medicina 19巻2号 (1982年2月)

今月の主題 感染症と免疫

感染症の成立 秋山 武久
  • 文献概要を表示

 編集部から"感染症の成立"というテーマで執筆を依頼されたときには,やりきれない感じを禁じ得なかった.教科書的には,「病原微生物が宿主の体内で増殖を続け得るか否かは,宿主の防御力と寄生体の毒力との力関係によって決まり,前者の力が後者のそれに勝った場合には感染は成立せず,後者の力がとくに強力な場合はもちろん,前者の力が異常に低下した場合には,後者が弱毒であっても感染症は成立する」と述べられている.

 また,多くの教科書は,これに引き続いて,宿主の防御力が異常に低下した例として,先天性免疫不全症,重症代謝障害,悪性腫瘍や,大量の放射線照射,免疫抑制剤・制癌剤などの投与を受けている患者をあげ,このような患者にあっては,従来は弱毒ないし非病原性と考えられていたような微生物によっても感染症が成立し,このような感染症をopportunistic infection(日和見感染)という,というような説明を行っている.

感染症の診断

発熱の鑑別診断 町野 龍一郎
  • 文献概要を表示

 医師を訪れる患者は,まず体温を測ることによって大きく平熱患者と発熱患者に分けられる.さらに発熱の程度により,微熱,中等熱,高熱に区別される.第一線の実地診療では,1〜3日の短期間の発熱が大部分であるが,4日以上発熱が続けば,体温表を作ることが望ましい.

 一方,体温表はおおまかに平熱性熱型,微熱性熱型,中等熱性熱型,高熱性熱型に分類される(表1).それぞれの熱型は,それぞれの疾患群と結びつく性質がある(図1).これが熱型による鑑別診断の基礎である.

  • 文献概要を表示

 感染症を診断する場合,もっとも確かな方法は病巣から病原体を分離・同定することである.しかし,分離菌が必ず病原体であるとは限らない.また,感染後日時が経過したり,検査以前に抗生物質などが投与された場合には病原体の検出が不可能となる.このように,患者から病原体を分離・同定することがすべての感染症で可能なわけではない.そこで,感染症の間接的な診断法として,病原体の感染によってひき起こされる生体反応を検索することが行われている.生体反応に基づく臨床検査は大きく,①非特異的反応と,②血清学的反応に分けることができる.前者の非特異的反応はとくに病態の把握に役立ち,以下に主としてこの点を中心に述べる.血清学的反応によるのが,他項でとりあげられる血清診断である.

 感染症においては,感染病巣あるいは遠隔臓器に多かれ少なかれ組織の破壊があり,それに対応した生体反応が現れる.臨床的に重要な検査所見としては,血液像の変化,赤沈値の亢進,および血漿蛋白の変動である.これらの変化は感染症に特有なものではないが,くり返し検査することによって病態像を把握するのにきわめて有用である.

血清診断 伊藤 忠一
  • 文献概要を表示

 感染症の診断にとって最も重要でかつ確定的なことは,Kochの3原則を待つまでもなく病原微生物を検出し同定することであるが,すべての感染症でこれが可能であるとは限らない.ここに感染症における血清検査の臨床的意義がある.

 微生物に感染し発病すると,感染宿主にはいろいろの変化が起こる.その1つが免疫応答反応であり,血清診断は免疫応答にその基礎をおいている.

  • 文献概要を表示

エンドトキシンの構造と生物活性

 エンドトキシンは,グラム陰性桿菌の外膜を構成する成分の1つであり,分子量が約100万のリポ多糖で,図1のような構造をもっている.エンドトキシンの生物活性は多岐にわたり,表1のごとくまとめることができる1).これらの生物活性のほとんどすべてが分子量数千のLipid Aに局在しており,この部分の化学的修飾によって生物活性と化学構造との関係が解明され始めている.

  • 文献概要を表示

好中球の機能

 好中球機能には,大きく分けて,遊走能,貪食能,殺菌能の3つの機能がある.

 遊走能 好中球は,それ自身で随意的遊走運動をしているが,遊走因子(chemotactic factor)に出合うと,その因子に向かって直線的に移動する.この遊走因子には,細菌が出す菌体外成分や細胞の内容物などとともに,抗原抗体反応により活性化した補体成分があり,C3a,C5a,C567成分は白血球遊走因子の活性をもっている.

非特異的防御機構

  • 文献概要を表示

 生体に侵入した異物を,細胞が摂取することにより,この異物に対する生体の防御が成立するとしたMetchnikoffの卓越した認識に基づき,感染防御における食作用(phagocytosis)の重要性にその理論的根拠が与えられ,また細胞性免疫の概念に対する基盤が確立された.そして食作用の反応機構は,基本的には異物に対する食細胞(phagocytes)の認識に深く関わっているであろうという考えへと発展した.確かに食細胞は直接ないしは間接的にselfとnon-selfあるいはselfとeffeteself(変化した自己組織)を認識し,その認識機構は生物学的にきわめて重要な問題をはらんでいるが,そのメカニズムスの全貌はいまだ十分に明らかにされていない.

 一方,感染防御に対する生体の反応は,非特異的ならびに特異的の2つに大別され,前者はとくに先天免疫ないしは自然免疫(innate immunity of natural immunity)とも呼ばれるが,この免疫機構の成立には多くの因子が参加しているようにみえる.

インターフェロン 海老名 卓三郎
  • 文献概要を表示

インターフェロン(IFN)の種類

 インターフェロンには,現在その抗原性の違いにより3種類があることが知られている(表).このうちIFN-αとβは遺伝子工学により,その遺伝子全構造が決められ,166個のアミノ酸から成り立っていることがわかった.先ほどの国際ウイルス学会で,IFN-βにおいて1つのアミノ酸が変わっただけで(141番目のcysがtyr)細胞への吸着ができず,抗ウイルス活性を示さなくなることが発表された.動物細胞で産生されたIFNは蛋白に糖がついた糖蛋白と考えられるので,遺伝子工学によって大腸菌で産生させたIFNが単純蛋白であることから,その生物活性が心配された.ところがGoeddelらは,人白血球由来IFNのDNAを,プラスミドのpBR 322に挿入し,大腸菌で産生させたIFNが脳心筋炎ウイルスのサルへの感染を防御したことを報告し1),糖がなくても生物活性があることがわかった.スイスのWeissmanのグループは,白血球由来のIFN-αと遺伝子工学によって得た大腸菌産生のIFN-αを,ワクシニアウイルスのサルへの感染系で比較したところ,ともに感染を防いだが,発熱などの副作用は大腸菌由来のIFNのほうが少ないことを示した2).すなわち,遺伝子工学によって大腸菌で産生させたIFN-α,IFN-βが臨床に使える見通しがついた.

NK細胞 押味 和夫
  • 文献概要を表示

NK細胞とは

 natural killer(NK)細胞とは,抗原によってあらかじめ感作されることなく,試験管内で標的細胞を障害するリンパ球である.ヒトNK細胞は細胞質に小顆粒を有する大型のリンパ球で,末梢血白血球中に数%含まれ,その臓器分布をNK活性でみると,末梢血や脾臓に多く,リンパ節に少なく,骨髄や胸腺には認められない.ヒトNK細胞は非付着性,非貪食性で,表面免疫グロブリンは陰性であるが,抗T抗体で認識される抗原やIgGのFc部分に対するレセプターを有し,ヒツジ赤血球と弱い親和性を持つものが多い.これらの成績から,NK細胞がT細胞系に属するリンパ球であることが推測されるが,胸腺欠損のヌードマウスにNK活性が高いことなど種々の点で成熟T細胞とは異なっている.マウスの骨髄細胞由来の前単球にNK様活性があることや,ヒトの単球と共通の抗原がNK細胞に存在することから,NK細胞には単球,マクロファージ系の細胞が含まれる可能性が否定できない.

 NK細胞はADCC(antibody-dependent cell-mediated cytotoxicity)によって標的細胞を障害する細胞と同一か,少なくとも重複する細胞集団に属する細胞であると思われる.ADCC作用はIgG・Fcレセプターを介して,NK作用はこれとは別の未だ性状不明のレセプターを介して,標的細胞に作用するとみなされている.

食作用 安倍 千之
  • 文献概要を表示

 感染防御機序において,細胞の食作用がその第一歩として働き,生体は非免疫および免疫の回路を介して対応している.皮膚あるいは粘膜といった感染防御機構の障壁を突破して組織内に侵入した細菌などの異物に対し,非特異的細菌因子や単球,マクロファージ,多型核白血球などの食細胞の集合が起こる1).食細胞の分化,異物認識,食作用機序,移動,殺菌作用,免疫,抑制と増強といった話題について論を進める.

補体系 稲井 眞弥 , 赤垣 洋二
  • 文献概要を表示

 19世紀末,補体は血清中に存在し抗体とともに殺菌または溶菌にあずかる易熱性の物質として発見された.補体に関する研究の著しい進歩により.補体はC1(C1q,Clr,C1sの3つの亜成分からなる),C4,C2,C3,C5〜C9の9つの補体成分,11種類の補体成分蛋白,補体の活性化やその生物活性に対する制御因子(inhibitor),およびalternative pathwayの反応にあずかる蛋白などにより構成される反応系であることで明らかにされている.

 補体はclassical pathway,alternative pathwayと呼ばれる2通りの経路で活性化される.classical pathwayは抗原抗体複合体,肺炎双球菌のC多糖体とCRPの複合体,ブドウ球菌のprotein AとIgGの複合体などにより活性化され,C1,C4,C2,C3,C5,C6〜C9の順序で反応がすすむ,alternative pathwayはザイモザン,グラム陰性菌内毒素のリポ多糖,グラム陽性菌の細胞壁などにより活性化され,C1,C4,C2の反応段階を経ず,C3より直接,反応がすすむ.このalternativepathway系には,C3〜C9の補体成分以外にB因子,D因子,プロパージンも関与し,C3b inactivator,β1Hグロブリンが活性化を制御している.

  • 文献概要を表示

 いずれの組織においても,細菌の感染によって細菌の増殖が起こると,病巣部には多かれ少なかれ炎症起転が起こってくる.

 炎症はそれ自体が感染防御機構の主体をなすものであるが,この炎症をmediateする物質として種々なもの,すなわち炎症のchemical mediatorがあげられている.これらのchemical mediatorは,生体に炎症をきたすような刺激が加わった際に生体反応の結果としてできる物質で,それによって炎症が発生し進展する.このようにして誘導された炎症は,感染の波及,さらには感染の回復にきわめて重要な役割を演ずるものである.

特異的防御機構

細菌感染 見明 俊治 , 武谷 健二
  • 文献概要を表示

 宿主に細菌が感染すると,免疫学的な感染抵抗性が成立する.この免疫は,体液性免疫と細胞性免疫の2つに大別できる.一般に,結核菌などの細胞内寄生性細菌は細胞性免疫を誘導し,それ以外の菌は体液性免疫を誘導しやすいものと考えられている.本稿では,生体の持つ抗原特異的感染防御機構について概説する.

ウイルス感染 中尾 亨
  • 文献概要を表示

 ウイルス感染に対する生体の特異的防御機構としては,①局所抗体,②液性抗体,③細胞性免疫,に大別される.

 ウイルスが人体に侵入して発症に至るまでの過程として,ウイルスが粘膜に吸着→侵入→成熟・組立て→放出をくり返して増殖していくが,粘膜への吸着,侵入に対して,局所抗体は大きな役割をなしている.

  • 文献概要を表示

感染と発症

 感染症の成立のためには,①病原微生物,②感染経路と侵入門戸,さらに③感受性のある個体,が3大要因として知られている.

 病原微生物は,黄色ブドウ球菌,赤痢菌,梅毒トレポネーマ,インフルエンザウイルスなど,強毒のものとして従来から知られているもののほか,最近は,表皮ブドウ球菌,緑膿菌,セラチア・マルセッセンスやカンジダ・アルビカンスなど,日和見感染菌として注目される弱毒菌があり,多種である.

特殊な感染症

Opportunistic Infection 小酒井 望
  • 文献概要を表示

 opportunistic infectionは日和見感染と訳されている.感染の成立は微生物と生体(宿主)との相互関係で決まる.生体側の感染防御能が低下すれば,病原性が乏しい,健康人にはほとんど無害な微生物でも感染することになる.かかる平素は無害な微生物(opportunistic pathogen)による感染が日和見感染といわれる.かつて弱毒菌感染という言葉が用いられたが,opportunistic infectionという英語がわが国に紹介されてからは,この英語または日和見感染という訳語が,わが国で広く使用されるようになった.

 opportunistic infectionは感染防御能の低下した生体に見られる感染であるから,かかる生体(compromised host,誘感宿主という訳語もある)は病院に多いので,病院感染として見られる場合が多い.また悪性腫瘍,白血病,膠原病などの重篤な基礎疾患を持つ患者の末期に,いわゆる終末感染として起こることも多い.あるいはまた,慢性感染症の化学療法中に菌交代症として見られることも少なくない.

  • 文献概要を表示

病巣感染とは

 病巣感染とは,細菌を有する限局性慢性炎症巣の存在によって惹起される疾病で,この場合炎症巣自体はたいした症状を示さないか,あるいは時にわずかに活動する程度であるのに,この病巣と直接連絡のない遠隔の部位に,一定の器質的組織変化ないし機能的障害を呈する反応,すなわち2次疾患が起こることを意味する(Gutzeit-Parade1939).

 この原病巣として扁桃は,歯牙,副鼻腔,中耳,気管支,胆嚢,虫垂,大腸,前立腺,子宮付属器,リンパ節などとともに,とくに重視されてきている.

  • 文献概要を表示

 すべての感染症には多かれ少なかれアレルギーの関与がみられ,病原微生物曝露の時間や量と宿主の免疫状態の個体差に応じて,一方の極には純粋な感染症があり,他方の極には純粋な免疫があって,その中間にさまざまな反応性病態が存在すると考えられる.感染アレルギーは,一般に病原微生物の体成分,毒素ないしその産生物が抗原として作用することにより,感染宿主に免疫グロブリンやリンホカインでmediateされる体液性および細胞性免疫反応過程が生じ,特異的抗原抗体反応の結果惹起されるアレルギー症状といえよう.このほか,病原体に対する抗体と組織成分の共通抗原性による交叉アレルギーが組織障害を起こすことがあり,溶連菌感染による心筋炎あるいは糸球体腎炎などが知られているが,他項で述べられているので触れない.

 アレルギー反応は,GellとCoombs1)によりI型(アナフィラキシー型-IgE抗体),Ⅱ型(細胞溶解型-補体),Ⅲ型(Arthus型-免疫複合体),IV型(遅延型-細胞性免疫)に分類されている.感染アレルギーで主役を演じているのはⅢ型とIV型であるが,本稿においては主にⅢ型アレルギー反応に属する過敏性肺炎,アレルギー性気管支肺アスペルギルス症,PIE症候群など,呼吸器と関係の深いものについて述べる.

Slow Virus Infection 飛田 清毅
  • 文献概要を表示

概念

 通常の急性あるいは慢性のウイルス感染のほかに,著しく長い潜伏期ののちに発病する一連のウイルス性疾患があって,これをスローウイルス感染症(slow virus infection,遅発性ウイルス感染症)と総称する.スローウイルス感染は,表1のように定義される.

 現在知られているスローウイルス感染症の主なものを,表2に示す.

慢性肉芽腫症 松浦 良二 , 臼井 朋包
  • 文献概要を表示

定義

 慢性肉芽腫症(chronic granulomatous disease:CGD)は,食細胞の活性酸素生成能の欠損により,酸化的殺菌機構が破綻し,乳幼児期から反復する重症細菌感染を主徴とする疾患である1)

  • 文献概要を表示

定義

 なまけもの白血球症候群(lazy leukocyte syndrome:LLS)とは,骨髄から末梢血中への動員障害による好中球減少症と,末梢血好中球のランダム運動と走化能低下により,乳幼児期より細菌に対して易感染性を示すものをいう.

Chediak-Higashi症候群 赤羽 太郎
  • 文献概要を表示

 Chediak-Higashi症候群は,先天性好中球機能不全症のひとつとして分類され(表),細菌感染症を反復する疾患である1).常染色体性劣性遺伝を示す.

感染症の予防と治療

予防接種の現状 平山 宗宏
  • 文献概要を表示

 昭和51年に予防接種法が改正となり,予防接種の種類や接種時期などが実状に合うように改められたが,その後5年の間に痘瘡の根絶宣言がWHOから出され,種痘が全世界的に中止できるようになり,わが国でも正式に定期接種から削除されたのをはじめ,改正時に定期採用がきまった風疹,麻疹が52年,53年と相次いで実現した.そしてかねてから改良の要望されていた百口咳ワクチンの精製品も実用化され,任意接種ながらおたふくかぜワクチンも登場した.このように,予定されていた事項がほぼ出揃った折であるので,これらのうち主な話題について述べる.

  • 文献概要を表示

 ある病原体に対して高度に免疫されたヒト,あるいはその疾患の回復期にあるヒトの血清から,その疾患に対して特異的に抗体価の高い免疫グロブリン製剤を得ることができ,これを特異ヒト免疫血清グロブリン(HISGと略す)という.このような製品は,抗体含有量が通常のヒト免疫血清グロブリン製剤より高いので,それが無効の疾患にも特異的に有効であると考えられる.

 現在わが国で実際に使用され,あるいは検討されている製剤と,米国などにおいて検討されている主な製剤の要点は,表1に示すごとくである.このほかにも研究中あるいは計画中の数種類があるという.

静注用γグロブリン製剤と適応 堀 誠
  • 文献概要を表示

 静注用γグロブリン製剤は,正常人免疫グロブリン(筋注用製剤)を起源とし,その抗体活性をできるだけ損なうことなく,種々の操作を行って静注可能のものにした製剤である.筋注用γグロブリンを静注すれば,製剤中に含有されている凝集体の作用により補体系が活性化され,抗原・抗体反応によらないアナフイラキシー様症状が出現する危険があること,筋注したγグロブリンは吸収,局所での異化,組織への浸透の程度に個人差があり計画的に抗体を投与することがむずかしい,さらに急速に抗体補給の必要のある場合や,大量のγグロブリンを筋注しなければならない場合,出血性素因があったり新生児など患者側の要因によりそれが不可能なとき,などの理由で静注用γグロブリン製剤が用いられる.

  • 文献概要を表示

感染症の成立 変わってきた感染症の臨床パターン 抗生物質の影響/ふえてきた難治性感染症/冬の病気になった乳幼児下痢症/粘血下痢便―まず赤痢以外のものを考える 細菌の種類も変わってきている 耐性菌の出現/思いがけない菌が検出される/免疫不全症の関与/ふえている新分野の仕事 感染症の防御機構 最初の第一線は非特異的防御機構/副経路を使った補体の活性化/明確に区別できない特異的・非特異的防御機構 食作用インターフェロン Natural Killer(NK)細胞 特異的防御機構 液性免疫と細胞性免疫/抗体が効く疾患は何か/ウイルスの伝播様式 細胞性免疫機構 細胞性免疫の最近の進歩/皮内反応の免疫学的説明 粘膜面での免疫機能 インフルエンザ生ワクチン/lgAは本当に局所免疫の主役か/悪者扱いされすぎているIgE抗体産生調節機構 T細胞のsubsetの解明/人間の免疫中枢はHLAのDおよびDR領域/遺伝子工学を応用した治療も夢ではない 免疫強化剤による感染症の予防と治療 γグロブリン製剤/静注用γグロブリンの効果/transfer factor/その他の免疫強化剤

理解のための10題

カラーグラフ 臨床医のための腎生検・2

糸球体病変・2

膜性糸球体腎炎(腎症) 坂口 弘
  • 文献概要を表示

 臨床的にはステロイド抵抗性のネフローゼ症状を示す.表のように小児にもみられるが,大部分は40歳以上,50〜60歳代が多く,20〜30歳代がそれに続いている.一般には男のほうが女より多いといわれているが,あまり差はない.小児は成人に比べて著しく少なく,寛解するもの,組織変化のよくなるものが成人より多い.膜性腎炎は原因不明なidiopathicなものが70〜80%であるが,他は全身疾患に伴った2次的なもので,原病としてはSLE,肝炎,梅毒,薬剤などがあるが,2次的なもので日常みられるものはSLEによるものが多い.

 光顕では図1のようにすべての糸球体にびまん性の係蹄壁の肥厚がみられる.この肥厚は上皮下のdeposit(図3電顕参照)によるもので,そのdepositの間に基底膜から新生基底膜が出ており,これを銀染色(図2)でみると棘状にみえspike(s)とよばれている.spike(s)は何年もたったものはたがいにつながり,よじれたロープ状になる.一般的にメサンギウム細胞の増殖はごくわずかである.糸球体の一部に硬化(segmental sclerosis)を示すものは完全寛解が期待できないとされている.

連載 演習

目でみるトレーニング 57

画像診断 心臓のCT・2

心房の拡張 太田 怜 , 林 建男
  • 文献概要を表示

 左房は,正面からみたとき,心臓の真後ろにあるので,単純なX線像では,その実際の大きさはきわめて解りにくい.

画像診断 画像診断と臨床

  • 文献概要を表示

症例1(図1〜6)

 患者 E. S. 50歳 男性

 主訴 顔面の浮腫

今月の焦点 対談

  • 文献概要を表示

 塩川 今日は「プロスタグランディン」について,わが国でもっとも先端の研究をしておられる鹿取先生に来ていただきました.私も臨床家の立場で,プロスタグランディンを応用することについて研究を行っています.そこで,プロスタグランディンの基礎と臨床ということで,この物質について話し合ってみたいと思います.しかし,非常に広般な問題ですから,限られた時間にどこまでお話しできるか,心配もしています.

講座 図解病態のしくみ 消化器疾患・24

  • 文献概要を表示

 先月号では,Protein-Calorie Malnutrition(PCM)の評価は従来の体重測定のみでは不十分であり,Triceps Skin Fold,Arm Muscle CircumferenceなどのAnthropometric Measurementsや,血清アルブミン,TIBC,TransferrinなどのVisceral Proteinの測定,さらにCreatinine Height IndexやNitrogen Balanceを測定することにより評価されるべきであることを述べた.そして,PCMの出現頻度は予想以上に高く,約50%の入院患者にPCMが出現していることも述べた.さらに,このPCMが,基礎疾患の治療効果の上がらぬ原因となるばかりか,死に至る重篤な合併症を併発する原因にもなることを述べた.

 このように,PCMは臨床上きわめて重要な問題であるにもかかわらず,その存在が認識されないことも少なくなく,その原因の1つにはPCMの臨床型として対照的なMarasmusとKwashiorkorの2つのタイプが存在し,同じPCMのカテゴリーとして認識されがたいことも一因と思えるため,今月号ではこのPCMの2大分類ならびにそれらの病態の相違について述べ,さらに,これらPCMの治療法の選択の方法について述べたい.

講座 図解病態のしくみ 臓器循環・2

  • 文献概要を表示

 脳循環を理解するために,脳血管の解剖と脳循環の生理と病態について,なるべく多くの表や図を用いて,解説しようと試みた.また,脳血流量の調節メカニズムについてのいろいろな因子の関与と,autoregulationと,これについてのメカニズムにも少しく触れた.

講座 異常値の出るメカニズム・46 酵素検査(6)

血清酸ホスファターゼ 玄番 昭夫
  • 文献概要を表示

酸ホスファターゼの臓器分布と細胞内局在性

 臓器分布

 酸ホスファターゼ(Acid phosphatase,AcP,EC 3.1.3.2)はアルカリホスファターゼ(AIP)とまったく同じで,次のようにリン酸モノエステルを加水分解する酵素である.

 リン酸モノエステル+H2O(AcP/pH5)→アルコール類+無機リン酸

 リン酸モノエステルとして使用されるフェニルリン酸(Kind-King法,単位はK・A単位),あるいはp-ニトロフェニルリン酸(Bessey-Lowryら法)についてもAIPの場合と同じであるが,しかしこの加水分解反応がpH約5の条件で行われる点がAIPと異なっている.

対談 外来診療・ここが聞きたい

  • 文献概要を表示

症例

 患者 F. A. 41歳 女

 主訴 左側腹痛,発熱

診療基本手技

直腸指診のポイント 西崎 統
  • 文献概要を表示

 直腸指診は下部消化器系の症状のある患者のみならず,泌尿器科系や婦人科系の症状のある患者においても欠かすことのできない診察法である.まして入院患者においてはルーチンの身体所見の1つとすべきである.この診察は外来の診察台,あるいはベッドサイドなどにおいても簡単に行え,しかも数多くのインフォメーションを得ることができる.まして,直腸鏡を行う前には内部の状況や走行を知る上において必ず行うべきである.

 そこで,もう一度,肛門・直腸部の解剖をよく理解しておく必要がある.

  • 文献概要を表示

 アメリカ合衆国のジョンス・ホプキンス大学医学部内科教授,ウィリアム・オスラーは,1894年5月2日にペンシルバニア大学に竣工したウィスター解剖・生物学研究所の開所式の講演を行った.演題は,新約聖書にある句から取られた"パン種"という言葉である.前回では,この大学の解剖学に貢献したウィスター教授の輝かしい業績を述べ,科学の進展のために基本的に貢献した医学者の生涯を讃えた.以下はその講演の後半である.

天地人

嘘かまことか
  • 文献概要を表示

 誠心誠意嘘をつく……とは,いまは亡き二科会の領袖,東郷青児の言であったように思う.誠心誠意嘘で固めて女性を惑わし,誠意をもって嘘をついて別れる.既に交際の始まるときから別れを予想し,真心こめて嘘をついていくのが東郷式交際術,操縦術で,別れた後も,あまり恨まれることは無かったと聞いている.

 以前,私は一度だけ東郷氏に会ったことがある.といっても,面識があってのことではない.二科展の際に,私がかつて師事したことのある二科会の理事の清水刀根氏を上野の都美術館に訪ねた折,事務所にいた1人の偉丈夫が,「おーい,刀根,刀根さんはどこにいる」と,あちこち探し回ってくれたのだが,その人物が東郷青児であった.毀誉褒貶相半ばする画家であったが,戦後逸速く二科会を再建し,今日の基礎を築いた功績は大きい.誠心誠意嘘を……というのは,実はその嘘がいつかは真実となるものであったのかもしれない.嘘から出た実ともいう.ところで,氏の画業が近頃再び評価されてきているという.

  • 文献概要を表示

新しい内容をコンパクトにまとめる

 本書の初版は1975年に出版され,今回の第2版は6年後に出版された.免疫学は,現在もっとも進歩の著しい分野の1つであるから,本書の内容も初版から大きく改訂されている.しかし,本書の特徴としての"簡潔さ"を引き続き踏襲しており,"読みやすさ"という点からは大変優れたものである,活字の大きさのわりには行間を十分とり,見出しも解りやすいのが印象的である.

 内容は,ケンブリッジ大学病理学教室が担当している免疫学の上級コースを基礎にまとめたものとのことである.したがって,内容はかなりup-to-dateであり,豊富なものになっている.しかし,300ページあまりにまとめられているので,かなり濃縮された内容を簡潔な文章で表現されている.ということは免疫学を初めて学ぼうとする人には難解であろう.むしろ本文は,免疫学の基礎知識をもった人に新しい免疫学の考え方を説明するようなものとなっている.ただ,初学者でもある程度解るようにとのことで,各部の初めに要旨が簡潔にまとめられている.このように,本書の文章はじっくり一語一語を味わって読むような努力を必要とするであろうが,適切な単語で要領よく新しい内容をコンパクトにまとめてあるという点では,他に類書がないのではなかろうか.

--------------------

VIA AIR MAIL 木戸 友幸
  • 文献概要を表示

大空洞をもつ結核患者.使える静脈のない麻薬患者.ときには病室で発砲事件.市長の目の敵Kings County Hospitalは魅力ある患者の宝庫

基本情報

00257699.19.2.jpg
medicina
19巻2号 (1982年2月)
電子版ISSN:1882-1189 印刷版ISSN:0025-7699 医学書院

文献閲覧数ランキング(
7月6日~7月12日
)