保健婦雑誌 9巻1号 (1955年1月)

附録 保健婦事業の実際・1

  • 文献概要を表示

事例の為に,その家族の為に,地域社会の為に,何をしなければならないか.どのようにすればよいか.

口絵

  • 文献概要を表示

 乳幼児の健康相談日を,フランネルグラフの日にきめました.いそがしいお母さんのことを考えて,この日のちよつとの待ち時間を有効に使つています.離乳,栄養……育児のことがらなどを,それぞれの項目毎に,やさしく説明して,質問をうけながら指導しています.

 材料黒いビロード.画用紙鉛筆.絵筆.ポスターカラー.パレツト.筆洗.ハサミ.のり.ニス.

今月の言葉

しんせつは上手に
  • 文献概要を表示

 "ごしんせつありがとうございます"とはお互いよく使う言葉でありますが,本当にしんせつにしたり,されたりという経験は,この言葉を使う程にはないのではないでしようか.口でいうしんせつや,儀礼的な贈答のしんせつではそして何でもないことでも,其の人の心から出たことで,行動の上にあらわれた具体性のあるしんせつということですが,仲々いざとなると出来にくいものです.

 外国との交通が盛になり沢山のお客樣を送つたり迎えたり,国際親善も忙しくなつて来たこの頃では,飛行場のゆききだけでも仲々一仕事になります.そうでなくても一つのきまつた仕事をもつている私共は,それ丈余分になるためのことにいつもいい顔でばかり接しられないなやみももつています.それに自分でしなければ,しんせつでないみたいな考えも伴つているようですが,それはそうでないことを知る機会をもちました.はじめて送つた全然しらない人とても,直接紹介してもらつた人でなくても,充分たのしい時をすごすごとが出来るものです.自分自ら時間を都合することの出来る場合に,自分の友人や知人を,直接お客さまのところにおくつて先樣同志で好きなようにプランしてもらう.それでもお客樣をもてなす礼は少しも失していないわけです.旅行先きでの或日曜日,一緒に郊外にドライヴする予定だつた私の直接の友人は,急に都合がつかなくなつて從姉という人が其の友達と二人で訪ねて来て,三人で遊びにいつたことがあります.

  • 文献概要を表示

1.はじめに

 結核というような狹い範囲の事柄についても専門がいくつにも分れてしまつていることは困つたことといわなくてはなりません,予防の專門家,内科的治療の專門家,外科療法の專門家,集団検診の專門家というようにこまかく分れてしまうと患者が十分な連絡もなしに唯ボールのように手から手にわたされて行くことになり一つの統一した見方,扱い方をされないために多くの不都合な事態が生じているように思います.

 何といつても結核という病気は長い病気なのです.そして再発の多い病気です.従つて,安全に社会にかえつて一人立ちで仂くことが出来るという見きわめがつくまで目をはなすことの出来ない厄介な病気なのです.現在の多くの医者が結核を局部的にしか見ていないとしたらその欠陥を補う役割の少くとも一端を引きうけねばならないのは保健婦でしよう.医者は肺切除術を行つたらもう治療が終つたとして患者をほうり出すことが出来るかもしれません.しかし保健婦は家庭と職場のただ中に患者をそして回復者を見つめざるを得ない立場に置かれています.ことにベツト不足のために入退所問題がやかましくなり狹い意味での医療を終えた患者たちが比較的早期に家庭に帰される風潮が一般的になるとこの意味での保健婦の任務が益々重要性をますことでしよう.

  • 文献概要を表示

 説得 人々がそれぞれ「価値あり」と思うことは,前号に述べたように,厳密にみれば各人各樣であり,同じ物,同じ事柄でも,それと各人との両者を含む状況の中で,関係しているその関係の在り方によつて,なかんづく各人の内部にある評価体系,知識体系のありかたによつて,すなわち(それは人々のもつ環境・経歴によつて形成されてきたものであるから,その)各人の環境・経歴のありかたによつて,人は,さまざまな「価値づけ」の仕方をするものである.

 社会生活をすることによつて生きてゆく人間は,しかし,自分が「価値あり」とするることを,そのまま他の人々にも「価値あり」と承認させて,同意のうちに安定を見出そうとするものである.「説得」は,その際,自分の信ずるところの「価値あるものを,他の人々にも「価値あるもの」として内心から承認させることを目標とする合理的行動である.

児童心理(1) 小林 さえ子
  • 文献概要を表示

はじめに

 一般に,動物は高等であればあるほど,生れたばかりの時は無力であり,一人前になるまでには長い幼兒期を要するといわれています.人間はその極端なばあいです.多くの哺乳類の全生涯をもこえるような,長い兒童期・青年期を保育され教育されなければ,大人にはなれません.この成人になるまでの発達は,いま少しくわしくいえば,新生兒期・乳兒期・幼兒期・兒童期(狹義の)・青年期などの時期に区分されます.そして,それらのどの時期にも他とちがう特有の身体および精神の発達がみられるのです.健全な人間に成人するためには,その前のいろいろな時期に,順調な発達と充分な生活がとげられていなければなりません.いつも,一つの時期の完成が次の時期の発達の基礎になつているからです.たとえば,乳兒期には乳兒らしい生活を充分もつことが,やがて,健全な幼兒や青年を將来に約束するものといえましよう.

 "三つ兒のたましい百まで"とか,"ゆりかごの中でおぼえたことは,墓場まではこばれる"とかいうことわざがあります.これらは,ごく幼い頃の生活や精神状態などが,後年まで,時には人生の終りまで強い影響をのこすという事実を物語つています.

  • 文献概要を表示

はじめに

 結核のアフターケアは,結核の治癒判定が困難な現在では,一生を通じて行わなれけばならない.即ちその対象患者には,歩行,作業療法を開始したばかりの人から健康人と殆んど変らない生活を営んでいる人までをも含み,患者の社会的,経済的立場も異り極めて広範なものである.その施設も多数であるが,日本には極めて少く,多くの患者はその恩惠に浴していない.

 結核患者の歩むアフターケアの経路は多樣であるが,我々は現在東京遞信病院静心園において郵政職員を対象として原職に復帰し得る患者に作業療法を実施しているので,以下作業療法と社会復帰後の患者の指導について述べてみたい.

  • 文献概要を表示

1.近視予防について

 近視予防の問題としては,数多くあるが,それぞれの学校に於て取りあげ易い下記のような問題を選んで調査研究したものをまとめたものでこれは完成されたものでなく,今後調査を進める上に,いくらかの手がかりを得たというに過ぎない.

1.近視の増加と教室の照度との関係

  • 文献概要を表示

 何の統計をとるにしても,性別とか年令別に分けて観察するという事は,勿論皆さんは御存知だと思うが今回は,性別に統計を取るという事の意義をじつくりと考えて見たいと思う.

 男と女--考えて見ると,同じ人間でありながら,何という不可思議な区別が出来たものであろうか.体の構造も,生理機能も大きく異つている.社会的な生活には,それにも増した差異がある.女らしい服裝,女らしい嗜好,女らしい食習慣,それらをひつくるめた女らしい生活と男のそれとは夫々全然異つているのである.しかし,一方において,極めて緊密な共通点も多い.何といつでも同じ人間であつて男女の差は人間とゴリラとの差よりは,小さいに違いない.この相違性と共通性,それが,これから研究して行く,色々な統計にどのような姿で反映して行くか,それが,今回の話の主題なのである.

映画紹介

高校三年—TERZA LICEO
  • 文献概要を表示

あらすじ

 ローマの或る高等学校,男女共学である.始業式を終つて,この3年C組にいよいよ高校最後の仕上げの授業が始まる.

 このクラスにもやはり色々なタイプの生徒がいる.ある者は陽気で茶目ツ気があり,ある者は臆病で元気がない.家庭に貧富の差はあつても,生徒たちの間は平等で屈詫がない.もはや彼等は初恋や最初の接吻,精神的な動搖や悲哀を経験する年頃である。

音樂講座

シユーベルトの冬の旅 山本 金雄
  • 文献概要を表示

明けましておめでとうございます

 本年も新しい気分で音楽のお話をしてまいります.

 先ず今月はシユーベルトの最大傑作歌曲集「冬の旅」についてお話致します.シユーベルト生誕158年目に当りますが,現在に至る迄歌曲といえばシユーベルトを除く事が出来ない位重要なポイントをしめております.

職場報告

  • 文献概要を表示

 高知県の保健婦事業が駐在制をとつたのは昭和23年12月からであります.当時56名の保健婦を1市169カ町村人口87万人を山間僻地では2〜3カ町村平坦地においては5〜6カ町村受持つた訳でありますが高知県は御承知の樣に山又山でその上山の中腹といわず頂上を間わず三々五々人家がある爲に広範な地区を受持つた保健婦は家庭訪問に健康相談に或は衞生教育に東奔西走其の労苦は筆舌に盡されないものがありました。

 それ迄の本県の保健婦は保健所々内に勤務し適正な配置が行われていないし,又保健婦としても保健所内において婦長の下に仂いていた爲急に1人立ちをしなくてはならなくなり,町村の保健婦はどう在るべきかという点についての自信のなくなつた事も確でありました.

街の話題

フランス美術展 峯 三太郞
  • 文献概要を表示

「いよう……しばらく.生きていたかい?」

「チエツ,ひどい言い方だね.……まあ生きていたよ……ところで大分評判だがフランス美術展に行つたかい?」

  • 文献概要を表示

 医学や看護学の用語集は從来もないわけではない.しかしながら,それらはナースの業務などの実際に密着して,日常の要求をよく知つている者によつて執筆されることが少なかつたといえよう.したがつて,ナースにとつて本当にかゆいところに手のとどくといつたような本が乏しいことが嘆かれてきたのが実情である.ナーセス・ライブラリーの一書として出された杉靖三郞博土の「医学用語集」が短時日の間に版を重ね,今だにナースの間に多くの利用者を得ているのは,実際にそれが役立つように手軽に用いることが出来るように工夫されていたからである.

 今度やはりナーセス・ライブラリのなかで出た「医学看護学用語」は広尾病院の酒井哲也博士らの共同作業によつてでき上つたものであり,上述の本よりも更に收載用語も多く,かつはつきりと,日英独対照をうたつているところに特色がある.この本の性格は,この本のなりたちを考えれば,それでつくされるともいうことができ,それは,この本の序文にのせられた原素行病院長のことばによつて十二分に察することができる.

--------------------

  • 文献概要を表示

応募作品200余点にひろうナースの生態

お母さんクラブ 東京都中野保健所
  • 文献概要を表示

 「中野区お母さんクラブ」は東京都中野保健所の「赤ちやんクラス」(離乳期の乳兒をもつ母親の育兒指導グループ,昭和27年2月発足,現在までに44クラス726名の終了者を出している)と「母親学級」(妊婦指導グループ,昭和27年2月発足,27クラス,207名が終了している)の終了者が中心となつて作つた.育兒とこれを通じて地域の保健衞生の向上をはかるためのお母さんの会である.

 現在の会員は約1000名,乳幼兒の身体精神の発育を中心に,家庭栄養等の講習会や育兒のための講演会等を開催し,また機関紙を発行する等,会員や地区内の母親に対する啓蒙活動に努めている.

みんな幸せに 宮 一枝
  • 文献概要を表示

 主人の発病は昭和24年6月でした.それから1年間は保健所へ気胸に通つておりました.翌年夏入院して,つい最近退院するまで5年間の鬪病生活でした.私は25年2月流行したイタリヤ風邪とかで1週間ほど29.5℃の熱が続き主人とマクラを並べたその頃,写眞で初めて陰があるといわれましたけれど別に何の治療もせず時々レ写眞を撮るだけで去る4日入莊するまで健康人並の生活をしておりました.25年5月には全国的なあの首切の大嵐で,私は子供を脊負つて社宅の奧さん達とよく団体交渉の応援に出かけたり,寢ている主人もずい分,気をもんだものでした.その頃主人はカツ血,退職金をあてにして入院したのでした.子供を近所に頼み自転車で病院通い自覚症状がないので自分の病気等忘れている時の方が多かつた樣です.生活保護を受ける樣になつてからは子供達を保育所にお願いして内職も次々にやつて見ました.主人発病当時長男は2才,次女がやつと8カ月でどちらもせわしく長女はすでに前年亡くしましたが今思えば結婚以来あわただしく過してしまいました.不幸中の幸は私の病状が比較的動かなかつたことと,私が明るい性格のせいか子供達も暗いかげもなく育つてくれたことでした.それと私は自分を信じ夫を信じ人の善意を信じ,早く両親に死なれ結婚まで親戚で過した私に常に多くの人達の温い心ずかいのお蔭で,大がいのことは苦労とも思わず暮せたことでした.

公衆衛生の動き
  • 文献概要を表示

(1)

 11月5日全国精神衞生大会が開かれた.これは昨年の第1回大会に続いて行われたもので,特にこの大会では,先に厚生省が行つた精神衞生の実態調査の中間報告が厚生省の山口公衆衞生局長から発表されて注目をあびた.

 これは全国から100地区を任意抽出し,4.895世帶,23.993人について行われたものであるが,これから全国の状態を推定すると,精神障害者約130万人,うち精神病45万人,精神薄弱58万人,その他28万人となつている.

世界の波 末松 満
  • 文献概要を表示

 サンタクロースのおじいさんのごとくアメリカからどつさりプレゼントを持つて来たような顔をしているのが,吉田首相だが,袋の中の正体はほんとに日本国民が喜びの声をあげるに足るものだろうか.

 貧乏な日本とはケタちがいに,アメリカには品物があり余つていることは御承知のとおりだが,中でも農産物は豊年満作である.例えば小麥だが年に7億ブシエル(1ブシエルは2斗)もとれればアメリカ国民がパンをたらふく食えるのに近頃は毎年12億ブシエル近くもとれ,いまや9億ブシエル以上が政府の手で買上げられ余剰農産物として持てあまされている.

  • 文献概要を表示

 うめぼし

朝ごはんのときかあちやんがうめぼしを,だしたぼくはうめぼしを,たべないでじつと,見ていた「としあき,どうしたの」と,かあちやんがいつた「おら,うめぼし,いやだ」といつたらかあちやんの目からなみだがでたぼくは,すぐ「うめぼしでいい」といつた

基本情報

00471844.9.1.jpg
保健婦雑誌
9巻1号 (1955年1月)
電子版ISSN:2185-4041 印刷版ISSN:0047-1844 医学書院

文献閲覧数ランキング(
1月4日~1月10日
)