看護教育 10巻7号 (1969年7月)

教育の時代

生きた学校 真野 宮雄
  • 文献概要を表示

 うすよごれた小屋の中にみすぼらしい服装をした,一人の年老いたおかみさんが住んでいる。

 われわれは彼女を学校おばさん(女教師)と名づけた。

  • 文献概要を表示

やりがいのある仕事として選ぶ

 本誌 きょうは「看護学院に入学して」というテーマでお話していただくわけですけれども,次代の看護をになう皆さん方を教育していく先生方としては,新しく看護学校に入ってこられた皆さんが,はたしてどんな考えなり,志向なりをもって学院に臨まれてきたのか,そのへんがぜひ知りたいところだろうというふうに思いまして,お話し合いしていただくことになったわけです。

 まず最初にどうして看護学校に入って来られたのか,志望の動機ですね。それをお話しいただきたいと思います。

  • 文献概要を表示

 現代女子青年は,何を,どのように考えているのかを,広い視野から分析・解説したものがこのてい談である。

  • 文献概要を表示

 厚生省看護教員養成講習会では、教育内容の一環としてレクリエーション指導をとり上げている。5月22日からの3日間、YWCAの浦田伸子先生指導のもとに、山中湖て教育キャンプを行なった。日程の計画、運営などは全て受講生たちの手で作られ、お国自慢、ハイキング、キャンプファイア、野外炊飯などが盛り込まれている。受講生たちはそれぞれか看護教育のいしずえとなることを誓ってキャンプを終えた。

——

  • 文献概要を表示

 厚生省看護教員養成講習会で行なわれた,教育キャンプのレクリエーション指導講義の内容をまとめたものがこの論稿である。

  • 文献概要を表示

 山中湖の教育キャンプは,どのように企画され,運営されたか。実際に計画を立案し実施した人たちのまとめた記録である。

らいぶらりい 研究者のための文献学・4

  • 文献概要を表示

幅広い読書の習慣を

 私たちは,本を読むということを覚えてから死ぬまでに,いったいどれほどの本を読むことができるだろうか。どんなに読書家といわれる人であっても,短い一生の間に読める本の数は,そのおびただしい数のほんの一部分にすぎないであろう。

 私はときどき,自分の本の読み方を“必要悪”と考えることがある。ということは,数多く読んだもののなかから必要に応じて,必要なものをひきだしてゆくというのではなく,自分の仕事,その他に必要と思われる本だけを,あるいは部分だけを選びだして読む傾向に気がついたからである。必要にせまられて読むときにも,もっと異なったみかたのものを多く読んでおくべきだったと思うことがしばしばある。そのような貧しい本の読み方を,つい時間がない,忙しいということに結びつけ,自分を甘やかしたがるのに気づいて苦い思いをするのである。

連載 看護史・ナイチンゲールに関する単行書・10

邦文看護史書(4) 長門谷 洋治
  • 文献概要を表示

〔B-19〕グラディス・セリュー,C. J. ヌエッセ:看護史,東京,極東学芸通信出版社,昭和24年

 昭和24年,わが国の看護界はその前年に制定された保健婦助産婦看護婦法に対する希望と不安がうずまくなかに,国際看護協会への再加入が行なわれるなど大きな展開をみせつつあった。看護史についての関心もようやく高まってきたのか,同年5月には井上なつゑ氏の『看護史』〔B-9〕,6月には中里龍瑛氏の『日本看護史』〔B-2〕があいついで公表された。ただしこれらはともに教科書として編されたもので,そのうえ1冊の本として独立したものでない。ところがこれらに先立つ同年2月『看護史』と題する堂々たる一書が市販された。これがここで述べようとするセリュー・ヌエッセ両氏の翻訳書である。

 本書はその後再版されているところをみてもかなり読まれたようである。A5判,571ページの大冊で,図・写真74を入れる。索引もあり,初版時の定価は330円。巻頭に原著のタイトルページが示されているが,これによれば原題は『AHistory of Nursing』で1946年(昭和24年)の出版。著者はGladys Sellew,C. J. Nusseの両人で,前者はセントキャサリン大学(ミネソタ州,セントポール)看護学科長,後者はアメリカ・カトリック大学(ワシントン)社会学科教授で,前者は看護婦である。出版社はモスビイ社(The C. V. Mosby Comp.)。

連載 社会思想史の旅・9

  • 文献概要を表示

政治的自由主義の成立

 心の習慣あるいはムードとしての自由の要求は近代以前にも存在し,すでにみたように,イギリスの市民革命における各党派はそれぞれの立場から「自由」を主張した。専制君主チャールズ1世さえ,死刑を宣告された法廷で,「わたしはすべての臣民の真の自由のために弁じたのである」と語っている。だが,「自由主義の観念は,歴史的に,財産の所有と不可避的に関連をもっている。それが奉仕する目的は,っねに,このような地位にあるひとびとの目的である」(ラスキ)と指摘されるように,自由主義は,チャールズの王政に代わって「自由な共和国」の支配の座にっいた市民階級のイデオロギーとして,彼らの要求を合理化する役割を果し,この階級の成長に対応しながら,自由主義の内容も発展していくことになる。われわれはまず,政治的自由主義の確立者ジョン・ロックの母校,オックスフォード大学を訪ねてみよう。

 ロンドンから汽車で2時間ほどで,中世以来の大学都市オックスフォードに着く。散在する30のカレッジを中心に構成されているこの街の中心に位置するカーファックスの塔か,あるいは市街を貫通するハイ・ストリートに面したセント・メアリ教会の屋上から眺めると,中世の修道院を想わせるような古びた石造りの建物と,緑の芝生が織りなす美しい景観が展望できる。

教育月評

南太平洋の船旅・その1 村松 喬
  • 文献概要を表示

 3月のはじめから4月のはじめにかけて1か月余り,私は南太平洋洋上大学という企画の講師の役で,香港からシドニー,オークランド(ニュージーランド),トンガ王国,ハワイ,とひと回りして来て,いろいろ感じることがあった。今回はそのことを書いてみたいと思う。

教育技術ゼミ

罰による教育(1) 沼野 一男
  • 文献概要を表示

 ティーチング・マシンやプログラム学習という新しい教育の方法を提唱したB. F. スキナーは,その理論的根拠として強化による行為の変容ということを考えていた。このことは,別のもっと通俗的な言葉でいえば,「賞による教育」ということである。いつでも学生が正しい行動ができるように,教育する側であらかじめ慎重なプログラムを作っておき,それにしたがって学生が正しい行動を行なった場合に,それに賞を与える。そしてそれによって,その正しい行動を習慣化させようというのである。

 このスキナーの提唱は,人間の長い教育の歴史のうえで,ある意味では画期的なことであった。人間の教育(動物の教育も)は長い間,賞によってではなく,罰によって行なわれてきたからである。もちろん,賞による教育ということを提唱した人は,スキナー以前にもないわけではない。しかし,それを現実に可能にする手段や方法を持って,強く主張した人は,スキナー以前にはなかったといってよいであろう。

教養講座・文化人類学・8

未開社会の組織と構造 高橋 統一
  • 文献概要を表示

19.社会組織と社会構造

 人間以外の動物においては,個体としての単独の生存能力があっても,「群れ」としての集団生活を営むのが普通であり,この意味で動物もそれなりの社会を構成している。そして昆虫や鳥類の中には,かなり複雑な集団生活を営むものがあることは,生物生態学や生物社会学が明らかにしている。またヒトに最も近いサルや類人猿社会については,その社会構成の一端を先に15章で触れた。しかしこれらの社会があるていど複雑であり,人間社会に近似している面が部分的にあったとしても,それらは人間の社会組織の複雑さには到底及ばず,質的に全く異なるといわざるを得ない。どんなに原始的な未開社会でも,人間社会に固有な集団結合の諸原理があり,それは高度な現代文明社会にも基本的に相通じている。この意味で未開民族の社会組織の調査研究はきわめて重要なのである。

 社会の構成要素=単位は個人であるが,個人はさまざまの仕方で種々の集団に帰属する。この集団帰属の仕方,換言すれば集団結合の成立の契機が社会構成を秩序づける。つまり個人によって集団が形成され,それらの集団の諸関係によって社会が構成されるからである。かくて集団形成のあり方(グルーピング・システム)が社会組織(ソーシャル・オーガニゼーション)を方向づける。

  • 文献概要を表示

I 動機

 最近,思春期の性教育というような言葉をよく耳にします。また,一般マスコミなどでも性の問題がとりあげられ,かつては思いもよらなかったほど,月経の問題も解放的なとりあげ方をされています。

 女性の性,とりわけ,その入門でもある月経について,各方面より考えてみたいと思います。それによって,月経について,どう思い,どう処理されているかを知り,わたくしたちの日常生活に,また新カリキュラムにそった学生教育の参考に,あるいは養護教諭として活躍される方がたへの参考になるのではないかと思い,本調査をとりまとめてみました。

基本情報

00471895.10.7.jpg
看護教育
10巻7号 (1969年7月)
電子版ISSN:1882-1391 印刷版ISSN:0047-1895 医学書院

文献閲覧数ランキング(
7月27日~8月2日
)