保健師ジャーナル 77巻6号 (2021年6月)

特集 COVID-19対策における保健所保健師の活動—第9回日本公衆衛生看護学会特別企画

  • 文献概要を表示

2020(令和2)年1月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最初の国内患者が発生してから1年以上が経過した。未だ感染拡大に収束が見えない中,多くの保健師が対応に従事している。そのような中,2021(令和3)1月に開催された第9回日本公衆衛生看護学会学術集会では,特別企画「新型コロナウイルス感染症対策をめぐる保健師の活動」において,4名の演者が保健所保健師としての活動を発表し,参加者と共有する貴重な機会となった。

本号ではその内容を基に,保健所における実践を報告していただく。

  • 文献概要を表示

COVID-19対策に関する保健師の実践は多岐にわたる。その中でも病院でのクラスター発生時の対応を振り返り,地域づくりの視点から,保健所と医療機関等との新たな連携・協働と,それを支える保健師の役割を考える。

  • 文献概要を表示

保健所では,COVID-19対応業務が増大する中でも,保健師の人材育成育への取り組みを続けている。東京都南多摩保健所における実践を中心に,感染症対策における公衆衛生看護の専門性を踏まえた,保健師の人材育成の実際を紹介する。

  • 文献概要を表示

今回の東京都多摩小平保健所におけるCOVID-19の対応では,平時には感染症対策担当以外の業務を担っている地域保健担当の保健師も応援業務に当たった。その一端を報告するとともに,活動の中で保健師が抱えたジレンマや,今後の保健師活動の一考を述べる。

  • 文献概要を表示

COVID-19の拡大に伴い,各地で高齢者福祉施設のクラスターが発生し,利用者や職員への対応が課題となった。江別保健所ではそうした状況に際し,地域での医療・福祉サービスの提供を継続するために,保健師が中心となり支援を行った。その経過を紹介する。

  • 文献概要を表示

はじめに

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大とともに,保健所に大きな業務負荷が発生することが課題となっており,「新型コロナウイルス感染症に関する今後の取組」(2020〔令和2〕年8月28日,新型コロナウイルス感染症対策本部決定)においては,さらなる保健所体制の体制整備が求められています(図)。

 厚生労働省では,新型コロナウイルス感染症に係る保健所等の体制強化の取り組みとして,2020年度は表1のような取り組みをしてきました。本稿では,特に「保健所に係る『新型コロナウイルス感染症に関する今後の取組』について」(2020年9月25日,健健発0925第1号,健感発0925第1号,総財調第25号)で示された取り組みを中心にご紹介します。

  • 文献概要を表示

2020年度新型コロナウイルス感染症における保健師活動調査について

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への保健師の対応は1年以上という長期間になり,今も感染拡大はなかなか落ち着く見通しが持てない状況が続いています。特に保健所の保健師は,COVID-19対応の最前線として連日対応に追われている他,直接的な感染症対応だけでない業務でも大きな影響を受ける中で活動をしています。

 そこで全国保健師長会では,2020(令和2)年9月に,全国の保健師の担っている役割や抱えている課題を把握し,今後行うべき取り組みの参考とすることを目的に,「新型コロナウイルス感染症における保健師活動調査」(2020年度全国保健師長会調査研究事業,分担事業者:山田祐子)を実施しました。以下ではその概要を報告します。

  • 文献概要を表示

富良野市の概要

 富良野市(図1)は,北海道の中央部に位置しています。人口2万1053人(2021〔令和3〕年1月現在)で,高齢者人口は7091人,高齢化率は33.7%です。面積は600.71km2で,農業と観光が盛んです。住民は市街地に多く居住し,周辺山間部では住居がぽつぽつと点在しているのが特徴です。

 

北海道富良野市では,介護予防事業の取り組みの一つとして,ふまねっと運動を行っている。ふまねっと運動は,地面に約50cm四方の枠が連続する網を敷き,この網の上を踏まないように歩行するものである。また,住民が自らが指導者となって参加者への指導を行うなど,住民主体の活動であることも特徴である。

  • 文献概要を表示

はじめに

児童相談所の設置と児童虐待相談対応件数

 児童相談所は,1947(昭和22)年公布の児童福祉法1)において都道府県(指定都市を含む)に設置義務が課された。児童相談所運営指針(以下,運営指針)2)によると,児童相談所の設置目的は,「子どもに関する家庭その他からの相談に応じ,子どもが有する問題または子どもの真のニーズ,子どもの置かれた環境の状況等を的確に捉え,個々の子どもや家庭に適切な援助を行い,もって子どもの福祉を図る」とされ,その目的達成のために「児童家庭福祉に関する高い専門性を有していること」が基本的条件の一つと示されている。

 全国の都道府県および政令指定都市における児童相談所は,2020(令和2)年7月現在220カ所あり,大阪府内では政令市である大阪市に2カ所,堺市に1カ所,それ以外に大阪府児童相談所(以下,府児相)として6カ所が設置されている3)。府児相6カ所の管内市町村数は41,2020年1月現在の管内人口は約528万人,0〜19歳人口は約92万人で府内の62%を占めている。

 2019(令和元)年度の児童虐待相談対応件数は,全国19万3780件,うち府児相1万5753件4)であり,大阪市,堺市を除いた府児相管轄の児童虐待相談対応件数は,例年全国2〜3位の多さである。2019年度の府児相1カ所あたりの年間相談対応件数は,1800件から3300件であった。

連載 「おも★けん!」新任期でもできる!おもしろ健康教育のつくり方・12

  • 文献概要を表示

アイスブレイクとは?

 アイスブレイクは,直訳すると「氷を砕く」という意味です。つまり,研修会や会議などでの緊張感や堅苦しい空気を氷(アイス)に例え,それを壊す(ブレイク)活動を指します。

 集団健康教育では,お互いに面識のない参加者が集まっている場合も多いので,場の空気が張り詰めている感じを受けることがあります。知っている人同士だったとしても,いつもと違う状況や環境では,なんとなく緊張してしまうものです。アイスブレイクによって,こうした硬い雰囲気をほぐし,共に学ぶ仲間としての関係に導くことで,学ぶための準備が整い,健康教育への興味ややる気を高められます。

連載 行動変容を導く ナッジの利いた保健活動・6

  • 文献概要を表示

はじめに

 第5回では,ナッジ実践の枠組みであるEASTの中の「E」,つまり「Easy(簡単に)」を紹介しました。

 ごちゃごちゃと大量の情報が詰め込まれたものよりも,シンプルな内容の方が心に響く,というのは感覚的には理解しやすいと思います。しかし,実際に健康情報を提供しようとすると,「あれも大事,これも大事」といろいろと盛り込みたくなってしまうものです。Easyのナッジを利かせるには,3つのポイントがあります。

 1つ目は,「デフォルト機能を活用する」です。選択してほしい行動をデフォルト(初期状態)に設定することで,それが選ばれやすくなります。

 2つ目は,「面倒な要因を減少させる」です。行動の過程にある面倒くささを取り除き,労力を最小限にすることとで,「行動してもいいかな」という気持ちが高まります。3つ目は,「メッセージを単純化する」です。行動を細分化した上で,それぞれの動作をターゲットにした明確なメッセージを送ると,相手は行動の道筋が立てやすくなります。

第6回の達成目標

 第6回は,EASTの中の「A」,すなわち「Attractive(印象的に)」を取り上げ,以下を達成目標とします。

❶「Attractive」活用のためのポイントを理解する

❷保健活動における「Attractive」活用の具体的なイメージを持つ

連載 あるある事例で考える 保健師のための倫理 知れば広がる個人情報利活用と学会発表・6

  • 文献概要を表示

 企業や健診機関など,産業保健の現場でも多くの保健師が活動している。産業保健師としての日々の活動を,収集した健診データを使って分析し,研究成果として学会発表や学術誌への投稿などで公表する保健師も増えている。今回は,産業保健分野での健康情報の管理と研究への利用についての事例を紹介する。

連載 新・健康格差社会 どこまで解明・対策は進んだか・2

  • 文献概要を表示

ライフコースの影響

健康格差の改善に一世代掛かる理由

 WHOの「健康の社会的決定要因に関する委員会」最終報告書1)のタイトルは,「一世代のうちに格差をなくそう:健康の社会的決定要因に対する取り組みを通じた健康の公平性」である。一世代と言えば,30年前後である。ずいぶんと長期の話だと感じるかもしれない。しかし,ライフコースの影響の大きさを知ると,それが長期でも,大げさでもないことが分かる。

連載 保健活動の現場を変えるEBPH エビデンスの探し方と活用の仕方・6【最終回】

  • 文献概要を表示

実装研究との出会い

 著者がImplementation Research(以下,実装研究)と出会ったのは,大学院博士課程のDNP(Doctor of Nurse Practice:看護実践者のための博士の学位)コースでの学修の講座だった。この研究方法を知り,一般的な研究方法との違いに驚き衝撃を受けた。そして,自らの計画したプロジェクトを実装研究で実施したことにより,実装研究の意義と今後の可能性を深く感じることとなった。

 最終回となる今回は,エビデンスを保健活動に生かすEBPH(Evidence Based Public Health)実践者のための方法論として,「実装研究」について解説するとともに,実際の論文を例に参照の仕方を紹介する。

--------------------

目次

バックナンバー一覧

今月の3冊プラス1

次号予告・編集後記

基本情報

13488333.77.6.jpg
保健師ジャーナル
77巻6号 (2021年6月)
電子版ISSN:1882-1413 印刷版ISSN:1348-8333 医学書院

前身誌

文献閲覧数ランキング(
9月13日~9月19日
)