看護教育 34巻6号 (1993年6月)

特集 新カリはどういかされたか

  • 文献概要を表示

 平成元年からの新カリキュラムによって学習した看護婦教育課程3年課程の学生が,今年3月卒業した.これで改正された5つのカリキュラムによる看護基礎教育は,4年制大学を除いて一通り経験したことになる.振り返ってみると,新カリキュラムの発表から実施までの期間が短かかったこともあってか,新カリキュラムが誕生する直接の契機となった「看護制度検討会報告書」にみられる21世紀に向かって期待される看護職者像,「看護婦等学校養成所教育課程改善に関する検討会報告書」に示されたカリキュラム改正に向けての基本的な考え方についての理解あるいは討議が十二分にできないまま,見切り発車をし,走りながら考えるという形で今日まで経過してきた学校も少なくないように思う.

 特に実習受け入れ側の,カリキュラムに対する理解がワンテンポ遅れることは止むを得ないことであり,学校側の新カリキュラムの咀嚼度,伝達度にも左右される.従って,実習の展開や実際の指導面で,新カリキュラムの基本的な考えが浸透しているとはいえない面も多くみられる.

  • 文献概要を表示

 新カリキュラムの趣旨をいかしながら,従来のカリキュラムで問題としてきたことを十分評価し,なおかつ本校の特徴を取り入れたカリキュラムを実施して3年が経過した.新カリキュラムによる第1回の卒業生を送り出したばかりの今の段階で,本当に成果があったのかどうかの評価をすることは早計の感もするが,検討の過程および実施してみての反省点の洗いだしをして,次への修正につなげたいと思う.

 看護学校に入学してきた学生が,それまでの学習形態と異なる実習という学習方法にどのように取り組んでいけるかが,その後の学習のキーポイントにもなる.看護基礎教育にとっての実習は,知識を統合し行動に変換させる学習の一方法としても,その意味は大きい.実習全体の構造とその中での基礎実習の学ばせ方に絞って,途中評価,孝察を行ない,今後のより良い看護基礎教育につながることを期待しまとめてみた.

  • 文献概要を表示

 准看護婦教育開始後40年ぶりに改正された教育課程による卒業生を,この3月で2回送り出したところである.

 この准看護婦制度は1951(昭和26)年,当時の看護婦不足対策として,中学校卒業を入学資格とし,教育期間を2年間として新設されている.

  • 文献概要を表示

 日本を離れてから3年経ちますが,その間の看護系大学の増加は,一時帰国するたびに驚かされています.23年ぶりの平成2年の指定規則改正に加えて,近年の看護系大学の急激な増加傾向は,日本の看護史上最も大きな変化といえるのではないでしょうか.それは同時に,看護婦養成のための大学教育の真の意味を,改めて看護教育者に問うているということではないでしょうか.特に海外から日本の動きを見ている私にとっては,そういう感を強くさせられています.

 そうした思いのなかで,博士課程の学生としての最初の秋学期に,私は医学部医学教育学科の授業を取り,興味深い体験をしました.この医学教育学科というのは,アメリカ国内でもユニークな学科で,全米の医学部でもこの学科をもつ大学は10校に満たないと聞いています.科目名は「医療専門職教育における諸問題」といい,医師や看護婦をはじめ放射線技師や物理・理学療法士,栄養士などの,各種のパラメディカルの資格をもつ人たちが学生としてこの授業を取っていました.このクラスの最初のレポートのテーマが「カリキュラム改革(innovation)」についてで,各学生は自分の専門領域に関するカリキュラム改革について自由に論じるというものでした.

  • 文献概要を表示

訳者前文

 札幌市立高等看護学院における倫理学の講義を担当するにあたって,看護学生にとって望ましい倫理学の講義とはいかなるものか,と考えました.我々が大学や大学院で学習し,研究してきた学説史を述べることにまず疑問を抱きました.

 即ち,それはあまりにも抽象的であり,あってもなくてもよい教養,つまり学生にとって知っておけば一生のうちであるいはいつか役に立つかもしれない,という程度の教養に終わるのではないか,と思ったのです.

  • 文献概要を表示

 看護学を学ぶ学生の初めての臨床実習は,個々人の学生にとって,どのような体験として根づくのであろうか.各々の学校の教育方針,そして実習の目的,個々の学生の特性,入学動機などによって違ってくるであろう.

 一方,様々な違いはあったとしても,初めての臨床実習から得られる体験は,今後看護を学んでいく学生に共通した要素もある.

  • 文献概要を表示

 看護部長になり3年目になる.役割を果たすなかで,ネットワークからの学びも1つの支えになっていることを痛感する.今までのネットワークづくりを振り返りながら,テーマについて述べてみたい.

特別講義

  • 文献概要を表示

 愛知県立看護短期大学の公開講座は7年の歴史を数えますが,平成4年度は,テーマを体験科学教室「おもしろ科学実験」とし,物理学[からだと遊びの物理実験],化学[グレープフルーツの化学料理],生物学[生命のはじまりを見る]の3本立てで行ないました.

 受講生は,例年とは違って特に小学5年生以上の子供から大人までを対象としました.開催期間は,子供たちが夏休みに入った直後の7月21~23日,大変暑い3日間でした.

NURSING EYE

  • 文献概要を表示

知子様

 久々に私の近況をお知らせしようと思いペンをとりました.

 酉年の元旦に身体障害者のM氏から年賀状をいただきました.M氏は現在45歳で一人暮らしをしています.M氏が30代の頃,彼のお母様が悪性腫瘍手術のため入院して学生が受け持ちました.学生の記録から息子であるM氏が多肢切断で両手・両足ともに義手・義足であることを知り,母親の入院は大変なことだろうとイメージしていました.ある日病室でお会いしたM氏に「お母さんが入院していらして大変ですね.日常生活はさぞ不自由でしょうね?」と声をかけました.すると「いいえ,全部自分でできていますから,なんともありません」とおっしゃるのです.

連載 人間と教育・6

  • 文献概要を表示

 “記録は破られるためにある”というのは,ときどき耳にするパンチのきいた言葉だと思うが,“計画は破られるためにある”という一見相似した言いかたは,異様というべきであろうか.もちろん計画を立案するときは,だれでもそれをそのまま実現したい,いやできると思っているであろう.記録をつくるときには,それが破られるときのことなど,全く思いやることがないのと同じである.しかし記録と違って,計画は複雑な中身をもつだけでなく,何より未来にかかわる性格のものであるから,予定通りいくことはむしろ稀なのである.だから,計画が破られることは新記録樹立よりはるかに自然であり,異様どころではないといってよい.

 しかし人間というものは計画を立てるとき,ふつう意欲的,というより楽観的で,その通りに実施できると確信しやすい.そのため破綻する現実との落差が大きく,“破られるために”という表現に抵抗が大きいのであろう.けれども事実はどこまでも厳しくて,よほど甘く,あるいは大まかに考えぬかぎり,計画通りいくことなどありえないといってよいのである.しかもその際計画に固執すれば,いよいよマイナスが大きくなってしまう.

連載 続・往復書簡・6

  • 文献概要を表示

 仏教の思想,E・フロム,アドラー,そして賀川論を盛り込んだ教育論.お返事を書くのに[四苦八苦]しましたこと,先ず,告白しなければなりません.何故なら,いずれも私にとって,現在執筆中の本に,参考文献として用い,親しく付き合いをお願いしている顔ぶれでありますから,お便りにある1つひとつの論を考えるとき,1つの論が勝手にひとり歩きをしまして,果てしなく遠くに行ってしまい,引き戻すのに四苦八苦していたという次第です.

 皆様,お元気でご活躍のことと存じます.賀川先生は,上都賀総合病院の看護部長と学校の副学校長を兼務されて,新年度をご多忙に過ごされたことと推察しております.病院と学校の兼務は大変な責務を担っているように思えますが,双方とも,それぞれの役割を果たしていくメンバーに恵まれていれば,教育と看護を実践する場の双方に<生きた>理論や実践的現実を持ち込めますから,看護全体にとって,強靱なブリッジの役割を果たすことになると考えます.

連載 できることをできるだけ 臨床からのメッセージ・6

  • 文献概要を表示

泉さんの申し出

 在宅で人工呼吸器を使う進行性筋ジストロフィー症の泉岳志さんが,退院の日に病棟スタッフに色紙を贈ってくれた.その色紙にはこう書かれていた.

 1992年10月21日に入院してから,100日以上というもの,いろんなことがありました.泣いたり,うろたえたり,神経質になったり,エゴ丸出しのかっこ悪い姿を看護婦さんたちに見せました.

連載 アメリカ合衆国の大学院課程における看護教育・6

  • 文献概要を表示

看護の修士課程のカリキュラム

 看護の修士課程のカリキュラムは,まず看護教員と看護管理者を養成するために開発された.初期の目的は,看護学校や他の機関で教えるために必要な知識や技能の修得にあった.

 看護の修士課程のカリキュラムが全国レベルで初めて討議されたのは,1952年の全米看護連盟上級看護プログラム代表者会議においてであり「専門領域にかかわらず,すべての看護修士課程が持つべき共通コアはあるのか」1)について検討されたが,統一見解は見出されなかった.1960年代になり,看護実践の役割モデルとしてのクリニカル・ナース・スペシャリストの必要性が増したことが,急速に看護の修士課程の中心に変化をもたらした.カリキュラムの中心は,専門的な臨床実践を強調するものと,教員および管理者役割を強調するものの2つに大きく分かれた.1970年代には,さらに臨床専攻が中心となって発展し,1980年代もその傾向を強めているが,全国的なデータは明らかにされていない.

連載 解剖学はおもしろい・3

  • 文献概要を表示

筋肉は骨格筋,平滑筋,心筋の3つに分けられる

 筋肉を勉強するとき,自分のからだを動かしてみるとよくわかるのだが,手足は自分の思う通り動かすことができる.つまりそのような筋肉がついているからである.

 骨と骨の間にはられた筋肉の収縮,弛緩によって,関節が屈曲,伸展して手足を動かすことができるのである.したがって筋肉は1つの骨の2点間にはられることはなく,必ず1つの骨から起こって他の骨についている.

  • 文献概要を表示

 “看護学生は,当然のことながら看護職ではありません.その「たまご」です.社会の人々よりは看護に近く,看護職よりは看護に遠い存在だと言えます.したがって,社会の人々と看護職間との問題や看護の未来像などを客観的に捉えやすい立場にいるのが,看護学生なのです”

 以上のようなアピールを掲げて動き出した看護学生がいる.「全国看護学生弁論大会―たまご達の革命」運営委員会の面々である.

BOOKS 海外文献

  • 文献概要を表示

 クリニカル・ナース・スペシャリスト養成修士課程学生の臨床教育にあたる,プリセプターに関する2つの論文を紹介する.プリセプターは教授,個人指導者と訳され,臨床において学生あるいは新卒看護婦を1対1で指導する役割を持つ.

昌子の英会話ワンポイントレッスン・15

  • 文献概要を表示

 “Don't you like it?”ときく場合,「いえ,すきですよ」は“Yes, I do.”「ええ,すきじゃないんです」は“No, I don't.”となる.すなわち,英語には“Yes, I don't.”とか“No, I do.”というような言葉はないので,日本語の「いいえ」,「ええ」をNo, Yesと言ってしまうと混乱が生じる.

 娘をシアトルの小学校に入れた時,日本語そのまま“Yes, I don't.”というような返事をして,私はしばしば教師によばれて娘の意図がYesの方かdon'tの方か,はっきりさせに学校に出向かなければならなかった.慣れるより仕方のないことだが否定疑問文できく場合注意されたい.これは日本人の英会話で一番むずかしいところではないかと思われる.

臨床実習に必要な系統別略語集・3

呼吸器系 加藤 美代志
  • 文献概要を表示

A

ARDS

adult respiratory distress syndrom…成人呼吸逼迫症候群

ARF

acute respiratory disease…急性呼吸器疾患

基本情報

00471895.34.6.jpg
看護教育
34巻6号 (1993年6月)
電子版ISSN:1882-1391 印刷版ISSN:0047-1895 医学書院

文献閲覧数ランキング(
7月27日~8月2日
)