助産婦雑誌 12巻4号 (1958年4月)

口絵

中国の医療制度をみる
  • 文献概要を表示

 中国には6億以上の人口がある.新中国になつてからは目立つて人口が増えて来た.それは経済の発展,人民生活の向上,医薬衛生事業の進歩発展等の結果に他ならない.

 医薬衛生方面を見るに,1953年には,中央人民政府衛生部所属のベツト数は,旧政府の衛生部所属病院のベツト数の最高レコードより411%増え,1954年にはさらに約8%多くなつている.

今月の言葉

民主社会と指導者 長谷川 泉
  • 文献概要を表示

 民主主義の社会においては,昔の封建社会や絶対主義国家におけるような独裁的な指導者はいない.そのような独裁者の存在を許さないからである.

 だが,それは理窟の上のことであつて,民主主義社会を構成する1人1人のメンバーが,ほんとうにめざめていない場合には,形だけ民主主義のような状態にあつても,実質的に独裁者が生れる余地がある.戦後の民主主義社会はそのような形体だけの民主主義であつてはならない.

研究

妊産褥婦の浮腫 笠松 昭子
  • 文献概要を表示

 浮腫は,妊娠中に現われ易い症状の一つであるが,一般に浮腫(患者は,普通,これと体のむくみとか腫れとか云う言葉で表現している)とは体内の組織間に余分の水分がたまつた状態をいゝ,これには分け方によつて,外からみて判るような状態にある表現性のものと外からみては判らないが尿量が減り,体重が増加して,確かに体内に水分がたまつたと考えられる潜在性の浮腫とがある.又発生部からみて,全身的と局所的とに区別出事その種類は次の様なものがある.

1)必臓性浮腫2)腎臓性浮腫3)栄養障害性浮腫(饑餓浮腫,ビタミン欠乏性浮腫,重症糖尿病の浮腫,消粍性疾患に来る浮腫,例えば重症貧血,急性及慢性伝染病患者の浮腫,子宮癌来期患者の浮腫等)4)妊娠性浮腫5)その他の原困に依るもの,例えば肝疾患,内分泌障害によるもの等.

新生児仮死と助産婦 沢谷 いちえ
  • 文献概要を表示

 助産婦として胎児仮死の早期発見とその処置,新生児仮死についての知識,技術,態度は非常に重要なものである.今度これについて研究してみた.

講座

骨盤計測(2) 鈴村 正勝
  • 文献概要を表示

Ⅴ.レントゲン計測法

 レントゲン線による骨盤計測には,側面像,入口面像及び立体像によるものがある.立体撮影法は,1906年から行われており,多数の研究発表がある.その中で,米国のCaldwell,Moloy等の分娩機序についての研究がすぐれている.しかし,立体撮影法は,特別な機械を必要とすることが第一の難点であり,判定に主観的な要素が入ることが第二の欠点と云われており,現在一般に行い得るまでにはなつていない.機械の改良と,判定の客観化によつて,漸次一般化されるものと思われる.私達は,側面像と入口面像との両者を併用した.

 入口面像は,児頭の嵌入のために大切な入口面の形及びその横径が明らかにうつし出されるので便利である.すなわち,骨盤入口の横径がせまいとか,真結合線は大きいが,横が狭い入口面であるから,児頭は入口面からすでに矢状縫合を前後径に一致させて入つて来るであろうとか,入口面の後半又は前半の形が悪いから,児頭は嵌入困難であるとかいうような変化は入口面像でなければ分らない.また,坐骨棘の突出も入口面像でなければ発見し難い.しかし,分娩予後判定に最も大切な因子である真結合線を正確に計測するのには,側面像がすぐれている.真結合線は,骨盤腔の前後径の中で最小であるために大切なのであるが,後に述べるように,真結合線より短い最小前後径が骨盤濶部にある場合がある.この場合の最小前後径の計測には,側面像でなければならない.

  • 文献概要を表示

7.妊娠中毒症による死亡の比較

 昭和30年妊娠中毒症による我国の死亡は1,124名(除胎盤早期剥離)を数え,妊産婦死亡の36%に上り,その最重要原因をなすものである.

 1953〜55年における妊娠中毒症訂正死亡率はセイロン122.0が最高にして,第2位は68.9の日本である.以下米国有色51.2,ザールランド45.4,西ベルリン41.3,イタリー37.5,チリー34.9,コロンビア31.9,西ドイツ30.4等の諸域がこれにつづいている.低率国としては,コスタリカ9.1,オランダ10.6,米白人10.7,サルバドル10.8,デンマーク11.3,フランス12.0,エジプト12.6,イスラエル13.3などがあげられる.これら低率諸国の妊娠中毒症死亡率は我国の5分の1以下にすぎない.

補習講座

生理学 赤須 文男
  • 文献概要を表示

<一般論>

受精

 排卵によつて卵胞から放出された卵と性交により性器内に放射された精子とは相寄り相合してここに受精が成立する.すなわち受精とは精子と卵子が融合して新らしい生命の発現する現象である.この場合に受精とはこの二つの細胞の融合することであるが,受胎とはその受精卵が性器内(正常の場合は子宮腔内)に着床することであるとして両者を区別している人もあるけれども多くは同意義に解している.

  • 文献概要を表示

 助産婦が足りない.早く多勢養成してほしい一方ではこういう声が高まり,他方では,助産婦は多すぎる,もうそんなに急いで作らなくてもいい,という声もある.どちらも尤もな理由がある.そして助産婦教育の制度をめぐる医師と助産婦の対立は,すでに感情的な対立にまで立到つたという.

 ところでこの問題について,助産婦自身はどんな事を考え,何を望んでいるのか.幹部助産婦講習会に出席された教務主任の先生方に助産婦の声を伺つてみた.結論としては,教育のレベルを云々する前に,身分の問題を解決するべきだ,という事になつた様だ.

助産婦の手記

  • 文献概要を表示

 今年も又,希望に胸をふくらませた助産婦が巣立つて行つた.私もやつと姉になつたのだ.新生活に馴れる事に夢中で精一杯であつた1年とはいえ,有意義な経験を得た事に気ずいて居る.昨年卒業期に入つて国家試験に対する心配も大きかつたが,直ちに社会人として,助産婦という職業婦人として,社会にほうり出される我々の将来への歩みについて,折ある毎に相談し合つたあの真剣な姿は,同じように職業婦人として巣立つ看護婦学校卒業期には,見る事の出来ない雰囲気を持つて居た事を想い出す.幸い私は卒業其の日から我家の助産所が,開業助産婦の私を待つて居て呉れた.国家試験に合格し,其の記念に,母から新らしい自転車を贈られ高校時代から夢に描いて居た事実が与えられた時のいい尽せぬ喜びは,今も鮮やかに,よみがえつて来る.看護婦学校を卒業してしばらく家に戻り,仕事の実際に飛び込んだ私は,母鳥の羽の下から目をあげて,まぶしそうにまばたくひな鳥でしかなかつた.患者の専門的な質問に戸惑い,限られた仕事しか出来なかつた其頃に比べてこの1年は実に勇敢に進んで来たと思う.自分は資格ある助産婦として,患者に応じなければと云う自覚が仕事の範囲をひろめ,保健指導も回を重ねるにつれて,積極的に行う事が出来るようになつた.

 私の人生にとつて一前進の時期であろう.勇気をもつて全身を投げ出して体当りして行く時には,身をもつて良い経験が得られるものだ.

産婦人科こぼれ話・6

子宮外妊娠と占師 中山 安
  • 文献概要を表示

 著名な神社やお寺に行つてみるとおみくじ箱が備えられている.四角や丸い筒に小さな孔があいて,そこから番号を書いた竹のヘラが出てくる.一心をこめて,ジヤラジヤラと打ち振つて鄭重におし頂き孔を下に向けると番号の竹のヘラが出てくる.その番号と引き替えにお札をもらうのである.凶だの中吉,或は吉,大吉などと大書した紙の下に縁談,失物,旅行,争事の善悪が書き込まれている.心をこめて運勢を,このおみくじに依つて知ろうとするわけで,その時の姿は無上の人格の現われであろう.神や仏の前には邪念らしい所はみえない.あの瞬間の気持を持ち続け得たとしたら必らず,その方は幸福であろうと想像するのである.

 凶が出ると不愉快というわけで,こんどこそは大吉が出そうなもの,と,もう一度ためしてみるところがこのときは既に心中に邪念が湧いているから最早や神も仏も相手になさらぬであろう.

漫画

--------------------

カレンダー口絵解説
  • 文献概要を表示

 ラフアエロは,ルネツサンス運動のあらゆる源となつたフイレンツエの文明に目を見張つた.発達した近代技術のかずかず,遠近法は完成され,光と陰影の表現はレオナルドによつて空前の神秘にまで到達していた.

 ラフアエロの天才はそれらの長所を忽ちにして吸収し,瞬間にして消化して,そこに優美にして典雅な自己の作風を生み出した.そして後世の女性美の典型として仰ぎみるかずかずの聖母をえがいた.その中でも特に有名な作品の一つはこの<大公の聖母>である.

基本情報

00471836.12.4.jpg
助産婦雑誌
12巻4号 (1958年4月)
電子版ISSN:2188-6180 印刷版ISSN:0047-1836 医学書院

継続誌

文献閲覧数ランキング(
9月14日~9月20日
)