看護学雑誌 58巻6号 (1994年6月)

特集 あなたと労働組合

  • 文献概要を表示

低迷の陰にあるものは?

 医療労働者は,全国の労働者の組織率が23%前後と言われている現在,15%前後の組織率と言われています.近年,派遺労働者パート,臨時職員等の増加,多職種の下請化などが進む中で,組合員数は増加しているのに,組織率は横ばい状態という状況です.

 私自身の属している全国組合でも十数年前に比較すると組合員数は増加しているにもかかわらず職員数の増加に追いつかず,組織率は低下しています.ここ数年,組織率も漸増してきてはいるものの,10年前の組織率には到底回復していません.私の働く病院の組合でも,なかなか若い仲間を迎えることができず,20代の看護婦は1人しかいません.

  • 文献概要を表示

看護婦の組合活動が息を吹き返してきた

 産業界全体で1970年代後半から労働組合組織率が下降線の一途をたどり,労働者の組合離れが進んでいるが,医療・看護の組合活動はどうか.外から見ると,最近,「たたかう看護婦」のイメージは強烈だ.新聞の1面を,白衣の看護婦のデモ行進のカラー写真が飾ったこともある.

 '94年2月6日の朝日新聞朝刊1面に「春闘へ看護婦さんも気勢」という見出しで,「白衣の宣伝行動—'94年国民春闘勝利2.5医療労働者総決起集会」が大きく報道された.これは,わが国最大の医療労働者による産業別組合である,日本医労連(日本医療労働組合連合会)の組織の中でトップをきって行なわれたイベント.主催は東京医療関連労組協議会(東京医労連,自治労連都職労,都職労病院支部,建設一般医療部会などで構成).'94年春闘のテーマとして,「4万円以上の大幅賃上げ」「国立病院の賃金職員首きり反対」「看護婦の養成・処遇の改善」「病院給食の有料化・健康保険法改悪反対」等をかかげて行動した.

  • 文献概要を表示

 本誌 本日はお忙しいところありがとうございます.それでは簡単に自己紹介をお願いします.

 坂口 昨年10月に国立中野療養所と国立病院医療センターとが統合合併した国立国際医療センターで8年目です.

私たちの組合結成奮戦記 緑川 恵子
  • 文献概要を表示

組合がない??

 公立昭和病院は1928(昭和3)年設立,近隣の9市によって組織され,各市議会から2名の議員が出席する議会により,予算,決算,条例など,病院運営が審議されます.公立病院として,住民の命と健康を守り,地域医療の充実をめざして,救急救命センターも設置,90万市民のなくてはならない医療機関として,信頼され,期待されている中核総合病院です.

 ベッドは一般・伝染を合わせ570床,職員約700名.身分は地方公務員になります.看護部定数は,看護婦374名,看護助手39名で,病棟配置は夜勤2人で定数16名,3人夜勤21名,4人夜勤36名の配置,夜勤回数がそれぞれ8.3,9.3,9.9回,と世間で言う夜勤回数もまあまあかな?と思われるでしょう.しかし実際には,病欠者,産休育休とありますので,10回以上,特に疲労度の強い病棟(4人夜勤)ほど13回を下らない現状です.以前に勤めた病院には,すべて組合があったので就職してみて,労働組合のない病院なんて珍しいなあ.きっと皆幸せなんだ!と理解しました.が,時にはお茶一杯飲むこともできない夜勤,若かりし頃やった夜勤内容と違う,看護が濃厚になった?そんな感じでもない,ただただ忙しく,動き回るだけ.休日は疲労回復のためのものとなり一日中ゴロゴロしているだけ.

特別記事

  • 文献概要を表示

はじめに

 1988年に介護福祉士制度が発足してから,すでに7年目を迎える.介護福祉士は法律により「介護福祉士の名称を用いて,専門的知識及び技術をもって,身体上または精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴,排泄,食事その他の介護を行ない,ならびにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行なうことを業とする者をいう」と規定されている.

 制度制定時より介護業務は,「単に介護の技術を提供すれば足りるものではなく,心理学,ケースワーク等の知識に基づいて介護を受ける者を受容し,その身体的,精神的状況に応じて介護ニーズを的確に判断し,必要なサービスを提供するとともに,家族が安心して介護を続けていけるように,適切な助言を行なえることである」と考えられていた.そして教育もこれらに対応できる人材の養成を目標に,教育課程を高校卒業後2年間の修業年限とし,指定カリキュラムは22科目1500時間となっている.

  • 文献概要を表示

 放射線医学総合研究所養成訓練部では,医師・診療放射線技師・研究者などに,放射線の利用および安全にかかわる卒後教育を実施してきた.一方,看護婦(士)への放射線教育は,その利用に関する事項を主体に看護婦(士)養成機関・医療機関においてなされている.最近の放射線・放射性物質の利用の増大・多様化に伴い,看護婦(士)にも放射線防護に関する知識・技術が一層要求されるようになってきた.例えば,患者とじかに接する看護婦(士)が,放射線治療あるいは核医学検査を受けた患者の看護・介助などとともに,医療被ばくについて患者の相談に応じる機会も多くなるものと考えられる.また,看護婦(士)が放射線防護に関する知識を持ち合わせていることは,看護婦(士)や患者の放射線防護のためだけでなく,放射線診療において患者の協力を得るためにも必要と思われる.

 そこで私たちは,1993(平成5)年7月20日から9月15日にわたり全国の1157機関を対象に,看護婦(士)の放射線防護に関する研修課程の新設についてアンケート調査を実施し,その結果に基づいて1994(平成6)年度より「放射線看護基礎課程(定員20名・年2回)」を開設する運びとなった.「アンケートの集計結果を知りたい」との回答者の要望に答え,回答者の生の声を紹介しつつ,「放射線看護基礎課程」開設にいたった経緯を述べてみる.

  • 文献概要を表示

船上研修前に出された宿題

 大阪府が実施した「看護職員洋上研修」は,1994年3月15〜21日の1週間,途中で上海市や釜山市に寄港するものの,船上での研修生活が続いた.

 本研修に先立つ2月28日,大阪市国際交流センターで自己紹介を中心とした事前研修が開かれ,「憧れの蘇州航路・TEN」の10グループをはじめ,「なにわのフローレンス」「たこやき」などユニークなグループ名や,船上生活での各自の役割を決めていった.

学生の広場

  • 文献概要を表示

はじめに

 看護者の患者へのかかわり方の如何が不安の軽減や闘病意欲・自立心の高揚を左右する.実際,入院による不安や身体的ストレスに加えて看護者が関与する心理的状況が複雑に影響し,患者自身の闘病意欲をくじいてしまっている場合が多々見受けられる.

 今回の実習で担当した患者は,MCTD(混合性結合組織病)という難病を持つ慢性期にある70歳の女性であった.四肢末端のレイノー現象に起因する潰瘍の疼痛と,入院生活の不安を頻回に訴えていたケースである.

  • 文献概要を表示

1994年3月15日(晴れ,海おだやか)

 日本で初めての試みである「看護職員洋上研修」(団長:谷川秀善大阪府副知事)の初日.「おりえんとびいなす号(2万2千トン,日本クルーズ客船(株)所有,津田肇船長)に乗船した研修生は緊張した面持ちで,メインホールでの結団式に臨んだ.

 同じ看護を志す仲間同士が,世代を越えて,船上での共同生活や中国のナースとの交流を通して互いに学びあい,心身のリフレッシュを図るとともに,これからも支えあえる友を見つけることを目的とした研修は,「ビーナスカレッジ」と命名された.テーマは,「自分らしく輝くために」.この「ビーナス」には,船名と「Be・ナース」「美・ナース」の意味が込められている.参加したのは,大阪府下の病院に勤務する若手看護職員と看護学生,146施設の501名.学生を除いた研修者の平均年齢は26歳.

連載 カラーグラフ

このひと'94

  • 文献概要を表示

第10回国際ストーマリハビリテーション学会総会事務局長を務める

 自ら病院に働きかけ,わが国初のストーマリハビリテーション室を新設したのが9年前.外来の片隅に薄い間仕切りで囲まれただけの部屋だったが,看護婦が自分の机と椅子を持つことの意味を実感した.

 ただ,そこに安住することなく,すべてが横並び主義の組織への反発から独立した.「ネガティブな動機づけの方が,力が湧いてくるんです」

ヤッたね看護—柳原病院の試み・3

  • 文献概要を表示

 「これを抜くには大変苦労したのよ.あなたには分からないでしょう!」バルンカテーテルを自分で抜いてしまった後の彼女の第一声です.欝血性心不全,腰椎圧迫骨折で入院した83歳の患者,通称ウメさん.入院前の彼女は共稼ぎの娘夫婦がいない日中,ほとんど何もせずに,テレビを見て過ごすことが多かったといいます.その後彼女が心不全の治療のために入院してきました.

生体のメカニズム・30 内分泌の生理・4

  • 文献概要を表示

 「内分泌の生理」の最後に,内分泌生理学の特質である,中枢の視床下部—脳下垂体—末梢の内分泌臓器の間のフィードバック制御システムがきれいにできあがっている生理機能についてお話ししてみましょう.その代表として,女性ホルモンをあげることができます.

 このホルモンの濃度は中枢の視床下部の指揮の下,約1か月を周期に規則正しく高くなったり,低くなったり変動しています.そのホルモンの変動は,採血して測定しなくとも体温の変化を観察すれば予測することができるのです.しかし体温も夜明け前が最も低く,夕方が一番高くなるように,1日の中でもリズミカルに変化していますので,毎日決められた時刻で測ってみなければなりません.これが基礎体温と呼ばれるもので,朝,目が覚めた時,床の中で体を動かさないように注意して,舌下で測ります.女性の方は,健康診断のつもりで一度1か月続けて測ってみて下さい.誰でも毎日毎日少しずつばらつきはありますが,平均して低い時(低温相と言います)と,この低温相より平均して0.3-0.5℃高い時(高温相)の2つの相にきれいに分けられていればまず健康と言ってよいでしょう.

連載 看護治療学序説・5

  • 文献概要を表示

急がれる名称化とその経済的メリット

 アメリカにおいて,看護治療の名称化が急ピッチで押し進められている大きな理由は,①看護学の発達にとっての学問的意義,②患者側からみた臨床ケアの向上,③ナースの経済的利点,の3点があげられる.3番目の理由は,実にプラグマティズムの国アメリカのナースらしい視点である.看護ケアが金銭的にも十分に評価される制度にしようとの意図である.この点を明確に記述したものが,ANA(アメリカ看護婦協会)の看護実践分類システム手引書(Classification Systems for Describing Nursing Practice)である.その中にはこう書かれている.

 「看護は,すべての臨床情報がコンピュータに入力され,それに基づいて治療方法から医療政策までが決定される現代において,効果的にその機能と価値を評価されるためには,個々の看護行為の名称化を進めなければならない.ナースは自分たちが実施する個々のケア行為に名前をつけ,各々の名前についてそれぞれコンピュータ番号をつけなければ,医療保険の点数制度下では経済看護治療学が認められず,独立した専門職として的に認められることもない」

連載 [リレーレポート]いきいき看護研究・9

  • 文献概要を表示

 当病院は,札幌からJRで2時間の道南に位置し,夏は蝦夷富士羊蹄山,ニセコ連山の登山,冬は東洋のサンモリッツといわれるニセコスキー場で有名な倶知安町にある.

 経営母体は,道内に15病院ある北海道厚生連で,当院は6番目にあたる,ベッド数423床(内伝染13床)の1945年に設立された病院で,1973年からは後志(しりべし)地域7か町村を守るセンター病院として,地域医療に貢献している中規模の総合病院である.職員数は270名,その内看護要員数は173名(看護婦77名,准看護婦73名,看護助手23名)で,1979年には特Ⅱ類の基準看護の認可を受け,地域住民によりよい医療看護を提供している.同じ敷地内には厚生連所属の准看護婦学校があり,1学年24名で合計48名の臨床実習場として協力している.

連載 —海外文献紹介—Current Nursingピックアップ・3

  • 文献概要を表示

 癌の化学療法は,現在までのところ,癌細胞にのみ作用して正常細胞には影響を与えないという薬剤が開発されておらず,治療には必ず副作用が伴う.この全身におよぶ副作用の中で一番問題となっているのは,骨髄抑制と消化管障害である.このうち,消化管障害については,最近,有効な薬剤が開発されたため,患者は以前のような激しい嘔気や嘔吐を経験せずに化学療法を受けられるようになりつつある,また骨髄抑制については,輸血やG-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)の投与などの治療方法が確立されてきているが,この他にも,患者やその家族への感染予防対策などの指導も重要であり,このような場面での看護の果たすべき役割は大きい.

 そこで以下に癌化学療法を受ける患者の感染予防に関する最近の海外文献を紹介する.

  • 文献概要を表示

 「国民の努力の成果である経済発展の目的は,本来,攻撃的な輸出ではなく,生活大国の実現にあるはずだ」(p231).

 先日,韓国からの留学生とともに東京郊外を走る私鉄に乗っていた時のこと,「初めて日本に来た時,経済大国日本の人々はどんな生活をしているのだろうと思っていた.成田からの電車に乗って外を見ると,小さくて立派とも思えない家が並んでいる.それでも,中は立派かもしれないと思っていた.けれども,東京で暮らし,日本人の友人もできて家に招かれるようになってみると,やはり思っていたのと違ってみすぼらしい.どうしてなのか?」と尋ねられた.冒頭に引用した部分を読んだ時,この時の彼の疑問を思い出してしまった.実は,日本人たる私も,そして,おそらくは多くの読者も同じことを感じているのではないだろうか.しかし,私も含めてどれほどの人がこのことを真剣に考え,検討し,そして具体的な打開策を持っているだろう.正直に言って,この時のこの疑問に,私は十分に答えることができなかった.いくつか細かいことは指摘できたのだけれど…….

連載 おしえて看護婦さん!いまどき医療の?・9

  • 文献概要を表示

心療内科は医療界のオアシス?

 昔から,心身症というものに心ひかれるものがあった.新婚まもない夫の浮気を知り,日に15時間眠り続けた知人がいる.部下の業績を横取りして出世するような会社人間の醜さに耐えられず出社拒否になった友もいる.それがみーんな,いい人なのだ.敏感に相手の心を感じとってくれて,素直に受けとめてくれるような…….

 「いやーな世の中だけど,何とか工夫して,私たちだけは楽しくやろうよ」.そんな仲間意識を感じるのだ.

連載 私が透析看護に魅かれる理由・4(最終回)

未来に向けて 大坪 みはる
  • 文献概要を表示

 1978年に就職したN病院は緑に囲まれた閑静な伝統ある病院で,四季折々の風景が楽しめた.1985〜86年頃には透析看護婦は18名,透析患者は100名近くにもなっていた.職員のチームワークはよく,患者さんたちの信頼もあり,このまま発展し続けるだろうと誰もが信じていた.私は30代後半となり,後輩の教育担当をし,家事,育児と私生活でも多忙な中にも充実した日々を送っていた.

連載 看護ボヘミアン—出会いと発見のつれづれ・9

彩り 林 千冬
  • 文献概要を表示

 事務のおねえさんと「看護婦」を除けば,ほとんど男所帯の「生活保護専門病院」.男ばかり100名近い集団とのおつきあいは,当時“お年頃”だった私にとって,またとない「男性観察」の機会でもあったからそれはそれでおもしろかった.けれど,人類の半分は女性.男ばっかの「ホモ社会」はやっぱり不自然なモノトーンの世界だった.そんな中にもわずかながらの彩りをかいま見た,そんな話—.

連載 未来予想図 たとえば私の……・9

  • 文献概要を表示

白衣のプロになれない不安

 「看護婦になってみようかなあ」と思い始めてから,早いもので4年半がたった.ただ漠然と看護婦になることを夢見ていたのが,看護をめざす学生となり,最近では自分なりの看護婦像を描きながら,看護を学問として考えることもできるようにもなってきた.

 准看護婦学校に通っていた2年間は,救急外来に勤務しながら,ただ与えられた勉強,実習だけを,それこそ受け身の姿勢でこなしているだけだった.卒業をひかえた冬,私はふと考えた.准看護婦として社会へ参加できることは確かにうれしいことだが,この私が患者にプロとしてのサービスを提供できるのだろうかと.そして,私の技術が納得のいくレベルにまでは達していないのではないか,という大きな不安を感じたのである.

連載 でも、やっぱり歩きたい[直子の車椅子奮戦記]・30

女ですもの 滝野澤 直子
  • 文献概要を表示

スヌーピーのおなか

 私はおなかが出ている.それもかなり大きく.なんでこんなに出ているのよ,と叩いてみても,ポンッとスイカのようないい音がするばかり.

 どうにか引っ込ませようと,毎日ウエストひねりの運動をしているけれどダメ.信楽焼のたぬきと比べてもヒケはとらないだろう.

連載 プッツン看護婦物語・46

  • 文献概要を表示

 前にも取り上げて爆発的な反響のあった、いわゆる「できない」婦長の話。この手の話なら、いくら話してもつきないのが不思議よね〜。

 クドクド言うより始めちゃいましょう。久々の選りすぐり婦長のお話で〜す。

基本情報

03869830.58.6.jpg
看護学雑誌
58巻6号 (1994年6月)
電子版ISSN:1345-2746 印刷版ISSN:0386-9830 医学書院

文献閲覧数ランキング(
6月29日~7月5日
)