助産婦雑誌 3巻3号 (1953年3月)

  • 文献概要を表示

分娩準備室に用意するもの

A妊婦診察用トレイ

1.トラウベ 2.巻尺

3.骨盤計測器 4.両 聴器

今月の言葉

助産婦をめぐる諸問題
  • 文献概要を表示

 戰後改変された助産婦をめぐる諸制度は,日本の独立とともに新しい観点から考え直す必要に迫られているし,又現に小規模の改正が,応接にいとまのない程行われつゝあつて,現段階を記憶するにも不便を感ずる程である。

 戰前助産婦,保健婦,看護婦の3者は各々独立した職域であると考えられていたものが,戦後は法規上,養成上,及び団体的にも一本のものにまとめられたが,これに付ても,もう一度ゆつくりと考え直す必要があろう。日本の如く助産婦制度の高度に発達した国に,米国の如く,助産婦の殆ど存在しない極端な国の制度を直輸入的にあてはめる事が無理であるかどうか。

講座

  • 文献概要を表示

 最近の東京タイムスによるとアメリカにおいては梅毒は近々撲滅されるだろうというととが報告されているという。誠に嬉ばしい事である。実際において我国においても,終戰前及終戰直後に比して,現在は淋疾と共に梅毒患者は著しく減少して来ておるととは,我々日常診療するものが,痛切に感じておる所である。之はペニシリン等の新抗生物質が出来て治療が容易になつたことと思われるが,他方妊婦手帖が戰爭中から実施せられて,血液検査を早期に受けて,早期に発見治療せられるようになつたことが,大なる原因であると思う。此処に妊婦手帖の実施に盡力せられた瀨木博士に大いに感謝しなければならぬと思う。然し乍ら我国にむいては未だ撲滅という迄には至つていない。不潔な性交が絶えない社会施設に対して一層嚴重な監督が望ましい。

分娩時の処置 橋爪 一男
  • 文献概要を表示

日常くり返している事柄をもう一度ふりかえつて,慣性となつた所作の意味を検討し,更に確実な知識と技術を身につけましよう。

助産録の記載と保存 鈴木 隆子
  • 文献概要を表示

助産婦は法律によつて助産録を記載し保存するようにきめられています。それは母子保護のためと同時に助産婦自身の保護,向上のためにも役立つのです。

減塩食について 松本 敦子
  • 文献概要を表示

 減塩食が適応するのは理論的には食塩や水の排泄障碍のある時臨床的には浮腫又は浮腫傾向のある時に限られます。妊娠腎,妊娠中毒症,心臓病等の場合に使用されるのです。

 日本人1日の保健食中の食塩量は労働作業により又都会と地方によつて異つていますがおよそ15〜30gの間であります。

書評

  • 文献概要を表示

 大部分の読者はご存知と思うが作者竹村まやさんは看護協会の北海道支部長をしていられる。この歌集は竹村さんの30余年に及ぶ作歌生活の中から,昭和年間のそれを中心として約600首を自選されたものである。

 一読して感じられるのは,華麗,絢爛,人の目を奪うと言う樣な作風ではなく,むしろ地味にと言つてもそこには作者の繊細な,銀糸の光る様な感じ方が隨所にきらめいていて,その美しさに感歎する所が多い。たゞ対象に食い下るべきもう一歩の努力を,美しい詠歎に溶かし去つて歌う—それはそれで慥に美しいのだが—のに,物足りなさが感ぜられないでもない。それはそれとして30年に及ぶ作歌の道を孜々として歩んできた人には,それだけの実力もあり歌もその邊のかけ出し歌人とは本質的に違う秀れたものを持つている。作者に敬意を表する。と共に短歌に興味を持たれる方に一読をおすゝめする。

補習講座

女性の生理(2) 岩田 正道
  • 文献概要を表示

正常月経

 月経とは一定の時日をおいて規則正しく繰り返し現われる子宮出血を云うのであるが,月経の間隔,毎月経の持続日数並に量,及び月経時に伴う身体変調の種類,程度等は人々によつて実に千差万別であつて,各人が夫々特有の月経型を持つている。従つて正常月経に一定不動の標準とてはなく,また正常月経と異常月経との間にはつきりとした界をきめることも困難である。即ち正常月経と云うものは次に述べるような一定の幅をもつた規格,即ち枠にあてはまつたものであるが,さりとてこの枠から少し位外れたとて直に異常月経とも認定し難い。そのため明かな正常月経を自ら異常月経と思いこんで徒らに惱む婦人も多いし,反対に疑いのない異常月経を單に身体の調子によるのだろう位で放つておく人も少くない。「月経は婦人の健否を知る最良の鏡である」と云われる位に,これが順否を正しく判知することが自身の健否を知る上に極めて肝要であるは云う迄もない。

医学の話題

  • 文献概要を表示

 月経のときには,いろいろな症状がおこる。たとえば,子宮の充血,收縮,ときには痙攣がおこり,全身的には,全身のむくみ,皮膚病の悪化,皮膚の毛細管および粘膜の充血,消化管の働きの変化,ときには,脳脊髄の病気の増悪などが,月経の時におこることが証明されている。

 このような症状は,月経による子宮粘膜の変化のおこる前にあらわれるもので,子宮内膜が剥がれはじめる—月経がはじまる—と,これらの症状は,消え去つて行く。また子宮を手術で切取つてしまつた子宮内膜がない婦人では,これらの症状がおこらないのである。

私の経験

注射器を持てぬ悲しさ 高松 スズ
  • 文献概要を表示

 咲き遅れの菊の花が霜に色あせ夕日にその影を長くひく頃,私は月々の報告を手に保健所を訪れました。雑談の中に「S町の助産婦が注射をする」と投書がありましたとの事,「ビタミン注射を助産所へ通わせてやるんですつて」勿論妊婦さんへです。こんな話を係の方から伺いました。実は私も,ビタミン注射位なら素人の方さえやるんですから,一寸一本やつて下さいと申されゝば気軽にやりました。液は本人が持つて居られますから平気で居りました。万一に供えて分娩用カバンの中にも皮下注射器及びビタミン,麦角のアンプルも1,2本は用意し,幸い病院もあり開業医の先生方も比較的多いので使用せずに過して参りましたが,このお話を伺い注射器も持つておれば使いたくもなる。頼まれもする。一層入れておかなければさつぱりすると思いその時より取り出しておきました。それから3カ月何事もなく打ちすぎ投書の件の話も再び耳にすることもなく,私もすつかり忘れておりました。

 12月某日(予定日)分娩の模様がありますからとの迎えを受けました。朝食も急ぎ済ませ約2キロの道を走り,どうか御無事に安産出来ます樣と祈りつゝ馳せつけました。陣痛開始午前5時頃,陣痛5分間隔内診の結果卵胞を触れ子宮口5cm位開口しており,8時30分。この分では11時頃には分娩も済むことと思い,産婦を元気付け用意を整え観察しておりました。

ニユース

  • 文献概要を表示

 総理府では,地方公共団体手数料規則の一部を改正したが,助産婦を初め保健婦,看護婦等の免許,免許状書換,免許状再交付,業務従事証等の手数料金は次の通り価上げする事となり,臘末29日付で公布,1月1日より実施された。

お産の俗信

姙婦の食禁 日野 壽一
  • 文献概要を表示

 昭和22年度の文部省の国民生活慣習調査によれば,民間医療関係の俗信,まじない,縁喜の中,妊娠分娩に関する迷信が31%の多きに達している。これは妊娠を昔は神祕とも穢れとも見做していたことに深い関係があり,同時にお産に対する不安の念がいかに大きいかを示すものである。

 これらの迷信の大部分は近世にできたものでもなく,また無学な民衆がでたらめに言い出したものでもない。これは奈良朝以前に支那から伝えられた漢方医学の内容が民間に流布したものなのである。当時の漢方医学は今日から見れば間違いだらけのものであるが,千年二千年の昔にはそれが最高の科学であつた。これらの迷信は,たとえ理論的に誤りであり事実に反するものであつても,元はともかく一応科学の裏付けをもつていたものであるだけに,その伝統は抜き難い根強さをもつている。しかもその大部分は皮想な連想の濫用による思い違いてある。連想や比喩は大衆に早分りがする。従つてこの種の俗信は伝播普及力が大きい。

貴女の経済学

火災保険の話 高橋 熊三
  • 文献概要を表示

火災保険とは

 火災に依つて生じた損害を支払う仕組になつて居ります。ですから都会に生活される人々は勿論,田舎に住んで居られる方でも財産を保護する為には是非共必要な事であります。人に依つては私の家は火事の危険が無いからと申されて居られる方もありますが,皆さんが新聞を御覧になれぼお判りになる通り毎日火事の記事が載つて居ない日は殆んどない位に毎日何十件と云つてよい位に火事はあります。

 ですから燒けてから後悔する事のないように安心料のお心算りで是非共火災保険をお附けになる事をお奨め致します。

紙上美術展・1

  • 文献概要を表示

 東京駅八重洲口をまつすぐに日本橋通の電車通に出ると右角に9階建のブリヂストンビルがあります。その二階全部がブリヂストン美術館であります。登体で400坪ばかり,ここに三室の陳列室を中心にして講堂や事務室があるのです。

 陳列室は全部昼光灯を用いた人工照明で,エヤーコンデシヨンによつて新しい空気が各室に送られ,夏は冷房に冬は暖房になるわけで四時春の気をただよわせているのであります。停電時は自家発電の設備も完備して居ります。

--------------------

  • 文献概要を表示

 3月といえばお節句,お節句というとお雛樣にお供えするお花は直に桃と菜の花を連想しますが,生活樣式の変遷で何処のお家でも緋毛せんに古風床しい内裏雛とい弓わけにはゆかず,こけし雛野球雛等と色んなお雛樣も出ている現在,お供えするお花にも,近代調を出してみました。器は 小さい高杯

花は シクラメンの花2本 葉3本白い花をつけた雪柳 少々

趣味を語る 大谷 しよう
  • 文献概要を表示

 人には必ずなにか知ら趣味のあるものである。若し私がずつと年を取つて身体に怠屈を覚えるやうな時が来たら,もう一度やつて見たいと思う事は茶の湯である。私は若い頃には登山にあこがれていた,又芝居にも現をぬかした事もあつた。けれど11才の幼ない時母から進められて四ツ身の着物に膝頭をのぞかせては,余りにお茶の手前にふさわしくないと,袖をつけて,19才の学校を出る迄一生懸命に習つた茶の湯,それがいつの程にかほんとうに好きな趣味となつた。あのお手前の時の静粛な中に釜の湯のたぎる音を聞く其零囲気のお茶の味は今以つて忘れる事が出来ないと同時に其茶の湯から得た体驗は,私の今日迄の生活の上に,どれほど必要なものであつたか…………。

 いつか原田静江さんから「大谷さんはお茶の心得なんかある人には見えない」と云われて,ドキンとした程今の私からお茶の湯のたしなみはぬけてしまつている。けれど,私はやつばり心から茶の湯を礼讃している。

社会の動き
  • 文献概要を表示

 内外共に騒然たる世相になつてきた。内においては政権を担当している自由党の屋台骨がゆらぎ目前の参議院選挙をひかえて,どのような政界の地図が画かれるか分からない状態にある。

 党三役の選任をめぐつて,このようにもみ合つているのは前例の無いことだし,その結果が政局を左右するような動きを示したことも,木来を誤るものである。このように弱体になつている政局担当者の姿であつてみれば強力な政治や施策を推進することは思もよらず,先ず党内での妥協紛争といつたことをくりかえさなければ法案も出来ないであろうし議会での審議においても闇取引や裏でのかげひきがものをいうようになるのであろう。政局の方向は保守合同と社会政策を標榜する政党との対決を急ぎつつある。社会党が左右双方に分れていることは望ましいことではない。

  • 文献概要を表示

まえがき

 我が国では古くから家庭分娩が行われて居り,その助産歴史は輝やかしいものである。この輝やかしい歴史は幾多先輩の尊い努力のたまものと深く感謝致して居るが,一方日進月歩にすすむ文化,科学と平行して助産事業も進歩向上しなければならない。殊に我が国分娩数の85%以上をしめる家庭分娩においては,吾々助差婦の活動に俟つところが大である。この樣な責任を感じつつ,新時代にふさわしい科学的な原理にもとづいた家庭分娩はこうありたいものとデモンストレーシヨンを行つた。

 家庭分娩はよく「臨機応変で行く」と云われる。それ故にこそ臨機応変を行う前にその基本となるべき「家庭分娩はこう行くべきだ」という事情しつかり掴みたいと思つた。

助産婦教育への批判
  • 文献概要を表示

最近一部の人から助産婦の教育制度を変えようという運動が起つています。そこで編集部では現在助産婦として活躍していられる方々に,助産婦の教育制度について手紙により御意見を伺いました。

  • 文献概要を表示

蕗の葉

 早春の若蕗の葉は佃煮やなめ味噌を作つて貯えておきますと,朝の御飯のおともとして風味この上もないものです。

問と答 藤原 照子
  • 文献概要を表示

 問 私は検定試驗による旧看護婦の一人で産婦人科病院に今勤務しております。助産婦になりたいと思いますが京都,大阪東京内の代表的な学校の所在地とそこの学院の樣子を知らせて下さいなるべくでしたら東京を望むものです。

基本情報

00471836.3.3.jpg
助産婦雑誌
3巻3号 (1953年3月)
電子版ISSN:2188-6180 印刷版ISSN:0047-1836 医学書院

継続誌

文献閲覧数ランキング(
9月14日~9月20日
)