看護学雑誌 33巻8号 (1969年8月)

  • 文献概要を表示

どこの町にもある小さな病院,そこではコミュニティに密着した,もっとも看護らしい看護が育くまれ,展開される土壌のはずだが,果してその実態は?

  • 文献概要を表示

事故の一歩手前,32時間勤務

 岩手には県立病院が大小あわせて28あります。私たちの病院は県南の最南端の人口約2万の農村地帯にある県立病院で,ベッド数102(伝染病棟含み)で入院数は70名から多い時で90名を越します。詰所は一つで各科混合になっています。

 私たちの病院では当直制でやっています。当直の時は,朝8時30分から午後5時15分まで通常勤務,そのまま引き続き翌朝8時30分まで当直をし,日勤者に引き継ぎし,朝食をとって自分の職場にもどり,平常通り5時15分まで日勤という通算32時間勤務です。

ルポルタージュ

  • 文献概要を表示

 現在,人間中心の看護が説かれ,またそのために,医師に従属する手足としてだけでない,独自の看護領域の追求が絶えず努力されるようになってきた。すでにそうした試みを,たんに机上の理論としてでなく,対患者関係の具体的な看護場面に実践化しつつある施設も数多いことであろう。これは看護婦ことって,また何よりも患名にとってうれしい方向であるのはいうまでもないことで,より一層そうした努力,理想へより近づくための研鑚が惜しまれてはならないだろう。

 しかし一方,そうした理想を追求しうる条件を備えている施設は,まだまだエリート的な存在ともいえる。カーデックスを使用し,精神看護を云々できる世界の一方に,そうした条件を全くもてずにいる,いわば後進的な看護の分野が,ボーダーラインとして数多く存在することも忘れてはなるまい。その実態がどのようなものであり,またそこで働く多くの准看護婦や見習いさんたちにとって何が望まれているのかということを,なによりもまず,より恵まれた条件下にある看護婦こそ知るべきであるように思う。そのために何がしかの問題提起になればという願いが,これからここにAさんの手記をお届けするゆえんである。

東京都「看護週間」記念講演収録

  • 文献概要を表示

きょうは医師側から見た診療所における看護業務についてお話しいたします。申し上げることはたくさんありますけれども,簡単に,診療所とはどういうものかということからお話ししたいと思います。

東京都「看護週問」記念講演収録

  • 文献概要を表示

きょうは診療所の看護婦の役割,特に通院患者への接し方をご一緒に考える機会が与えられました。私は病院保健婦の仕事をしてまいりました。そこで,入院するまでもなく自宅にあって,通院治療を続けている患者,あるいは一時は入院してもその後退院して療養を継続する患者の指導,あるいは保健指導,それから妊娠教育とか母親学級,病気の早期発見,あるいは健康評価,さらに主婦の健康相談,乳幼児の健康相談といろいろなことを,家庭訪問とか外来でのクリニックを通して経験してまいりました。そして私なりに考えました通院患者に対する医療,あるいは看護,保健指導というものを提供する医療チームメンバーの一人としての看護婦,あるいは保健婦の役割について,述べてみたいと思います。初めにお断りしておきますが,診療所,病院の両者を含めて,いわゆる通院患者に対する役割,あるいは保健指導ということでお話を進めていきたいと思います。

対談

  • 文献概要を表示

今日における日本の病院の姿,そこに従事する看護婦,医師,いずれも医の論理をふまえた過程をふんで成り立ってきたものとはいえぬという。医の本質に根ざした改革こそ必至というが…

特別掲載 東京看護学セミナー収録

  • 文献概要を表示

5月号掲載の“ある保健婦の死”が各層に反響をよびました。提起された問題の普遍性は疑うべくもありませんが,これを契機により多彩に論議がつくされたらと思います。東京看護学セミナーの場合は,こんな具合でした

カラーグラビア シリーズ・人体臓器・5

卵巣 横地 千仭
  • 文献概要を表示

 卵巣内の卵子は,成熟すると中に水がたまって嚢様卵胞となる。これは数ミリの直径となるが,卵子そのものは卵胞の一隅にあり,0.1ミリ余りの大きさにすぎない

 成熟卵胞は,やがて破れて卵子が排出され,そのあとに黄体が形成される。黄体から分泌されるホルモンは子宮の収縮性を低めたり,排卵を抑制する作用がある。

カラーグラビア カラースコープ

人工腎臓 高須 照夫
  • 文献概要を表示

人工腎臓による血液透析療法が急性尿毒症や急性薬物中毒の治療に効果のあるのが認められてからかなりになるが,広く普及しはじめたのはごく最近で慢性腎不全患者の社会復帰の目的で長期維持透析療法が施行されるようになってからである。現在わが国で慢性腎不全で死亡する患者は毎年1万入を越すといわれ,しかも他の慢性疾患とは異り比較的若年者の多いのが特徴である。もし人工腎臓を駆使して慢性腎不全患者の10年間社会復帰が可能とすれば,その社全貢献度には計り知れぬものがある。しかしそのためには全国で2〜3万台の人工腎臓が必要であり,しかも地域別に配置し,またどこでも治療を受けられるようなnetworkを作らねばならない。現状とはかなりかけ離れた夢物語のようであるが,アメリカではすでに実現しつつあり,わが国でも日本腎臓学会理事長,大島教授が中心となって各方面に運動されているので近い将来このような治療体制が確立されるものと信じている。

カラーグラビア ナーセスモード・サロン

  • 文献概要を表示

平面裁断で,ウェストにゴムを入れ調節してあります。袖口カフスは器具のひっかかりを避けます。看護助手などにはエプロンと組み合わせて着用させてみてください

グラビア

女性12章—過剰
  • 文献概要を表示

世に余つているものの数多し,トーキョーの人口に,お米に,機動隊,そして露出,セツクス。シースルーの,スケスケのと申して,ご婦人方のナニは今や巷間にあふれいで,それでなくてさえ,猛暑に凛として定かならぬ殿方の視線を惑わせる。いえ定かならぬは視線だけではない,心のマナコとやらがトンとたよりにならぬ。触れなばすべて落ちんが如き幻覚にふと陥ち入ったりなぞして,時に足踏みたがえることママあり。ハタと恥入って,これぞまさしく都会の蜃気楼にほかならぬ,はては,飢餓の境に右往左往の我に帰るがオチというもの。やっぱりこの世は色即是空,観念するがオノコの道としたり顔して眉根を寄せたりしてはみるものの,なんでいまさら禁欲主義とはどういうこと,いや豊富の中の貧たぁよくいった

  • 文献概要を表示

 ひろしくんが,庭のすなばで,トンネルをつくってあそんでいました。

 「おやつですよ,いらっしゃ一い。」 あ,あれは,おかあさんの声です。

  • 文献概要を表示

私たちの病院は都内でも比較的閑静な住宅地の中にあり,空気も清く病院としては最適の場所にあります。

このステーションは昭和43年9月に完成した,精神科病棟2単位の中のひとつです。病床数は41床(保護室1,2人部屋1,4人部屋2,6人部屋5)からなっています。面積は約37.8m2で平素は広すぎて不便を感ずることもありますが,これは,精神科で欠くことのできないカンファレンスの場所としてとくに広く設計されたものです。ステーションの内側,1/3の所をカーテンで仕切ると一個の独立した部屋になるようになっています。

ドクター訪問—内藤 比天夫先生

医学と看護

夏に多い小児の疾患 塚田 忠弘
  • 文献概要を表示

はじめに

 戦前においては,小児の疾患として夏は消化器疾患,冬は呼吸器疾患が代表的なものとされ,これらが小児死亡の主因をなしていた。しかし,今日では,かつて夏季に多発した消化不良症,疫痢は激減し,その季節発生の特異性は失われてきている。最近3年間の入院患児について調査した結果でも,表1のように,疫痢,赤痢はほとんどなく,消化不良症は夏季よりもむしろ冬季に多いという結果が得られた。これに対して無菌性髄膜炎が夏季に多く発生しているのが注目される。冬季にはやはり肺炎が多くみられている。

 夏季には一般に糞便の媒介する感染症が流行しやすいが,抗生物質の出現により,赤痢,チフスなどの細菌性疾患は減少し,今日では種々のウイルス,特に腸管系ウイルスによるいわゆる夏かぜ,あるいは無菌性髄膜炎などが流行の主役をなしている。この他,数はそれほど多くはないが,その重症度から注目されるのが日本脳炎である。一方感染症とは別に,夏季における小児特有の疾患として夏季熱が知られている。最近は,生活環境の改善により減少してきているとはいうが,なお時々みられ,感染症と誤まられて治療されている場合があるので念頭におくべき疾患と思われる。以下,夏季に流行する主なウィルス性疾患および夏季熱についてその概略を述べる。

  • 文献概要を表示

 いろいろな抗生剤や予防接種,衛生思想の普及などにより,乳幼児の疾病や,死亡率にも大きな変化がもたらされてきたが,高温多湿なわが国の夏季には,まだまだ小児の伝染性疾患は多く,また小児の扱いのうえでも,暑さのためいろいろ問題になる点も多い。

 しかし,これらのことは保育者のちょっとした注意で十分に予防できることもたくさんある。なかでも乳幼児の養護のうえで問題が多い。暑い夏から,小児の健康を守るために,その扱いのうえで特に注意したい点を,乳幼児を中心にとりあげてみた。

海外サロン

ユーゴの看護学院,他
  • 文献概要を表示

 アメリカ合衆国のある看護婦が,ユーゴースラビアの看護学院に招かれて,そこで1年間過ごしたがその印象を次のように語っている。

 「第2次世界大戦以後,ユーゴースラビアでは看護婦がいかに重要であるかを認識して,看護教育の面でも大きな発展がみられ,教育計画はとても上手に計画されている。

セミナールーム・病態生理学

体温と発熱 中野 昭一
  • 文献概要を表示

 寒い時に鳥肌がたったり,寒けからふるえが止まらなかったり,また,暑い時や運動をした後などに玉のような汗をかくというような現象は,なぜおこるのでしょう。

 生理学的にみれば,これらの現象はすべて,私たちのからだが,その体温を一定に保つために努力している結果である,ということができます。私たち恒温動物は外気温の変化とは無関係に体温がほぼ一定に保たれています。

セミナールーム・法医学

安楽死(その2) 江下 博彦
  • 文献概要を表示

安楽死の倫理

 欧外は「高瀬舟」の資料と「翁草」という本からとっています。「翁草」が、喜助という男が教のない民(教育のない人間の意味でしょう)だから,法を知らないで悪意がないのに人殺しをやったと批評しているのにたいして欧外は、「しかしこれはさう杓子定木で決してしまわれる問題ではない。」と反論し「ここに病人があって死に瀕して苦んでいる。それを救う手段は全くない。傍からその苦むのを見ている人はどう思ふであらうか。縦令教のある人でも,どうせ死ななくてはならぬものなら,あの苦みを長くさせて置かずに,早く死なして遺りたいと言う情は必ず起る。」とのべさらに「従来の道徳は苦ませて置けと命じている。しかし医学社会には,これを非とする論がある。即ち死に瀕して苦むものがあったら,楽に死なせて,其苦を救って遺るが好いと言うのである。これをユウタナジイという。楽に死なせると言う意味である。」と説明しています。

 しかし日本では従来「安楽死」は合法的とは認められていないことはご存知のとおりです。

セミナールーム・心療内科

  • 文献概要を表示

 心身医学でいう「心」とは,感情や身ぶりまで含めた「ことば」であると定義した。犬のように音,匂,光などだけで,われわれは生きていない。第1信号糸だけでは生活していない。第2信号系の助けにより「ことば」で生活している。「ことば」と肉体とはひとつにして、不可分のものである。無条件反射を土台として高等動物の最終器官である筋肉と腺とは,外界の変化に適応するためにほとんど第2信号系に依存して働いている。高位中枢は「ことば」に対応した神経結合を豊富にもっている。

 さて、筆者は自律訓練法を自他に試みた時、たとえば「手足があたたかくなる」公式を体験した時には本当に温度が上がっているかどうかフト疑問をもった。そこでただちに皮膚温度計で測ってみたら,事実上昇していたので当時の素朴な筆者はビックリしてしまった。その発表後はもっと精密な方法と被術者を多数にした観察が、各大学・教室などから発表されたし,外国でも発表されていた。前述のことから当然の現象なのである,がその時はびっくりした次第である。

M.S.W.の目

梅毒患者のFさん 中島 さつき
  • 文献概要を表示

 性病予防法第1条に「この法律は,性病が国民の健康な心身を侵し,その子孫にまで害を及ぼすことを防止するため,その徹底的な治療および予防を図り,公衆衛生の向上および増進に寄与することを目的とする」とうたわれている。このほかに,感染源の追求,患者の治療,都知事への届出,罹病者の売いんに対する罰則,病毒感染行為に対する罰則,患者の秘密をもらすことに対する罰則などがあげられている。

 最近保健所に十代の若い男の子が2人口ごもりながら「血液一」というので,窓口の係貝が「献血」かと思ったら,病気にかかった不安で「検血」にきたことがわかった。医療相談室を訪れる患者の多くは20才〜24.5才くらいで住み込み店貝,親元をはなれて働らいている女性などもいる。診断を求めて来所するが,長期に忍耐のいる努力を必要とし,社会的条件の中に意欲をなくして,いつの間にか消えてしまう人,打撃をうけてもMSWに支えられて,治療をつづける人もある。

  • 文献概要を表示

 厚生省の看讓教員養成講習会では,教育の一環として,レクリエーション指導をとり上げている。レクリエーション指導の要点ととその実際についての講義を受け,そして教育キャンプを行なうのである。5月22〜24日までの3日間,山梨県・山中湖にある明治学院大学湖北寮においてなされた。この教育キャンプの計画樹立,違営などは全て受講生がするものである。

 第1日目の“お国自慢”,2日目のハイキング,キャンプファイアー,3日目の野外炊飯と,盛りたくさんの日程を無事に終えた。受講生相互の親睦と,リーダーシップの養成などを目的としているが,キャンプファイアーでは,看護教育に情熱を傾けること,看護の発展に尽すことを誓い合った。雄大な富士山と,山中湖という自然環境の中で,受講生は思い思いに,その決意を新たにしたようである。

海外医療ジャーナル

ICUの無菌エア通風装置
  • 文献概要を表示

ロンドン南西部のプロンプトン病院に最近オープンしたICU(18床,総工費1億800万円)が誇るものの一つに,各床に無菌エアを送る通風装置がある。同病院の顧問麻酔専門家が英国の某医療機械メーカーと共同で開発したもの。圧搾空気プラントにより可動し,緊急時用に普通の酸素シリンダーサプライ装置がついている。各患者への空気調節は,床側のレスピレーターモニターが制御する。肺から出る呼気は,床基部に取りつけた通気管から排出される。ICUで最も警戒すべき交叉感染の危険削減に寄与するところが大きい。

ものがたり日本病院史・5

仏教の救療施設 大熊 房太郎
  • 文献概要を表示

 今回は鎌倉時代と吉野朝時代の病院史について話をすすめたいが,この鎌倉時代というのは,源頼朝が鎌倉に幕府を開いて征夷大将軍となった建久3年(西暦1192年)から,幕府の執権。北条氏が滅亡した元弘3年(西暦1333年)までの140年余りの期間をさす。

 政治史的に見ると,この時期はわが国にはじめて武士政権が成立した時代で,初期には天皇を頂点とする京都の公家政権との対立,抗争があったが,朝廷の権力は次第に新興勢力である武士グループの支配下におかれるようになり,いわば古代社会から封建社会への移行期であった,といっていい。

ドクトル巷談

夢物語り 広瀬 正義
  • 文献概要を表示

長き夜の遠のねふりの皆めざめ波乗り船の音のよきかな

 こう書いた紙か,または宝船の絵を,正月2日に枕の下にいれておくと,すばらしいいい夢がみられるという。

  • 文献概要を表示

 現在行なわれている看護教育のあり方については,私は非常に不満であります。

 目下,ごく一部の大学(4年制,3年制,2年制)を除きほとんどが各種学校,いわゆる養成所であって,旧来の徒弟式教育が歴然と行なわれていることは残念至極であります。

連載 現代看護の諸問題・4

看護婦の賃金(その2) 大山 正夫
  • 文献概要を表示

賃金に示された看護の評価

 「看護婦の社会的地位の向上を」このことばは,おそらくすべての看護婦の共通の念願であるし,職能団体である看護協会もながいことこのスローガンをかかげてきた。しかしこの表現は,はなはだ抽象的であって,では一体どうすればよいのかということになってくると「まず看護倫理を実践すること,そうしたら世間の人が認めてくれる」とか「看護教育制度を各種学校から学校教育制度へ」などという意見に落ち着いてしまう。これらはいずれも真実をついていないのであって,看護婦の社会的地位を向上させるためには,まず第一に看護婦の賃金を引き上げねばならないのである。

 心理学者のウイリアム・ジェームスは「うれしいから笑うのではなくて,笑うからうれしくなるのだ」と言ったが,同様の論理で「看護婦の社会的地位が高まったら賃金が上がるのではなくて,賃金が上がったら社会的地位が高まるのだ」と言わねばならない。

看護遊学記—日本をとびだす・5

ドイツの主婦の生活 倉舗 桂子
  • 文献概要を表示

 バーデン・ビュテンベルグ州の首都,シュトットガルトの一家庭で3か月の間,ドイツの家庭生活を経験しました。この家は,設計士のご主人と写真家の奥さん,それに5歳の女の子と9か月の男の子の4人暮しでした。ご夫妻とも日本に住んでいたことがあり,日本で生まれた女の子は,ベアトリス・ユリコと二つの名前を持っていました。

 ドイツの婦人は家政がうまいとよく言われます。彼らも家政に関しては自信を持っているらしく,後に私がパリを見物した帰り,ある婦人にうっとりと,「パリの女性はきれいだったわ。」とほめたら,「あなたは台所も見て来たかね。」とやられました。一方,ある時ロンドンから帰り,ドイツの男性に,「イギリスの男性って親切よ。エアー・ポートからホテルまで次々と幾人かの男性が私のカバンを持ってくれたのよ。」と言うと,彼は大いにイキリ立ち,「じゃ,イギリスの男と結婚してみるがよい。彼らはどんなに家庭では悪い亭主になるかわかるから。」と言うのです。とにかく,こうした言葉は他国人,ましてやヨーロッパ以外の人間には彼らが真剣であればあるだけ,ただ吹き出してしまいます。

Medical Topics

小児における免疫,他 T.O.
  • 文献概要を表示

 免疫は以前より研究されていたが,この10年間の発達はめざましいものがあり,小児科のみならず他の科においても,現在もっともすみやかに発展している学問の一つである。

 昔から,6か月以前の乳児は麻疹にかからないことが知られていたが,これは麻疹に対する抗体が母から子に胎盤を通って伝えられるためである.このように生体には感染に対する抵抗性が自然に備わっている.これが免疫であり,抗原抗体反応を基礎としている。

——

ナース一代・その4 新居 八重
  • 文献概要を表示

外人付添看護のため上京して,聖ルカ病院へ,あるいは自宅へと出向いて,当時の英国大使をはじめ,多くの外人患者をみとる。

  • 文献概要を表示

 気象の勤務は24時間オールワッチ(船員用語)である。当直明けといっても街へ映画やショッピングに行けるわけではない,しめっぽい毛布にくるまって寝るのが最高の楽しみである。

 風が吹けば桶屋がもうかり,雨の降る日は天気が悪い,気象屋さんは雨が降ろうが,風が吹こうが,海がしけようが,暗い夜空と測器とにらめっこである。台風でも近づけば気象報の受信もしなければならない。ピ・ピーピーとスピーカーから流れる電波と,ヒューヒューとなるマストの音を聞きながら,暗い空をながめているのは気持のよいものではない。

  • 文献概要を表示

 5月21〜23日の3日間,茨城県水戸市で,第19回日本病院学会が開かれた。看護婦さんには縁の深い学会,参会者の中に女性の姿が目立つ。ドクター訪問,さっそく学会長である内藤比天夫先生(茨城県立中央病院院長)をお訪ねした。

 「3日間とも天気には恵まれましたしね,1500人は集まったでしょう。なにしろ小さな町ですから,まあ学会としては成功といわせていただいてよいんじゃないんですか」と柔和な顔がほころぶ。足と食事でご迷惑をおかけしたかもしれませんという。学会行事を担当されるご苦労はいずこも同じといったところ。

  • 文献概要を表示

重患を看とれる夜半音冴えて脈搏のごとき雨だれ続く

〔評〕緊迫した時間が読む者の心にひびいてくる。

付録 看護計画のための基礎ノート

基本情報

03869830.33.8.jpg
看護学雑誌
33巻8号 (1969年8月)
電子版ISSN:1345-2746 印刷版ISSN:0386-9830 医学書院

文献閲覧数ランキング(
9月14日~9月20日
)