表示

 早期胃がんを発見することは容易ではない。しかし,レ線および内視鏡検査の発展によって,早期胃がんの報告は急増している。だが一般臨床家は,早期胃がんの診断について論ずるまえに,胃がんをより早期に発見し,より早期に診断することを考えるべきではなかろうか。これが早期胃がんの発見の近道である。早期に胃がんをみつける方法,どのような所見に注目したらよいか。

  • 文献概要を表示

集団検診の重要性

 梅田 有賀先生,がんは現段階では早くみつけるということが,癌患者を助けることですから,集団検診は大変重要だということになりますね。

 有賀 おっしゃる通りです。胃がんのことをある程度熱心にやっておられる病院では,最近,やはり早期がんの発見頻度は高くなって来ております。その頻度はもちろん集検の方が高いのですが……。

いわゆる脊髄炎 黒岩 義五郎
  • 文献概要を表示

 脊髄炎は一つの病気ではなく,多くの原因による疾患群で炎症のみでなく代謝異常,中毒など種々であるので後者を脊髄症(Myelopathy)とよぶ。その臨床形態は種々で①横断性,②上行性,③散在性,④ビマン性,⑤局所性などがある。

 急性脊髄炎をおこす疾患で多いものは,感染後または副感染性,ワクチン接種後および特異性のものである。また多発性硬化症なども脊髄炎で始まり得る。慢性脊髄症も種々の原因でおこるが代謝性,頸部脊髄症なども少なくない。

先天性心疾患 榊原 仟
  • 文献概要を表示

 先天性心疾患の根治的あるいは亜根治的治療としては外科手術が唯一の手段である。したがって診療にさいしては,手術が可能であるか,可能であるとすれば,いつ手術すべきかを決めることがまず必要である,これをほぼ決定するには日常診断の手段で足り,特殊検査を必要としない。その要点を記した。また先天性心疾患の約半数は乳児期に死亡するので,これを救うためには,専門医の手にすみやかに托するのが最上の道であることを強調する。

えでぃとりある

  • 文献概要を表示

肝機能検査という言葉への疑義

 臨床検査法の普及にともなって,最近では,臨床検査は診断上不可欠の重要性を持つようになって来ている。そのことは大変結構なことであり,それによって今日の診断に正確さが加わった点は否定しえない。しかし,私は自分の専門のせいかもしれないが,多くの病院で行なわれている種々の臨床検査の中で,いわゆる肝機能検査が実に高い頻度で行なわれることに気がつく。

 もちろん肝臓は,肝自体に原発する疾患の場合のみでなく,種々の疾患に際して二次的にもおかされやすい臓器であることは周知のごとくであるから,このいわゆる肝機能検査法が,多くの症例について行なわれていることも,それ自体は決して不都合ではない。

診断のポイント

痛風 佐々木 智也
  • 文献概要を表示

痛風は正しく診断されているか

 日本人の食生活は戦後急激に変化し,獣,鳥,魚肉,鶏卵,牛乳およびその二次製品など動物性食品の摂取食物中に占める割合が高まっている。国民の摂取カロリーがほぼ一定に達した1949年の動物性食品平均摂取量を100とすると,1961年のそれは222であり,驚くべき変化であることがわかる。プリン体代謝の異常のある者が多量の肉類,内臓など高プリン食をとると痛風を発症するので,わが国の痛風患者は当然増加したものと考えられる。事実,報告された痛風患者は年々増加している(御巫)。ただし,表面に表われた痛風患者数の増加は,患者の絶対数が増加したためのみでなく,診断を下す医師の関心が高まったことも与って力があるものと思われる。しかし,一般的に言うと,日本人が痛風になることはほとんどないと言う誤った見解が永らく支配的であったためか,今日でも痛風が見逃されている場合はかなり多い。表1は東大物療内科を訪れた痛風患者の来院前病名である。最も多いのは54例中40例(74%)を占めるリウマチ,慢性関節リウマチ,リウマチ様関節炎の病名である。来院前に痛風という病名が与えられていた者は,その疑いをも含めてわずかに11例に過ぎない。リウマチと痛風とでは食餌療法も薬物療法もまつたく異なるものであり,より早く正しい診断が下されなければならない。しかも,痛風症例の大部分は型通りの症状,経過を示し,診断を下すのにそれほど困難なものではない。

期外収縮 森 博愛 , 村山 栄一
  • 文献概要を表示

 不整脈を主訴として外来を訪れる患者は非常に多い。中でも期外収縮は最も普通にみられる不整脈で,一生の間に一度も経験しない人はないとさえいわれている。期外収縮は器質的心臓病を背景として現われたり,心筋の過敏性の異常な亢進の表現としてみられる場合もあるが,単に機能的な変調の結果としてみられることもあるから,その正確な認識は実際診療上きわめて重要である。

病的反射—とくにBabinski 安芸 基雄
  • 文献概要を表示

 病的反射を病的な状態ではじめて出現する反射と解すれば,決して単一の反射ではなく,例えば脊髄自動症Spinal automatismに含まれる多くの反射をも挙げねばならない。しかしここには臨床的に最も重要ないわゆるBabinski反射について主に臨床に関連した問題を述べる。

治療のポイント

  • 文献概要を表示

 本症の予後はきわめて重篤であると信じられているが,それはとくに発作直後の急性期について言えることで,無事急性期を回復した患者の長期予後については,昔考えられていたほどは悪くない。しかも急性期を回復した患者は,適当な指導を行なえば相当な活動能力を示し得るもので,大部分の患者に有意義な社会的生活を楽しませることが可能である。たとえばMasterらは1年以上生存した500例のうち4/5以上がかなりの活動能力の回復を示し,72%の患者は実際になんらかの仕事に従事しているという。筆者の教室の経験でも,発作後6カ月以上生存したものの成績はおおむね同様である。現段階では多少主観的意見となるが,筆者の経験を中心として要点を述べる。

  • 文献概要を表示

二次抗結核薬の種類

 SM,INH,PASのほかを二次抗結核薬とよぶわけだから,KM(カナマイシン),CS(サイクロサン),1314 TH,PZA(ピラジナマイド),VM(ヴァイオマイシン),TB1の6種類に日本ではSulfa剤が加わり,一部の外国ではTerramycinが加わることになるから大体7種類である。

 このほかにまだ一般に売り出されていない臨床試験段階の薬としてはIsoxyl,Etambutol,Capreomycinの三つがある。

肺水腫 三瀬 淳一
  • 文献概要を表示

肺水腫は肺浮腫と同意語である

 肺水腫は種々の疾患に現われるが,最も大きな原因は肺毛細管圧の上昇とされている。というのは健常肺における肺毛細管圧は低圧に保たれ,血液膠質滲透圧によって水分の肺組織内への濾出をよく防ぎ,肺胞の乾燥性を保って換気,ガス交換にそなえているが,ひとたび肺毛細管圧が異常に上昇すればたちまち水分の漏出がはじまり,肺組織間質さらに肺胞内への水分の浸入が起こる。そうして容易に肺水腫。を形成する。かくして肺水腫は肺における血管外の異常水分蓄積の状態であると定義することができるが,肺の組織における細胞外液の増加である点においては浮腫の定義に当てはまる。習慣により肺水腫とよんでいるが,これは肺浮腫にほかならず,実際上同意語である。

メニエル症候群の治療

症例 誤診されやすいレントゲン写真

  • 文献概要を表示

患者:19歳の女性

 既往歴:6歳のときに肺炎にかかったが右側か左側か不明。15歳でツベルクリン反応陽転。

  • 文献概要を表示

 甲状腺の腫大は単純性甲状腺腫,バセドウ病,甲状腺癌および甲状腺炎などの場合に現われる。なお先天的に甲状腺ホルモンの合成異常のある場合にも認められる。これらのうち甲状腺炎は近年その症例が増加し,それに伴なって一般の注目を集めている疾患である。しかもその中でもことにしばしば認められる亜急性甲状腺炎と橋本氏病はどちらも内科的に治癒し得るものである。よって以下に,その症例について述べることとする。

この症例のコメント 鳥飼 龍生
  • 文献概要を表示

 疾患の概念,診断法あるいは治療法などは時代とともに変遷し進歩するものであるが,このことは甲状腺炎の場合においても例外ではない。

 亜急性甲状腺炎は今期初頭に初めて記載された疾患であるが,10数年前頃より本症に対する認識が次第に高まり,それとともに症例も年々増加の傾向を示している。本症の頻度は全甲状腺疾患の2〜3%を占めるとされ,われわれも1年に数件の本症例を経験している。

症例 異常心電図の症例

  • 文献概要を表示

症例

 N. I. 50歳,男,レストラン従業員。心電図をとる前の主要症状:3年前,高血圧,糖尿病,陳旧性肺結核で医療をうけた。職業柄生活が不規則で,生来の酒豪。一升酒,喫煙多量。

グラフ

  • 文献概要を表示

 ガスクロマトグラフィーは移動相として気体(窒素やヘリウムなど)を用いるクロマトダラフィーで,相互に性質の類似した物質群を分離するのに,従来の液相クロマトグラフィーに比べて,高い分離能力と高速度と自動記録性という利点をもっている。

 この方法の出現によって脂肪酸の種類ごとの定量が実地上はじめて可能となり,臨床医学的にも脂肪酸代謝異常の研究に大きな貢献をなしつつある。ガスクロマトグラフィーはその他,呼気ガス,麻酔ガス,血中ステロール類,各種ステロイド,胆汁酸,アミノ酸,カテコールアミン,ポルフィリン体,糖などの分離にも利用されつつある。

ガストロカメラ 崎田 隆夫
  • 文献概要を表示

 近年,胃内視鏡の進歩および普及は目ざましい。その歴史をみると1868年Kussmaulが胃鏡を考案して以来,内外で種々の改良がなされ,最近,柔軟なHirschowitz Gastroduodenal Fiberscope(GFS)は胃内視鏡検査に新生面を開き,漸く国産GFSも完成するに至った。一方,胃カメラ(ガストロカメラ,GT)が完成され,各方面で臨床応用と改良が進められ,今日のGT-Vが生まれた。さらに管を細くした集検用GT(GT-P)やFiberscope付GT(GTF)も実用化されはじめている。

 胃疾患の診断には,GTは粘膜面に,X線は形,深さ,硬さなどの観察に適しているので,この両者の併用は必須でそれにより効果をあげている。実際,近年問題となっている早期胃がんの診断学はX線にGTが併用されてから画期的な発展をとげた。

ファースト・エイド

幼児の痙攣 国分 義行 , 前川 喜平
  • 文献概要を表示

まず救急処置を

 小児科では痙攣を主訴として外来を訪れる患者は多く,その頻度はThomによれば5歳までの小児の7%は痙攣を経験するという。痙攣の原因は多種多様であるが,ここでは実際に痙攣に遭遇した場合,いかに処置し治療するかを具体的に述べることにする。

 さて実際痙攣に遭遇した場合,原因はともあれ,医師および看護婦は落着いて患者の状態をよく観察し,まず救急処置を行ない,家人を落ちつかせて不安を軽減し,しかるのちに誤りのない詳細なAnamneseを得るようにする。そしてこれをもととしてさらに検索をすすめ原因疾患をつきとめ,根本的治療を行なうようにする。

基礎医学

シアル酸—Sialic Acids 茂手木 皓喜
  • 文献概要を表示

 sialic acidはノイラミン酸(Neuraminic acid)の誘導体でひろく生体内に分布し,特に血液,ムチン,乳汁,脳組織などのmucoproteinや,mucopolysaccharidesの構成因子であり,その生理学的意義が大である。

 1936年,Blixは牛の顎下腺のmucoproteinからsialic acidの1種を結晶形でとり出して以来,種々の動物のムチン,さらに血液や組織からいろいろのsialic acidsがとり出され,その生理学的意義が解明されつつある,ここには枚数の都合上,sialic acidの物理化学,分布と精製,測定法,臨床的意義などについて,ごく簡単に紹介する次第である。

器械の使い方

ハンマーとそのえらび方 安芸 基雄
  • 文献概要を表示

 深部反射を検査するに用いる器具として(打腱器)ハンマーは欠くべからざるものである。しかしたとえば聴診器が生理学的に種々検討されているのに比べると,ハンマーの具備すべき条件については,これを用いる人びとの個人的判断に委ねられている面が多く,したがってハンマーの大きさあるいは長さなどきわめてまちまちであると言ってよい。もちろん筆者自身これに対し生理学的検討を試みたこともなく,ただ日常ハンマーを手から離すことのできない臨床家としての立場から,ハンマーの条件について二,三の所感を述べてみたい。それにはまずいわゆる腱および骨反射(深部反射)の生理的本質から考えてゆくのが順序であろう。

他科との話合い 内科と産婦人科

  • 文献概要を表示

●心臓病を持った母体の死亡率

 伴 私ら,心臓のことはよくわからないものですから,何か怪しいと思うと,心臓センターなり,内科なりに見てもらう。けれど,私どもがまわしたものの中に,案外なんでもない,生理的心雑音だというような例もあるでしょうね。

 塩田 実際,器質的変化があるかどうか,むずかしい例もありますね。妊娠すれば,ヘルツにある程度負担がかかりますから,隠れていた弁膜症がみつかるということもあるでしょうし,また横隔膜が上がってくるためか,心臓が大きいように見えたりしますから,鑑別がむずかしい例がありますね。

臨床検査の盲点

  • 文献概要を表示

 今日の診療において臨床検査の比重はきわめて大きく,最新式の大病院では1つの階が,また全職員の1割がこれに当てられている。また各地に医師会検査センターがはなばなしく開所しつつある。ところがこういう中央集中的検査方式で,一番最初に問題を提供するのは血液検査室のようである。なるほど患者を受持って寸暇をさいて血算やヘモグラムを見た昔の苦労を思うとそれを他人が一段と正確,迅速にやってくれるのであるから全くありがたい。自分でやるのなら貧血や白血球異常はなさそうだと主観的に決めたケースも他人がやってくれるのなら念のためにということでヘモグラムまで印をつけてしまう。しかしこういう方式で多くの見逃されていた疾患が浮かび上って来ることを考えるとこんな幸福はない。ところが依頼される側にとって見れば大変なことで,国電のラッシュのように短時間に検査は集中する。したがってデータは遅れがちとなりそこで依頼者はどのケースも「至急」と書くことになる。外来において患者を多少待たすだけで正確な検査データで適切,有効な診断と治療を行なうことは医師としての当然の心構えと思われるがこれを可能とするためには検査に対してももっと近代医療水準にふさわしい適切な考慮での依頼がなされてよいような気がする。

  • 文献概要を表示

 この本はハーバード大学の内科教授であり,ボストンのLyingin HospitalやPeter Bent Brigham HospitalのVisiting physicianであるBurwel博士がMetcalfeと書いた337頁の本である。

 この本は妊婦の心臓の生理を勉強したいものや,心臓病を持つ妊婦の診断,処置,生活指導をするために非常によい専門書である。妊娠中の循環動態の変化を分りやすく多くの図を用いて説明し,先天性心臓病,リウマチ性心臓病,高血圧性心臓病,子痛の心臓などについて,診断,処置などを見事に解説している。文献もそろっているが,何よりみやすく,理解しやすく,実地医家に役立つ本である。私の愛読する本の一つである。

If…

佐々廉平氏に聞く 長谷川 泉
  • 文献概要を表示

●懇切ていねいに,時勢に遅れずに

 長谷川 臨床の大御所としての先生の多年のこ体験から,現在の臨床医に示唆する言葉をまず伺いたいのですが……

 佐々 臨床家の心がけなければならないことはまず懇切ていねいということですね。そのつぎには,日進月歩の進歩に遅れないようにすることです。それには本や雑誌を読むことが必要です。読んでわからんところは先輩に聞くとかして,不審なことをそのままにしておかないで,はっきりさせないといけません。不審なことは多いものですから,そのままにしておきますと,年中わからんということになります。ところが,いまは健保の診療ですから,数が相当ないとやってゆけない,したがって急ぐ,懇切ていねいにできない,また勉強する時間もないということになります。

正常値

日本人の標準体重 萩島 武夫
  • 文献概要を表示

日本人の将来の体位

 昭和36年4月栄養審議会は厚生大臣の諮問に答え,昭和45年度における国民の性別,年齢別,身長および体重の推定値を発表したが,これによると,昭和35年度以後も体位は上昇し特に思春期ではここ10年間に約1歳分の発育伸展がみられるとの予想である(表1参照)。たとえば,35年度男子17歳の身長は163.2cm,体重は54.9kgであるが,昭和45年には16歳ですでに,身長164.0cm,体重は55.1kgになっている。つまりこれは現在の17歳の体位を16歳で上廻ることになり,日本人の体位も次第に大型化することが予想されるためである。

 栄養審議会が推定した根拠を簡単に示すとおよそ次のとおりである。つまり日本人の将来の体位はどうなるかという基本的な問題については,日本人としての遺伝学的限界の程度や生活様式の変遷などの諸因子も関連して栄養と体位についても明確になしえない点が多いので,これら体位に影響するいろいろな因子は,過去からの体位の変化の中に含まれているという考え方に立つている。すなわち,将来これらの因子のいずれかが大きな変化を示す可能性がない限り,過去の傾向がそのまま将来にも及ぶとみなして,過去の成績を根拠に10年後を推定する方法をとっている。

  • 文献概要を表示

 厚生省が,昭和36年に,30歳以上の全国民を対象に行なった成人病基礎調査において,第1次検診として問診,X線検査,血圧測定,聴診を全員に行ない,以上の検査の結果,必要と認められる者について,第2次検診として心電図検査,眼底検査,尿検査,身体計測を行ないました。

 このさい,第2次検診を実施すべきものの選定基準として,下記のごとき基準によりました。

簡易臨床検査のやり方と評価

  • 文献概要を表示

 腎は体液Homeostasis維持のために,諸種の物質を排泄あるいは保蓄する。ゆえに腎機能障害のとき,血中に停滞する物質と,体内に欠乏する物質とがある。従来は尿または血中の諸物質を別個に測定したが,単独に考察するより,同時に両者の濃度を比較対照する方が,より正確に腎機能を示すことは当然である。

 今,P=ある物質の血漿(または血清)中濃度/cc

 U=その物質の尿中濃度/cc

 V=1分間の尿量(cc)とすれば,

 UV/Pは1分間に尿中に排泄されたある物質が血漿何cc中に含まれていたか,(血漿何ccがその物質に関しclearにされたか)を示すので,腎クリアランス(clearance)と呼ぶ。

海外だより

  • 文献概要を表示

医学をリードする経済力

 渡米後当分相手のいうことがよく聞きとれなかったり,こちらのいうことが通じなかったりでめんくらったものだ。日本に帰ってみると今度は会う人ごとにどうだったか,と尋ねられて困ることがある。相手が医者の場合はなんとか返事もできるが,素人(?)相手に簡にして要をえた感想を数分たらずの挨拶の中で述べるのは私の才をもってしてはむずかしい。でも感想を一言でいえといわれるならば,広大な土地とそれを基盤にした経済力を理解することがアメリカを理解することだといえるように思う。そしてこのことは医学の世界でも同じなのである。戦前のドイツ,戦後のアメリカと世界の医学をリードするものは何か?それは経済の力なのである。

 1年有半の遊学で,専門の小児血液学の分野を通してではあるが,じかにアメリカの医学,小児科を見聞して得たものはおよそそこに帰一するような気がする。

ルポ

  • 文献概要を表示

臨床検査センター増設の気運といくつかの間題

 「先日,あるお医者さんに行きましたら,肝臓が悪いと言われたんですけど……」

 「あら,それではいろんな検査をされたんでございましょう」

ノモグラム

  • 文献概要を表示

使用法

色素指数の求め方

 Hb,Rbc軸上に被検血液の血色素量と赤血球数をそれぞれとり,その両点を結ぶ線と線dとの交点を読む。

メディチーナジャーナル 神経

脳血管性発作 田崎 義昭
  • 文献概要を表示

脳卒中は最近わが国死因の首位を占めており,昭和38年の死因推計でもその死亡数は166,200人で,前年よりやや増加している。したがって神経学の分野で診療にもっとも関係の深い問題であろう。脳血管障害による発作は実際には意識障害を伴わない場合も多いので,最近は脳卒中というよりは脳血管性発作cerebrovascular strokeという言葉がよく用いられている。米国のGoldberg & Kurland(World Neurol.,3:475,1962)は世界33力国の脳血管性障害による死亡率を比較し,日本は人口10万につき209人で第1位であり,他の多くの国々が97〜118人であるのに較べはるかに高率であり,しかも日本の脳出血死亡は脳硬塞死亡の12.5倍で極端に多いことを指摘している。

 一方米国での日系人の脳出血死は白人よりわずかに多いにすぎない。このことから日本での高率な脳出血死の原因は民族的な特性よりも環境または医師の診断技術の差によるものであろうとしている。さて脳血管障害の分類は,すでに1955年Millikanを中心としたNIHの諮問委員会で決定され,国際的にも広く用いられ,すでに亀山氏により紹介されている。(最新医学,16;2458,昭和36年)

メディチーナジャーナル リハビリテーション

  • 文献概要を表示

 近年成人病が大きな問題となりその対策の必要が強く叫ばれている。その一環としてRehabilitation(以下Reと略す)には特に大きな関心が持たれるに至った。このReは社会復帰などと訳されているが,未だ統一された訳語はない。むしろReという語をそのまま使用する場合が多いが要するにRehabilitateすることである。

 成人病の中で脳卒中はわが国死亡原因の第1位を占めるようになり,それに伴なって半身不随で生存する患者も急増した。しかし正しいReによって片麻痺患者の85〜90%は歩行可能であるとDacsoが述べているように,現在ではこれらの患者を正しく指導訓練すればその患者に残された機能を最大限に発揮させて再び社会へ復帰させることができるのである。

メディチーナジャーナル 循環器

腎盂腎炎の診断 三村 信英
  • 文献概要を表示

 いわゆる慢性腎炎という臨床診断が臨床医の間で安易につけられている傾向が多いように思われる。慢性腎炎そのものの慨念があまりにも広く,尿中に蛋白および赤血球が一定期間にわたって証明されると,すべて慢性腎炎として取り扱われて不治の疾患とされて,あまり診断的な検索がされずに治療から見放され医師も患者もあきらめているようである。

 しかし,このいわゆる慢性腎炎として扱われている患者のうちで,腎実質内の細菌感染によっておこる慢性腎盂腎炎がかなりの頻度に含まれていることを忘れてはならない。しかも,欧米においては慢性腎炎よりも腎盂腎炎の頻度が多いといわれ,剖検例の検索でも死因が腎盂腎炎によると考えられるものが,全体の約10%も占めていることは注目すべきである。わが国でも慢性腎炎による腎不全と考えられた症例が,剖検で慢性腎盂腎炎であったとの報告がしばしば見られている。細菌感染による腎盂腎炎は化学療法の発達してきた現在では治療が可能であり,いわゆる慢性腎炎とされている患者中より鑑別して早期に治療をすることが望ましいわけである。

  • 文献概要を表示

司会(吉沢) きょうは,アメリカと日本の診療システムを比較するという題で,実際の診療面において,どうしたら診療のあり方をよくするか,そうすることによって受ける患者さんの利益がより増大するか。医者もやりやすいし,患者さんにも,より一層便利であるという点を,みなさん方の,アメリカにおられた時のご経験と現在の日本とを比べて改善出来そうなところを述べていただきまた,現在の日本の保険診療という,限られた制限の中で,なにかいい面を見出していただけたらと思います

私の意見

内科のあり方 木崎 国嘉
  • 文献概要を表示

〈従来の内科の行き方でよいのだろうか〉

 内科はどうあるべきか,どういう形式で,どういう運営方法をとってゆけばよいかはむずかしい問題である。20年前に内科部長のバトンを受け継いだときからの私の考えや将来こうあるべきだという夢は,実際上の時代の流れの現実と妥協しながらかなり変わった形をとりつつ一歩つつ前進しつつある。私の描いている内科の姿は,敗戦直後に進駐してきたアメリカ綜合病院の実情と,外国で見てきた内科の運営とでかなり変貌したことは確かである。

 以下,内科内部のスタッフ整備や新知識の導入,人間関係や運営面のことを一応除外して意見を述べることにする(サイバネティックスを応用する意味からも用語や,記録の保存に関していいたいことが多いが)。

アウトサイダーの窓〈2〉

開業医 小林 文男
  • 文献概要を表示

◆医師は体力が資本とみた

 これは筆者が直接,ある開業医の自宅に泊まりこんでつかんだ見聞記である。

 ユズの実が黄色に色づく季節は,開業医の青くなるときだ―こんな言葉のあてはまる月のある日だった。

  • 文献概要を表示

 近年における副腎皮質ホルモンなどの医薬界における発展は目覚ましいものがあります。社会保険医療においても,昭和29年使用基準が定められ,昭和37年10月改正されて現在の使用基準に至っております。この間適応も広範になったが,副作用に関してはさらに戒心を要するものとしてその使用は適切でなければなりません。基準は学界の意見により,適応の範囲を定め,使用薬,使用法,使用量,使用期間などについても標準となるべき量,期間を示めし,かつ使用上の注意事項を簡明に述べております。内科,少児科領域,外科領域,整形外科領域,産婦人科領域,泌尿器科領域,眼科領域,皮膚科領域,耳鼻咽喉科領域とに分けてその適応症について使用上の要点を明記しておりますので非常に判りやすいと思います。これからその要点を述べて御参考にしたいと存じます。

ニュース 厚生省記者席より

  • 文献概要を表示

 この夏の流行期をひかえ,2月から全国いっせいに国産生ワクチンの投与が始った。第1回分として310万人の乳幼児に飲ます計画だが,3月末までには,大体60%前後が服用を完了する見通しである。もともと生ワクチン服用は,地域ごとの免疫率を高めて,小児マヒ・ビールスの侵入を防ぐ,という社会防衛の立場から行なわれているものだが,厚生省では「十分な防衛態勢を築くためにはせめて80%くらいの服用率が必要だ」という見方をしている。でなければせっかくの砦から水がもれ,そこから病原ビールスが入りこんでくるおそれがあるというわけだ。

 たしかに,例年になく生ワクチン投与のテンポは遅い。初めての国産生ワクチンに対する不安が一般の母親の間に生れてきたからで,「先生,この子に生ワクチンを飲ませても,本当に大丈夫なんでしょうか」と問いつめられて,返答につまったという,ある開業医の話も聞いた。いったい,どうしてこんな不安が持ち上がったのか。なぜ,実際の服用を始めたあとになって生ワクチンの安全性が国会の論議にまで持込まれたのか。そんなところに,この騒ぎの本質を解くカギがあるような気がする。

  • 文献概要を表示

 日本臨床代謝学会の第1回総会が,3月の29,30日間,東京大学医学部本館三階大講堂において開催された。その前夜,28日の夜,一ッ橋学士会館において発起人会がひらかれ,大方の賛同をえて第一歩をふみだしたのである。

 昨夏より,東大吉利教授,阪大,山村教授が中心となり,北は北海道より南は鹿児島にいたる20名の世話人が数回の話しあいをかさね,さらに約70名の発起人をつのり,ここにめでたく誕生したわけである。

  • 文献概要を表示

 現在糖尿病を発見するもっとも鋭敏で確実な手段はブドウ糖負荷試験のほかに見あたらない。糖尿病はインシュリン活性の不全またはインシュリン欠乏にもとつく異常代謝状態であり,遺伝的素因の濃厚な疾患である。しばしば蛋白,脂肪代謝異常,肥満症,血管障害,神経障害を合併し,ときにはこれらのいくつかが糖代謝異常と同時に,または先行してみられることが実験的,臨床的に知られている。もしこれらの変化が糖尿病の発展過程に必然的な要素であるなら,糖代謝異常を発見する以前に糖尿病を知るなんらかの生化学的,免疫学的,病理学的探索方法はないものであろうか。

 近年Prediabetes,Prediabetic state,Prediabetic periodという概念について活溌な論議がおこなわれている。Prediabetesとは巨大児を分娩した母親が将来糖尿病発症率の高いことから,そのような人々の妊娠から糖尿病発症までの期間を呼んで新しくつくられた言葉であって,この考え方を敷衍すると糖尿病発症予定者に該当するものは,巨大児分娩の母親のみならず,胎児が出生前後に死亡した母親(Erythroblastosisがなく巨大膵ラ氏島を証明すれば確実),さらには糖尿病家系に属する人びとがあげられ,後者の場合,糖尿病素因を担って生れた個体の出生後から糖尿病発症までの期間をPrediabetesという。

--------------------

肺真菌症とは 三上 理一郎
  • 文献概要を表示

 肺感染を来たす真菌としてアスペルギルス,クリプトコックス,カンジダ,ヒストプラスマなど約13種が知られ,本症は近年増加し注目されてきた。増加の原因として,広域性抗生物質の長期治療後の交代菌現象,副腎皮質ホルモン使用による炎症反応の低下,および種々の治療により難治疾患の患者の経過が延長し,全身抵抗力が低下し真菌症の罹患しやすい病態の患者が増加していることなどがあげられている。わが国では特に肺アスペルギルス症の頻度が多くなっている。原発性の他に続発性として呼吸器疾患(気管支拡張,浄化空洞,気管支胸腔瘻,気管支断端縫合部)や白血病に合併する場合が多い。病型として気管支炎型,菌球(aspergilloma)型,肺膿瘍型,膿胸型,全身感染型がある。臨床診断は難かしい場合が多い。診断の確定には真菌学的培養と病理組織学的検査によらねばならない。培養は一般にサブロー培地が用いられているが,ツアベック培地が最も適している。喀痰中の真菌検査の場合,空中や口腔内からの真菌の汚染を防ぐために,硼酸などで十分うがいを行なった後,咳により喀出した痰を滅菌容器にとり,できるだけすみやかに検査することが望ましい。気管支鏡やメトラ氏ゾンデによる材料採取法がすすめられている。肺クリプトコックス症では髄膜炎をおこして始めて診断されることが多い。

  • 文献概要を表示

 論文要旨を限られたスペースにまとめるのにSynopsisとAbstractとの二つあります。Synopsisとは論文の発表に際し,著者自身が作成し,その論文を掲載する刊行物の編集者によって審査されたのちに,その論文と同時に発表される論文要旨を意味します。Abstractとは発表論文とは別に著者以外の人によって作成されたもの。

辛かった外人教師の採点 H
  • 文献概要を表示

 片山国嘉といえば東大法医学教室を創設し日本人として最初の裁判医学の講座を開講した人である。片山教授は明治12年に東大医学部を卒業し,明治14年東大助教授となり生理学を講じた。裁判医学の講義をするようになったのは生理学教師Tiegelの通訳をつとめ,衛生局の裁判所員に裁判医学の講演をしたのが買われたためで15年に開講したのである。裁判医学と衛生学を講じたが,明治17年から明治21年まで独,墺に留学して帰朝してからは,教授に昇任,もっぱら裁判医学を講じることになったのである。

 写真は片山教授が開業する時に提出した書類に付した東大の卒業証の写であるが,卒業試問の成績を見ると総評は丙であり,試問委員としての外人教授の名前がずらりと並んでいる。ずい分からい点数である。ぬきん出られて教授になった人であるから,成績はそう悪くなかったはずであるが,甲の点数をとっているのは「骨論および内臓論」と「局所解剖学」だけであって「組織学」が乙で,他はおしなべて評点丙である。卒業後,助教授としてまず講義を持った「生理学」は丙である。

基本情報

00257699.1.2.jpg
medicina
1巻2号 (1964年5月)
電子版ISSN:1882-1189 印刷版ISSN:0025-7699 医学書院

文献閲覧数ランキング(
10月11日~10月17日
)