看護学雑誌 33巻1号 (1969年1月)

特集 世界の看護

世界の北から南から

ガーナ
  • 文献概要を表示

アフリカ中西部,面積・23万7875km2人口・794万(66年推計)首都アクラ(14万)1821年英国の植民地(海岸地帯)と保護領(北部)になったが,住民の民族意識は強く,57年みずからの手で独立をかちとった初の黒人国として独立,60年7月共和国となる。現在国家解放評議会が実権をにぎる軍事政権。ココアが世界総産出量の3分の1を占め,経済的支柱となっている。ボーキサイトの埋蔵量は数億トンといわれ,アルミ工場の建設も進んでいる。

リベリア
  • 文献概要を表示

面積・11万1,370km2人口・109万(66年)首都・モンロビア(5万)1822年,米植民協会の送った解放奴隷がアフリカに建設した黒人共和国。1847年独立,一党独裁制,解放奴隷の子孫が8%ながら特権階級を構成している。人口の約80%が農耕に従事,主要輸出品は鉄鉱石とゴム,ココア,ヤシ油などの農産物,いずれも米系資本によって生産され,それに対する所得税および借地料が政府の最大収入源,宗教はキリスト教,就学率は適齢者の10%で文盲率は非常に高い。モンロビアに唯一の大学がある。

アイルランド
  • 文献概要を表示

面積・7万283km2人口・288万5000(66年)首都・ダブリン(57万)住民はカトリック教を信ずるため迫害され長年の解放運動の結果,1949年英連邦外の独立国となった。主要農産物はジャガイモ,小麦,カラス麦で,バター,チーズ,ハムの産額も多い。初等教育は義務制,アイルランド語の復興運動に力を入れているが,実績が上がらない。文学でイエーツ,ジェームス・ジョイス,バーナード・ショウらを生んでいる。

カナダ
  • 文献概要を表示

面積・997万6,178km2(欧州全体よりやや広く,ソ連についで世界第2位)人口・2045万(67年)人口密度1km2当たり2人,住民は英仏系が圧倒的。公用語は英語(80%)とフランス語。首都・オタワ(43万)1497年英王ヘンリー7世に仕えたイタリア人探検家カボットが発見。1763年英植民地に確定,1951年正式国名を「カナダ自治領」から「カナダ」に変更。国土面積の約半分が森林でパルプ,製紙業がさかん,世界の新聞用紙の半分以上を生産,輸出している。鉱業ではニッケル,亜鉛生産で世界一。世界三大漁場の一つニューファウンドランドをもつ。67年4月〜10月までモントリオールで万国博が開かれ,約5000万人が入場した。

イタリア
  • 文献概要を表示

面積・30万1,023km2入口・5157万(65年)首都・ローマ(245万)第二次大戦後1946年国民投票が行なわれ,僅少差で王制を廃止,6月2日共和国として発足した。農業ではブドウ,オレンジが良質で知られている。北部ミラノを中心にメタンガスが大量に採掘され,パイプラインは6500キロにおよび,石油,石炭に代わる燃料として重視されている。“世界最長”の自動車専用道路「モンブラン・トンネル」(11.6キロ)が貫通,イタリアの太陽道路を中欧に結んだ。宗教はローマ・カトリック,大学は28,うち10校は13〜14世紀の創立

オーストリア
  • 文献概要を表示

面積・8万3849km2人口・725万5000(66年推計)99%以上がゲルマン民族でドイツ語を話す。首都・ウィーン(170万)1817年オーストリア・ハンガリー帝国を形成したが,第一次大戦で敗戦後ハンガリーが独立,1939年ドイツに併合されたが第二次大戦後,連邦共和国として再生。6〜14歳の初等教育は義務,自由併用。グラーツウィーン,インスブルックに大学がある。欧州芸術の殿堂であるウィーン国立オペラ劇場などは有名。カトリックが全国民の90%を占める。18〜51歳に期間9か月の義務兵役制。

西ドイツ
  • 文献概要を表示

首都(暫定)・ボン(20万)1949年5月米英仏3国から正式に承認され,ドイツ連邦共和国が誕生した。1955年パリ協定が発効,主権を回復,NATO,西欧連合に加盟。ルールを中心とする鉄鋼業をはじめ,機械,造船,光学などが主要工業。石炭は欧州生産量の過半を占めるが最近は斜陽化。農業ではジャガイモ,ビールなどが有名。6歳から18歳まで義務教育制,総合大学は18,他に工科大学など単科大学9。宗教は52%がプロテスタント,44%がカトリック。

タイ
  • 文献概要を表示

面積・51万4000km2人口・3,180万(1966年)首都・バンコク(185万)1932年の革命で立憲君主国となり,1939年国号をシャムからタイに改めた。主要産物は米,年間700万トン生産し,100万トン前後輸出している。工業の近代化が遅れ,人口の3.3%しか工業に従事していない。教育は男女共学,文盲率30%。小乗仏教が国教的地位を占めている。18歳から30歳まで国民皆兵制。

スイス
  • 文献概要を表示

面積・4万1,288km2人口・594万5000(67年)首都・ベルン(89万)公用語はドイツ語(22州中16州),フランス語(5州),イタリァ語(1州)1815年ウィーン会議で永世中立を保障され,第一,第二次大戦とも中立を維持,現在もNATOなどの軍事連盟はもちろん,国連にも参加していない。教育はすべての児童が8〜9年就学,文盲皆無を誇っている。国民の55%がプロテスタント,43%がカトリック教徒。20〜50歳までの男子に兵役義務がある。婦人参政権は4州だけにある。

アイスランド
  • 文献概要を表示

面積・10万2846km2人口・19万5000(66年)首都。レイキャビク(8万)1918年デンマークからデンマーク国王を元首とする主権国家として認められ,1944年共和国宣言,完全独立。主要産業は水産業で水産関係が輸出の97%を占める。アイスランド語は1000年にわたり純粋性を保ち,言語学的に注目されている。文盲はいない。国教はルーテル派福音教会。非武装国家だが,NATO条約により1951年以後米軍に基地を提供している。

フィリピン
  • 文献概要を表示

面積・92万9,404km2 7,100余の島からなる。主な島はルソン,ミンダナオなど。人口・3,234万5000(1965年国連推計)40余の種族がいる。首部・1948年ケソン市(13万)と定められたが,政府機関はマニラ市(300万)におかれたまま。1946年7月4日米国より共和国として独立。植民地経済から脱皮し,ココナッツ,マニラ麻,コプラなどの第一次産品国から工業国への成長をめざしている。小学校6年の義務教育,大学は約90。アジア一のキリスト教国で,国民の93%が信者,カトリックが多い。

スエーデン
  • 文献概要を表示

面積・44万9,793km2人口・780万8000(66年)首都・ストックホルム(79万)立憲君主国,南部に広い肥沃な平野があり,牧畜が盛んで,酪農品が重要輸出品となっている。森林が国土の55%を占め,製材,紙,パルプ製造が盛んである。北部に良質な鉄鉱を産し,スェーデン鋼の優秀さは世界的に有名。原子力に関する高い技術水準をもつ。ノーベル賞の制度は世界的に知られている。宗教はルーテル派福音教会が99%,67年9月3日右側通行へ転換する“交通革命”をやって話題となった。18〜47歳まての国民皆兵制,武装中立を維持するため強力な軍隊を保持している。

イスラエル
  • 文献概要を表示

面積・2万7000km2人口・263万(65年)首都・エルサレム(19万)政府機関の一部はテルアビブ(40万)にもある。紀元70年ローマに征服されて以来パレスチナに帰ることを悲願としたユダヤ民族は,近代にはいって多数移住してきた。だがパレスチナの主権をめぐってアラブ民族と争い,パレスチナ戦争によってその大部分を制し,67年中東動乱でも大勝して広大な地域を占領した。経済は,移住者流入にともなって激増する人口を消化するため,農業共同組織などで砂漠の耕地化,水力発電など開発事業が徹底的に推進されている。一種の集団農場制度であるキブツは有名。宗教はユダヤ教176万,回教14万5000。2年半の義務兵役で,18歳から36歳までの未婚女性も2年の兵役義務がある。

ベネズェラ
  • 文献概要を表示

南アメリカ最北端の国で面積912,050km2,人口・500万,首都はカラカス。1499年コロンブス探検隊の一員オヘダによって発見された。1830年スペインから完全独立。第一次大戦後石油資源の開発が進むにいたって,経済的にも繁栄の途がひらかれ,今や南アメリカにおける一流国の列に入るにいたった。衛生状態は近年急速に改善されたとはいえ,低地はまだ熱帯性疾病が多く,国民の死亡率は高い。教育程度は低く,文盲率は50%をこえる。バレンシアは中央高地の都市,熱帯圏にかかわらず気温が低く,居住に適している。

アメリカ
  • 文献概要を表示

総面積9363,353km2,人口194572000人。首部・ワシントン。もともとは,アジアから渡来し全大陸に分布するにいたったインディアンと,少数のエスキモー人の居住地として存在した。11世紀になって,北ヨーロッパのバイキングがグリーンランドから北米の北東岸に到達しヨーロッパにその存在を知られるようになった。そして14世紀有名なコロンブスの大陸発見となるわけである。第二次大戦以後資本主義世界における最強の国として高い生産力,軍事力などを誇示した。20世紀後半,最近になって,ベトナム戦争,人種問題など内外に問題を抱え,ようやく転換期に立つようになったといわれる。政治,経済,文化などすべてにわたって,日本との関係は特に深い。

新春特別対談

  • 文献概要を表示

 矛盾動揺する日本の医療は,今やその弊をいたる所にさらけ出し始めた。現在世論の関心が集中する東大紛争にその本質をみてとり,新春,縦横に話していただいた。

カラーグラビア

世界の看護
  • 文献概要を表示

世界中のいたる処で,今日も看護婦さんたちは働いています。お国柄,人柄は異ってはいても,ベッドサイドを中心にした彼女たちの喜怒哀楽にきっと変りないことと思います。新年,心を新たに眺めていただけたら幸いです

グラビア

  • 文献概要を表示

病人というものは,まず第一におびえている。大したことでなければいい。大したことではあるまい,とも思っている。けれども,ひょっとすると,えらいものがひそんているのかもしれない。もしそうならそれを見きわめてもらいたい。とはいってもぞっくり切られたりして,ひどく痛い目にあうくらいなら,このままそっとしておいてもらいたい。それで死んだら死んだ時。どうも仕方がない。こんな風にも思っている

白衣の看護さんが,カチャカチャいわして,ピカピカの器具を運んでくる。

インタビュー 田場 嶺さん

脳神経外科特別講座

脳神経外科看護の要点 西村 謙一
  • 文献概要を表示

はじめに

 わが国における脳神経外科学の最近の進歩はめざましいものがあり,世界のトップレベルをゆく分野も決して少なくない。一方,頭部外傷患者の激増から,社会が脳神経外科医を強く要求し,続々と地方の病院にまで脳神経外科が設立されてきている。

 しかし,もし仮に,ここに脳神経外科医をつれてきて,ある程度の器械を与えるならば,どこでも脳神経外科がやってゆけると思う人があるならば,見当違いも甚だしいといわざるを得ない。近代脳神経外科は麻酔医や放射線専門医との提携が必須であることはもちろんであるが,よく訓練された専門のナースとのチームがあってはじめて可能なのである。

日本の女性はしあわせか・10

  • 文献概要を表示

核家族と母性

 家業ということばが,多くの家庭に無縁になって久しい。そして現在はさらに多くの家庭が,“家業”から離れていく。親子,夫婦は家業のなかで任務分担をし,協力しあっていた。この時の家族制度として家業の生産手段に,技術,雇客の伝達を軸とする家父長制が存在した。それが,資本主義の発達とともに,企業が賃金労働者を要求し,家族からひとりひとりバラバラにして連れ出すようになる。家族の生産体としての任務分担はなくなり,家は,一定のサラリーを基として成り立つ消費のみの共同体に変わり,夫婦と小さい子供の核家族へと変っていく。

 商品経済が支配的となり,自家製の布,家具,食料品は駆逐され,掃除,洗濯の分野にも,社会的分業は進行し,家庭の機能はごく縮少されてきている。現在では分業化により家庭機能が,企業に奪取されたと感じるより,逆にこうした状況にならされて,家庭人が,躾のような家庭教育のことまで,他の企業(幼稚園・学校・塾)に要求,依存するまでになってきた。

  • 文献概要を表示

ヴェッチと桜井の卒業生が指導

 (東京)註1)帝国大学付属看病法講習科は,同志社の京都看病婦学校と同様,明治40年代までは今でいう「看護」という言葉の代わりに「看病」という言葉を使っていた。

 看病法講習科が設置されたのは,正式には明治22年4月となっているが,実際にはそれまでの準備期間が,1年半ばかりあると考えられる。

Nursing Study

手術室汚染度の検索 滝口 幸子
  • 文献概要を表示

I.緒言

 私たちの病院が新築落成したのは37年8月であるが,手術棟の設備も旧来のものに比して大きく変化した。その間,清潔を第一とする手術室の条件を,はたしてどの程度備えているか気がかりであったが,このたび漸く機会を得てこの実験を試みた。

  • 文献概要を表示

日常の忙しい業務のなかでこのような実験をなさったことは大変なことであったと思いますが,実験の前に文献調査をなさいましたでしょうか?

 手術室や未熟児室など,清潔度が高く要求される所の汚染度の検索はいろいろの立場でなされており,この報告がめざしているような実験成果もすでに報告されているもののなかから得られるのではないでしょうか。

英文トピックス・16

This I Believe
  • 文献概要を表示

40年間の看護の第一線での活動から最近引退したMiss Anna FillmoreはNursing Outlookの9月号で,This I Believe(私はこう思う)という題で所信を語り,アメリカの看護界が現在緊急に必要としているものの一つは,有能な看護管理者であるとのべています。

 Miss FillmoreはSalt Lake Cityの看護学校を卒業したのち,Bostonのハーバード大学付属保健婦学校に学びました。その後40年間アメリカの看護界で常に第一線で活躍し,アメリカ看護界の最高指導者の一人でした。

麻酔の知識・10

  • 文献概要を表示

手術直後の患者は,次の三つのハンディキャップがあるため,より注意深い管理が必要である。

 1)手術の適応となった原疾患に関係ある障害,2)出血など手術侵襲の影響,3)麻酔の影響。そこで,多くの病院では,手術場に近接して回復室というものを設け,術後の管理を強力に行なっている。

漢方と看護学・4

対症看護(その1) 鎌江 真五
  • 文献概要を表示

1.発熱

 漢方では,発熱を大きく二つに分けています。①急性・慢性感染症による発熱や,高温・日射病などによる欝熱を外因性発熱,②疲労衰弱時の消耗性発熱を内因性発熱と呼んでいます。

 発熱には,現代医学の稽留熱,弛張熱,間歇熱などと分類する考え方もありますが,他の症状との複合型で分類します。

薬のはなし・10

薬の製造承認 佐久間 昭
  • 文献概要を表示

承認品目

 現在,日本で製造を承認されしている薬は,十数万品目といわれている。昭和23年から昭和42年までに承認された薬(医薬品および医薬部外品)の数は98428件という。おそらく,市場性をもつものはそれらの一部で,1万ないし2万品目が動いているものと推定される。日本薬局方に収められた公定品目は1136であり,ほんのわずかである。薬価基準には約7000が収められている。

 しかし,普通の医師が,性質をよくのみこんで使用する薬というのは,50〜100程度であろうといわれ,これからすれば,薬の数は,まことに多いものといわざるを得ない。つまり,同効同種のものが多いということである。

医療ジャーナリストの目・10

  • 文献概要を表示

ある日,友人である某新聞社の芸能部長Y君から電話がかかってきた。

 「実は,S嬢のことなんだけど…」

  • 文献概要を表示

僻地・離島に病院,しかも質の良い医療を,──そこに人間が生活している以上しごく当然なこのねがいも,その実現の前には,多くの深刻な問題が横たわっている。今月ご紹介する田岡病院も,典型的な一ケースである。高知県の北部山あいの土佐郡土佐村田井に個人経営の田岡病院ができたのは,昭和42年4月であった。付近の早明浦ダム建設に伴い,予想される工事関係者の事故のために,外科,整形外科を中心に,内科,小児科,婦人科も入れて,ベッド数77,職員40名の僻地にしては大がかりな総合病院として県内の注目をあびて出発した。

看護用具の工夫

ドレン・キーパー 宮下 美子
  • 文献概要を表示

治療上,ネラトン留置による持続導尿を行なったり,術後ドレーンを挿入して持続的に排液させて観察することが多い。その場合の排液管の固定には,今までよい方法がなかったので,この固定法に工夫,改善を試みた。

ドレン・キーパーを使用すれば,体動に伴う排液管の可動性が保たれるので,体動の制限による患者の苦痛,精神的緊張などをより少なくし,正しいドレーン固定法で十分な治療効果をあげることができると考えられる。

  • 文献概要を表示

斜面台の可動範囲はせまく,90度位固定は不可能である。したがって90度坐位保持のためには,斜面台と躯幹の間に枕やふとんを挿入したり,脚部に止め木を使用していたので,斜面台の可動範囲を増し任意の角度で固定できるよう工夫改良してみた。

写真1は改良型斜面台で,脚部にやや太めのパイプをとりつけて,伸展性をもたせネジで固定するようにした。

ニューヨーク留学記・10

自分自身とのたたかい 稲岡 文昭
  • 文献概要を表示

1週40時間のうち授業時間以外は勤務ということになります。勤務場所はニューヨーク市立のJames Ewing Hospitalで,隣りには世界的に有名なスローンキャタリング癌研究所,メモリアル病院があります。アメリカでは公立病院は私立病院よりもあらゆる点で劣りますが,この病院も例にもれず,看護婦(R.N.)よりもはるかに看護助手が多いという,最大唯一の看護上の欠点があります。しかし医師はメモリアル病院から,そして医療器具,看護方法はすべて同病院と同じですので,ずいぶん勉強になります。

 一学期には消化器,泌尿器系病棟,頸部,頭部,骨・整形病棟,婦人科病棟と各6週間勤務,最初はスタッフナースとして直接重症の患者の看護にあたります。

Medical Topics

リウマチ熱の診断,他 O M
  • 文献概要を表示

リウマチ熱はいわゆる後天性心臓弁膜症の原因の大部分を占めるものであり,その意味で臨床的に重要な意義を持つ。

 リウマチ熱の3分の2は心炎を合併し,これを放置すれば心臓弁膜症になってしまうが,早期に診断をつけて十分な治療を行なえば,弁膜症を遺すことなしに治すことができる。

  • 文献概要を表示

急変の患者看護りて昂れる心に聞きし夜の沢鳴り

 〔評〕緊迫した空気を見事にうたい上げている。結句の体言止も成功した。

  • 文献概要を表示

Am Rhein

ヨーロッパの秋は早い未だ十月の初めにポプラ並木は黄色になったそして木の葉は高い石塀にたてかけられた銀色の自転車の上へカサコソと音をたてて落ちる中世紀の教会堂がそこにあり壮厳なパイプオルガソの音色や着飾った貴婦人達の優美なさざめきがラインに浮ぶ土と石にまみれ幾多の戦いを経たお城の塔の囲りに騎士のよろいがつるぎが風にのってきしんだ

付録 看護計画のための基礎ノート

基本情報

03869830.33.1.jpg
看護学雑誌
33巻1号 (1969年1月)
電子版ISSN:1345-2746 印刷版ISSN:0386-9830 医学書院

文献閲覧数ランキング(
8月12日~8月18日
)