助産婦雑誌 7巻4号 (1955年4月)

口絵

輸血研究所
  • 文献概要を表示

輸血研究所は,日本赤十字社の昭和23年以来の努力が実を結んで,昭和27年4月,日赤東京血液銀行として日赤中央病院に発足した。昨29年4月,機構の拡充強化をはかつて日本赤十字社輸血研究所と改称した。組織と管理部,血液銀行部,資材部,研究部の4部制で資材部は赤十字地方血液銀行で必要とする採血瓶,採血セツト,給血セツト等の供給と研究改良を任務とし,研究部は直接関係のある諸事項を学問的に究明して地方既設の血銀は勿論,今後計画するものの指導教育にあたつている。この完備した舎屋や設備は全国民からのお年玉郵便葉書寄附金中からの配分によつて出来上つたものである。

採血ビンは,完全無菌状態で,真空になつていて,内部に溶血液が注入されている。

今月の言葉

乳幼児死亡について想う S・K
  • 文献概要を表示

 文化の程度を測るのには,その国の乳児死亡率を見るとも有力な1つの手がかりになると言かれているがその乳児死亡率が著しく低い国だということで,多年に渡つて世界各国の第1位にあるのは,南半球にある小島国ニュージーランドである.

(この国の名前が「乳児の国」……ニユジランドと通じることは,何と面白いではないか)

講座

  • 文献概要を表示

4.糖質(含水炭素)

 糖質はエネルギーの給源として必要欠くべからざるものである.妊娠時には必要エネルギー量が増大するので,多量の糖質を必要とする.

 妊婦の血糖量は稍々低値であるとする者,稍々高値を示すとする者,非妊婦と著差ないとする者等区々である.併し妊娠末期に於て過血糖の傾向にあることは一般に認められている.

神經(1) 萬年 甫
  • 文献概要を表示

 われわれのからだは極めて多数の細胞からできているが,それぞれが皆同じ形と同じはたらきをもつているのではなく,おのおの特長がある.例えばあるものは消化液を分泌し,あるものは酸素とむすびつき(赤血球),又あるものは刺戟をうけると一定方向にちぢむ(筋細胞).そして同じはたらきをもつものは類をもつて集り,皮膚や感覚器,骨格,筋肉,血管,消化管,呼吸器,泌尿生殖器,内分泌系等の諸器官をつくっ.ている.しかしそれだけではまだ生活をいとなむのには充分でない.これらの諸器官がそれぞれ釣合をたもつてはたらくように相互の間を連絡統制する器管が必要である.この重大な役目を負うのが神経系である.そのはたらきが複雑なのと平行して構造もかなりこみいつているが,それを形ずくるものが細胞であることに変りはない.ただ他の細胞とはいささか形が.異つているのである.

 神経細胞がどんな形をしているかは昔から多くの人々によつて研究されているが,その結果をあわせて考えて見ると,大よそのことは分る(第1図)。すなわち神経細胞はこまかく枝分れずる数本の短い突起(樹状突起)と1本の余り枝分れをしない長い突起(軸索普通,神経繊維といわれるもの)とをもつた細胞で,細胞体の中にはニツスル小体という粒が見られ.又核は大きく,中央に1個の明りような核小体をもつているのが特徴である.

  • 文献概要を表示

死亡原因からみた日本の新生兒死亡

 現在のところ一番新しい資料は昭和25年度の死因別新生児死亡数です.間もなく昭和27年のが発表になるかと思いますが,全体の傾向には大した相違はありませんから,ここでは昭和25年の統計から生後28日未満の死亡について原因別に観察してゆくこととします.統計上便われる死亡原因の名前は,昭和25年以後は国際間の協定によつて従来と大分模様がかわり,わかりにくくなりました.以下順を追つて必要に応じては従来の名称と比較しながら述べてみます.

 まず第一に昭和25年度,日本の生後28日未満の総死亡数64.142を死亡の原因別にならべると,下の表のようになります.

  • 文献概要を表示

1.早産児哺育と狹骨盤

 前回では,近代産科学の特色の一つとして,早産児哺育法の進歩を挙げ,その目醒しい歩みについて述べた.分娩時,胎児がある程度未熟,虚弱であつても,充分に哺育出来るということになると,これと結びついて第1に考えられる母体側の問題は狹骨盤であろう.

講座 分娩に関する諸診断法・6

  • 文献概要を表示

 研究的に内診をする場合は特別であるが,助産婦としては通常は必要が起らなければ内診を行わないのが原則である.何故なれば種々の抗生物質や化学療法剤が出来ている今日に於ても伝染の危険が皆無というわけには行かないからである.しかしながら,必要きえあれば消毒をなるべく厳重にして内診することを怠るべきではない.

医学の話題

頭腦と栄養 杉 靖三郞
  • 文献概要を表示

 昔から"馬鹿につける薬はない"などといわれて,薬や食べものでは頭をよくすることは到底できないと考えられていましたが,近年栄養学の進歩につれて,栄養によつて,体位はもちろん,知能もかなり発達させることが認めちれてきました.

 では,頭の働きをよくする為には栄養の上から,どのような注意をはらつたらよいでしようか.

今月の献立

  • 文献概要を表示

 妊娠後半期に入つて体重の増加が少い場合,即ち1週間の増加量が140g以下(1日20g以下)の時は標準より少いとみなして一応注意する必要がある.又逆に1週間の増加量が420g以上もある場合体重増加が多すぎるとみなきれる.今月はこの様な場合の食餌をどうしたらよいか考えてみ度い.

  • 文献概要を表示

 常位胎盤の早期剥離と云えば原因は色々あるけれど一般には,妊娠中毒症による腎炎又は高血圧症による場合が多く,性交によつて起る事は余り考えませんでしたが昨年は2回も続けて起き,その他にも2人出血があり安静を10日間も続けてやつと止り,その間医師の診察を受け注射内服等も行われました.

 今まで早期剥離の頻度を見ますと大正10年から昭和19年まで取扱つた分娩数5000の内,重疾で開腹手術を行い母体だけやつと助けた者3例,自然分娩で母体だけ助かつた者2例自然分娩で母児共に無事であつた者12例,合計17例で此の原因は,重疾の5例は全部中毒症で,軽症の者は色々の原因がありましたがなかなか原因不明なのも2例程あります.或いは性交による場合もあつたかも知れませんが.本人がはつきり申されない事もあつたかも知れません.

読者の頁 感想

  • 文献概要を表示

 正常位の胎盤の早期剥離は,独り助産婦のみならず,私共産科医師にとつても,大きな危険を伴う恐しい分娩異常である.もちろん,この著者の報告第2例のように,激しい症状を起さないで,辛うじて正常分娩に近い経過をとつて無事に経過するものもあるが,ともかくも恐ろしいものである.

 早期剥離の原因は,教科書を読んでみれば,

短歌のまどい

  • 文献概要を表示

 短歌が現実に触発しておこる感動を捉えて,写し出きれた像を永久に止めておく事の出来る短詩型であり,古来よりその表現のあり方は,古いものより新しい形式へと移動していつても,内面的に心に触れあう一つの流れは,いつの時代にも変らず人心に脈搏つています.自己の心の中に,時折おこる,影,寂寥,虚無,近親の者への愛着,友愛意図,反省,世相批判など,心の記懐として止めおく事も,過ぎ去り行く時を惜しみて,後になつてなつかしく憶い浮ぶよすがともなりこの短詩型でうるおい深い生活が生れてくるものといえましよう.

 最近の歌誌より以上の分類の方法で,歌を味うのも又興味があろうかと思い調べてみたものを挙げて見ましょう.

社会の動向

  • 文献概要を表示

 自由党の凋落を以て今度の総選挙は終つた.第2次鳩山内閣が成立し,鳩山ブームといわれた結果は政治約に形を具現することになつた.

 それにしても自由党の惨敗は,数次に及ぶ吉田内閣が民心に倦きられたことをも反映して,国民の審判がここに下つたかの感が深い.政治力は矢張り民心の機微をつかむものでなければ発揮されないし,唯我独尊式の横紙破りではおし切れないことを如実に示したものであつた.民主主義社会を形成する世論の力は自由党に冷厳な批判を与えたのであるが,その要因は自由党の内部にあつた.

漫画

  • 文献概要を表示

 松竹映画「女の一生」が上映されている.この映画には女医が女主人公として登場してくるし,その苦難の一生の間に,人工中絶の問題や診療所のあり方など,考えさせるテーマを包蔵している.そこで一夕関係の先生方にお集りいただいて批評会を開いた.

  • 文献概要を表示

 米国人で一番発達の遅れているもの,或は退化したものは味覚ではないかと思う.つまり,米国の食物は意外にまずいのである.米国でも一流の料理店のものであればうまいという人もある.しかし,それにしてもフランス料理や支那料理のようなこまかい味は,米国の料理には欠けている.尤もある人のフランス通信によると,巴里のレストランでは昼はフランス風調味料理を出し,夜は米国人のために,米国風の料理を出すことにしている処があるというのであるから,米国人には米国式の調味が案外合うのかもしれない.この辺の事情については,私はまだよく解決しない疑問がある.

 米国の料理がまずい一つの理由は冷凍食品のせいだとされている.米国の都市家庭の料理法は日本と大分違つて来ている.米国には今や缶詰・冷凍食品の時代が来ている.豆を例にとつてみるに,日本では生の豆を買つて来て長い時間かかつて煮てたべる.米国人には豆の煮えるのを気長に待つという忍耐心はないし,又その必要はない.煮た豆は缶詰又は冷凍食品として売り出されておりいずれかを買つて来る.缶詰は日本でもそれ程珍しくはないが,冷凍の方はまだ日本にはない.よく煮てやわらかくなつたグリンピースが,人参などと一緒に四角に氷らせてある.これを買い求めて来て鍋に入れて煮れば,やがて氷はとけ,煮沸するに至る.かくしてものの10分もたたぬ間に食膳に供し得られる.残つた分は冷蔵庫に入れて保存する.

幕間
  • 文献概要を表示

 「勧進帳」,「切ちれ与三」とたてつづけに二幕観賞していただいたので読者もいささかお疲れになつたことであろうから,今日は誌上歌舞伎もお休みをいただいて幕間(マクアイ)としよう.庶民の唯一の社交場として利用された昔の幕間,お見合いの場所として専ら利用された歌舞伎座の廊下は暫くおくとして歌舞伎見物に幕間の雰囲気はなくてならないもののひとつである.残念ながら誌上ではこの時間を利用してお茶やお食事を差上げるわけにも行かないから,この機会に劇場の中をゆつくりと見物していただくことにしましよう.

  • 文献概要を表示

 お産は新生命である胎児の生まれ出る現象であるから,目出たいものとして,祝福されるが,一方においては穢れとして,忌まれていることも忘れることができない.

 然らばなぜ子宝の生れ出るお産がかくも不浄なものであるかと云うとこれには異論があるが要するに月経を不浄として,これを忌んだ習慣が共の原因となつたものであろうと思う.

洋裁講座 渡辺 冨久乃
  • 文献概要を表示

 一年中を通じて,一番気持のよい気候になりました.これからは一枚一枚と身軽になります.軽ろやかな服装で,毎日楽しくお働き下さいませ.今月は春らしいブラウスをえらびました.授乳用と申しましても,あまり実用一点ばりでは,あじわいがございません.多少は夢を盛り込んで製作する事が,のぞましいとおもいます.

基本情報

00471836.7.4.jpg
助産婦雑誌
7巻4号 (1955年4月)
電子版ISSN:2188-6180 印刷版ISSN:0047-1836 医学書院

継続誌

文献閲覧数ランキング(
7月27日~8月2日
)