臨床婦人科産科 24巻6号 (1970年6月)

  • 文献概要を表示

 Culdoscopyによる写真撮影法は,子宮・卵管・卵巣・腹膜・腸管等の表面構造ならびにその相互関係を視診する方法であり,子宮卵管造影法は頸管,子宮腔,卵管腔等の内部構造特に卵管通過性を判定する方法である。

 Culdoscopyのばあいは,後腟円蓋部から鏡を入れるのであるが,患者の姿勢は胸膝位とし,套管針付套管をダグラス窩内に入れてから,套管針を抜くと,空気は腹腔陰圧によつて,十分の視野が得られる。もし視診し難い時には,更に陽圧によつて空気を注入するとよい。

  • 文献概要を表示

はじめに

 射精された男性の精液は腟内において初めて腟内容と頸管粘液に接触する。この精液の中の精子通過路である,排卵時期の腟内容および頸管粘液に,化学的,物理的,器質的な異常があれば,特に精液検査の結果,精液の性状が標準以下の場合は重要な不妊の原因となることは論をまたない。したがつて,比較的に検査としても簡単に行ない,診断もつけ易い不妊症の診断法として,腟内容および頸管粘液の異常の有無は最小限に必ず行なわねばならぬ検査である。腟内容と頸管粘液は表裏一体で密接な関係があるが,腟内容および頸管粘液の異常2つに分けて述べる。

  • 文献概要を表示

はじめに

 着床の機序については,今日,なお,多くの末解決の問題が残されており,とくに,人胞胚の着床機構は,全く解明されていないといつても過言ではない。したがつて,着床障害または着床不全の病態生理の理解も,人以外の哺乳類での実験的な背景から,それを類推しているにすぎない。

 臨床的には,従来より,黄体機能不全症が,広義の着床不全として理解され,その病態についても多くの報告がなされ,最近,その診断上での問題についても論議されてきている。しかし,着床不全の原因が,黄体機能の不全にのみ限局されないことは,最近の生殖生物学の進歩によつて明白にされており,性細胞の成熟過程の異常に始まり,精子または卵子の老化,受精の異常,胞胚と子宮内膜相関の破たん等,基礎的には,多くの問題が着床不全の原因として提起されてきており,機能性不妊の中でも,とくに重要な意義を有するものとして注目されてきている。

卵管通水法・卵管通気法 山田 文夫
  • 文献概要を表示

緒言

 不妊因子としての卵管異常の意義は大きく,不妊婦人の臨床診断で,卵管性因子が指摘される場合は,10〜50%程度とされ,さらに,卵管閉鎖率をみると,化学療法の進歩普及した今日でさえなお30〜40%の頻度を示し,川口も不妊婦人261例中38.7%に両側卵管閉鎖を認めている。さらに,林は独自の因子分類を行ない,卵管に関連性ある第1,第3〜第4受精態勢の異常は不妊婦人ではそれぞれ11.7%,56.4%であるとのべ,さらに多くの内外文献はいずれも不妊に関する卵管因子の主要性を唱えている。したがつて,これが異常の診断も種々考究され,卵管通水法,卵管通気法,卵管造影法,卵管通色素法のほかクルドスコープによる法,さらに,また,わが教室で開発された,アイソトープを応用したRadiotubationなどが行なわれている。本稿では,上記のうち比較的手技,装置が簡単で比較的副作用もすくないといわれる通水法,通気法の実際について概説を試みる次第である。

卵巣機能の異常と不妊 橋口 精範
  • 文献概要を表示

まえがき

 妊娠の成立にあたつては,先ず卵巣から排出された成熟卵と精子が,卵管において結合し,子宮内に着床することに始まるわけであるが,卵巣機能に障害があれば,成熟卵の排卵はみられないだろうし,折角結合したものも,黄体の機能が不全であれば,うまく子宮内に着床でぎないだろうし,不妊につながることはいうまでもないところである。不妊の原因としては,この他,卵管因子,子宮因子,頸管因子,精子側因子その他が考えられ,それぞれの異常によることも多いことが知られている。

 しかし,何といつても大きな比率をしめているのは,卵巣機能の異常ということができる。そして,この卵巣機能は,それが単に卵巣自体のみのコントロールということでなく,間脳—下垂体系とのつながりにおいてなされており,また甲状腺,副腎なども関係しているので,その面でも異常も当然影響をうけることを考えなければならない。

  • 文献概要を表示

はじめに

 近年におけるめざましい医学の進歩は,高度な専門化の傾向をもたらしたが,その反面,病める人間を全体的かつ綜合的に観察するという方法を失いかけている。ここに心身医学は当初こそは患者の一部である心を重視することから出発したが,近年においては内分泌学,自律神経系に関する研究,精神生理学などの知見に裏づけられて,患者を心身両面から全体的に理解する綜合医学であるという概念にまで発展しつつある。最近,不妊に関しても心身医学の立場から,これに検討を加えようとする気運がおこり,すでに坂倉,岩淵らによる報告のほか,筆者の一人長谷川も心理的要因が主因となって無排卵,無月経などの月経異常をきたし,そのために不妊となっている症例やその発生機序について報告した。しかし,卵管因子や内分泌因子だけでなく,不妊をきたすその他の要因を含めての心身医学的接近も,今日重要な課題の一つである。そこでわれわれはFischer,deWatteville,Paltiなどによるこの方面の知見を紹介しながら,以下臨床上の問題点をのべてみたい。

  • 文献概要を表示

Ⅰ.男子不妊症の病態

 1.男子妊孕性の正常限界

 男子側妊孕性の第1条件としては,活発に運動する精子を多数保有する精液を異性体内に送入しうることがある。理論的には受精に要するのは1コの精子であるが,実際的には活動精子の多いほど妊娠率が高い。しかも,妊娠成立は男子側の条件のみでなく,女子側との相関によつて決定されるもので,完全な無精子でない限り,妊孕性の限界に一線をひくことはできない。精子所見と妊娠率との相関に関する臨床集計においてしばしば精子所見がある程度悪化すると妊娠率が急激に低下することが報告されている。臨床上,これを正常の下限と考え,それ以下の精子所見を示すものについて,不妊の責任が男子側もあると判定する習わしとなつている。

 正常限界については多少意見のことなる多くの報告があるが,本邦人については次のごときものと考えて差支えないようである。

  • 文献概要を表示

はじめに

 最近十数年間における排卵,受精,着床現象の三つを骨子とする生殖生物学(Reproductive Bio-logy)の発展は日進月歩,めざましいものがあるが,一方,日常臨床面では,不妊症患者のわれわれ産婦人科医を訪れる数も,年々,増加の一途をたどつているのが現状である。

 不妊治療の一環として人工授精(Artificial in-semination)がわが国で脚光を浴びてきたのは戦後のことであるが,歴史的には,イギリスのJohnHunterが強度の尿道下裂のため,精液を腟内に射出し得ず,流出してしまう患者に,性交直後の精液を容器にとり,これで行なつたのが最初である。人工授精にはその精液の提供者が,夫であるか否かにより配偶者間人工授精(Artificial insemi-nation with husband's semen,AIH)と非配偶者間人工授精(Artificial insemination with donor'ssemen,AID)の二つに大別され,両者とも,その実施操作等の技術面では差異はない。AIDでは宗教的,心理的あるいはdonorの選別,確保等医学面以外の点での制約を受けることがあるのは否めない。これに対し,AIHではこの種の考慮を払うことはほとんど必要なく,その実施はより一般的であり,容易である。しかしAIDに比し,AIHの妊娠率はかなり低いことも周知の事実である。だが図1に示すように私共の家族計画相談所での妊娠成立例の中でAIHの占める率は最近でも,またほぼ10年前においても10〜15%で,けつして無視し得ないもので,不妊に悩む夫婦に対して,妊孕の道を展く手段として,AIHはその手技の簡易なる点からも不妊診療の重要な位置を有する。本稿では私共の家族計画相談所における成績をもまじえて,AIHの適応について概説したいと思う。

カラーグラフ 子宮頸癌の診断・6

  • 文献概要を表示

1.初期浸潤癌の定義

 明らかな浸潤癌のうち,浸潤の浅く,表在性のものを初期浸潤癌という。深さの限界に定説はないが,Mest-werdtのいう5mm以内までに賛同者が多い。臨床上の進行期分類でこれを第Ia期癌と呼ぶ。

トピックス

  • 文献概要を表示

 最近コンピューターを用いて診断を行なう試ろみが見られるようになつてきたが,われわれ産婦人科の領域ではこのコンピューター診断の可能性はどうであろうか? ボストンにあるNew England Medical Cen-terではNeurathら(New EnglandJ.Med.,280:745,1969)が婦人科疾患の術前鑑別診断のためにコンピューターを利用しているという。彼らは3ヵ所の大病院の病歴から100以上の項目を抽出して基礎データを作ってコンピューターに記憶させ,手術予定患者が入院してくると,特別のチェックリストを使用して術前診断をさせてみた。年齢,月経歴,既往歴,現病歴,症状などは重症度順に記入され,あらゆる種類の検査データが加えられてコンピューターの入力とされた。コンピューターはこれらの情報を識別因子の重要度順にチェックし,最終診断に到達する。識別因子としては,この実験では重要度順に,種々の症状,年齢,下垂の有無,全身状態,附属器所見,骨盤腔内腫瘤の有無など,主なものだけで26項目が使用された。つまり,まず症状でふるい分け,次いで年齢でという順に作業が進められるのである。

 子宮筋腫,スタインレヴェンタール症候群,子宮内膜症,卵巣腫瘍,子宮膀胱脱,内膜ポリープ,子宮外妊娠,骨盤内感染症,癌の12種類の疾患について,425例のコンピューター診断の結果は誤診率33%であつたという。同一症例の医師による術前診断誤診率が34%であつたことから,現状のコンピューター診断能力は医師のそれとほぼ同様であるといえる。

Clomiphenと多胎妊娠 橋口 精範
  • 文献概要を表示

 近年,排卵誘発剤として,HMG.Clomiphenその他が登場してきて,従来より好成績をのこし,排卵の誘発例,妊娠の成立例がみられてきている。

 しかし,ここで注目されることは,投与中に卵巣の肥大すること,妊娠時に流産などの他に,多胎妊娠が自然の排卵例にくらべて高率にみられるということである。

  • 文献概要を表示

まえがき

 我国は終戦により多数の軍人が家庭に帰つたために,昭和22年よりいわゆるベビーブーム時代に入つたが,一方荒廃した国内事情のために,人工妊娠中絶(以下人工中絶と略記)を行なうものが続出した。反面人工中絶による母体の障害が重大な問題を提起した。

 ここにおいて,ようやく家族計画が国の施策として脚光をあび,国鉄においても,昭和31年6月基本計画の一環として取り上げられた。

  • 文献概要を表示

緒言

 腟部びらんの発生消失機序に関しては,R.Meyer,の炎症説が1,2)従来信じられてきたが,Hamperl et al.3),竹内4)らによつて外,内反説が提唱されるにおよび,びらんの発生機序はもとより,その治療法についても反省せねばならぬ段階にある。したがつて,子宮腟部びらんの治療法は種々報告されているにもかかわらず,びらん自体の病態が不明確な現在では,まだ適確な方法に欠けるのはここにも原因がある。

 がいして日常腟部びらんと称せられるものは肉眼的診断にたよるものであるため,その内容は一定しない。幸いコルポスコープは組織を背景としたびらんの状態をin situに把握する事ができるゆえびらんの病態を観察するのに都合が良い。

症例

  • 文献概要を表示

緒言

 最近,われわれは前回,体部切開による帝王切開を受けた褥婦で,産褥21日目に胎盤ポリープによる大出血を起こした1症例を経験したので,その症例概要につき報告する。

  • 文献概要を表示

はじめに

 妊娠初期に見られる妊娠悪阻は,晩期に発生する妊娠中毒症とともに,その成因がなお明らかにされていない。もちろんこの病態生理に関しては多くの学説があり,種々のアプローチが試みられてはいるが,いずれも仮説の域を出るものでなく,その実態解明は依然として未解決のまま今日に至つている。

 従つて悪阻患者に対する治療法,使用薬剤は枚挙にいとまがないくらい存在し,その夥しさは結局悪阻に対する決定的な治療手段が見付からない事実を物語つているといえよう。

  • 文献概要を表示

 非ステロイド性抗炎症剤は,一種の流行のごとく,現在非常に多種類のものが開発され,使用されているが.われわれは今回,科研薬化工K.K.より,新しい化合物IP−82の提供を受けたので,その臨床効果について報告する。

 IP−82は,Ibufenac(4-isobutyl phenylacetic acid)と類似の構造を有する非ステロイド性,非ピリン系の抗炎症剤で,一般名をIbuprophen (2-4-iso butyl phenylpropionic acid)と称し,各種動物実験においてIbufenacよりも鎮痛・解熱・消炎作用が4〜8×くらい強力であり,しかも臨床的には副作用が少ないといわれている。

基本情報

03869865.24.6.jpg
臨床婦人科産科
24巻6号 (1970年6月)
電子版ISSN:1882-1294 印刷版ISSN:0386-9865 医学書院

文献閲覧数ランキング(
8月3日~8月9日
)