臨床婦人科産科 28巻1号 (1974年1月)

  • 文献概要を表示

 一般に,「胎児死亡(fetal death)」とは,いつたん胎児生存が確診せられた後において,その死を意味するものと考えられるが,fetusがembryoをも含んだ在胎期間中の全ての生命体であるとすると,流産(abortion,同児abortus)や,死産(stillbirth,同児stillborn infant)の意味する所との差異が必ずしも明確ではなくなる。最近の米国産婦人科学会用語集1)によるとabortusとは500グラム以下(在胎139日,満20週未満)の死産児(stillborn infant)を意味し,Fetal death is thecessation of fetal life before termination of thepregnancy.となつている。

 したがつて,超音波ドプラ法やUCG (Ultra—sonocardiography)法によつて,妊娠3ヵ月後半(満10週)以降,胎児生存の確診が臨床的に可能となつた今日では,妊娠4〜5ヵ月の胎児死亡も,比較的しばしば経験されるようになつた。が,これはそのまま,妊娠の確診法とその鑑別診断法そのものであるので,別稿2,3,4)を参照していただくことにし,本稿では,主として妊娠6ヵ月以降における胎児死亡の診断についてふれることにしたい。

  • 文献概要を表示

 胎内死亡児の処置は,かつては,胎児は死亡すれば異物となるから,自然に陣痛が発来するのを待つという通念のため,胎児の死亡が確定してから長時日後にこれが行なわれたり,またこのような例では,児を望むものの多いことと,胎児の死亡について直ちに決定的な診断を下す方法があまりなかつたため,経過の観察に時日がかかり,胎児の死亡が確定して直ちに処置を行なつても,胎児の死亡後かなり時日を経ていることが多かつた。

 ところが最近では,胎内死亡についての診断法の進歩や,子宮内に死児が長期間稽留するような場合には低線維素原血症(DIC)が起こりやすいということなどから,なるだけ早く胎児の死亡を確定し,直ちに処置して母体の万全をはかる,すなわち安全確実な胎児娩出術を行なうことが一般的になつている。しかし,胎児の死亡の確認については妊娠初期でなお問題点があるし,また胎児娩出術は,妊娠月数により一応方法論があるものの,胎児が死亡するような例では母体に合併症も多いので,必ずしもこれらを画一的に行なうわけにはなかなかゆかない。

母体合併症と胎児死亡 塚田 一郎
  • 文献概要を表示

 胎児死亡の頻度が高い母体合併症としては,感染症を除外すると,妊娠中毒症と糖尿病が主なものである。慢性腎炎,本態性高血圧その他の高血圧性疾患でも胎児死亡をきたすことが少なくないが,そのような例では妊娠中に症状の著明な悪化が認められ,妊娠中毒症を合併したと解釈せざるを得ないことが多いので,ここでは混合型妊娠中毒症の中に含めて論ずることにする。

 このほか,妊娠性急性脂肪肝でも胎児が死亡することがあるし,先天性溶血性貧血でも死産が多いと報告されているが,いずれも稀な疾患であり,紙数の都合もあるので,本稿では割愛することにしたい。

  • 文献概要を表示

 遺伝子病,配偶子病と胎児死亡との関連性について記載するようにとの依頼であつたが,現在この問題について論ずることはきわめて容易でない。胎児死亡の大多数は剖検されず,染色体分析も行なわれず,羊水分析も行なわれず,原因不明の死として扱われるのが実状である。したがつて死亡統計の物語る信頼性に疑義の余地を残すことはいかんともし難く,殊に遺伝子病についてその感が深い。他方配偶子病と胎児死亡についてはかなりの数の文献があるが,染色体異常の分析法は最近長足の進歩をとげており,過去の方法によつて得られたデータは大巾に修正されつつある。このような次第で筆者らは,まず遺伝子病と配偶子病の概説をおこない,ついで簡単に胎児死亡との関連性にふれ,最後に将来の問題として,今後胎児死亡に接したとき,遺伝子病,配偶子病のスクリーニングがいかに行なわれるかの簡単な記述を以つて責を果したいと考える。

  • 文献概要を表示

 妊娠中の胎児死亡,あるいは流早産の原因として感染症が関与するのは次のような場合があげられる。各種の急性熱性伝染病,敗血症,腎盂炎などの急性細菌感染症,結核,梅毒などの慢性感染症,風疹,麻疹,インフルエンザ,痘瘡,巨細胞封入体症,流行性耳下腺炎,水痘,単純疱疹などのウイルス感染症,トキソプラズマ症のごとき原虫感染症,リステリア症,ビブリオ症などの人獣感染症である。

 このうち,急性熱性伝染病や敗血症のごときものは感染の結果,母体に重篤な侵襲が加えられ,これが母体の全身状態を悪化させるので,その結果として胎児に栄養障害や胎盤機能不全が起こり胎児死亡に至るもので,胎児に直接感染が起こることはむしろ少い。

  • 文献概要を表示

 最近では胎児障害に関する一般の関心はきわめて高くなり,特に妊娠中における薬物や放射線の影響については患者自身の方が神経質になり過ぎている傾向もあり,医師側にもかなりの誤解もあるようである。

 今回,与えられたテーマは,「薬物ならびに放射線と"胎児死亡"」ということであるが,現在,日常診療に用いられている薬物や放射線によつて,直接これが胎児死亡の原因につながることはまずあり得ないし,またあつてはならないことである。しかし,種々な程度の胎児障害の可能性については重要な課題であり,ここでは「薬物や放射線による胎児障害」の問題について多少解説してみたいと思う。

  • 文献概要を表示

 胎児死亡の原因および誘因については種々の因子が考えられ国際死産原因分類では,母体の慢性疾患,母体の急性疾患,妊娠および出産の疾患ならびに異常,母体よりの毒性物質の吸収,難産,その他母体側の原因,胎盤および臍帯の異常,出産傷害,胎児の先天奇形,胎児の疾病および診断名不適当の原因などの項目をあげている。

 また,胎児死亡に関連して妊産婦死亡を惹起する羊水栓塞,低線維素原血症などはdead fetussyndromeとして臨床的管理の重要性を喚起している。

剖検からみた胎児死亡 林 一郎
  • 文献概要を表示

 人胎児・新生児を剖検してみると,内部奇形がしばしばみいだされるほか,外部奇形であつても内部奇形を伴つていることは多い9)。奇形(形成異常)について,病理生態学的に,環境的要約と遺伝的要約とが相互的に背景となつて,あるいは関連的に競合して奇形が成立するものと解釈すれば,胎児死に関する病理解剖学的立場からも,奇形(形成異常)の発生病理として,この剖検的事実を見逃がすことはできない。

カラーグラフ 臨床家のための病理学・22

卵管の疾患・Ⅰ 滝 一郎
  • 文献概要を表示

 卵管の疾患で最も重要なものは炎症性病変である。卵管はその特殊な構造と機能によりhumanreproductionに必須の役割りを果たすのであるが,その構造と位置は,一たび炎症性変化が起こると,きわめて不都合な事態を招くことになる。

 卵管炎の原因の大部分は,ブドウ球菌,連鎖球菌,大腸菌など一般の起炎菌,淋菌,結核菌の感染である。感染経路は主として頸管,子宮内膜の感染に続発する,いわゆる上行性である。子宮の収縮が,これを助長すると考えられる。この他,血行性の感染があり,殊に結核はこの経路による。また虫垂炎やS字結腸の炎症の波及もある。

指標

癌転移抑制の試み 末舛 恵一
  • 文献概要を表示

転移を制するものは癌を制する

 癌の生物学的性状の中で,予後を左右する問題点として,浸潤と転移をあげることができる。この中で転移特に,遠隔転移の問題は現在,外科療法,放射線療法,化学療法がそれぞれに,また互いに協力しながらその予防,治療に懸命の努力を行つているにもかかわらず,いかんともなしえないようにみえ,遠隔転移を生じた患者の治療は,治癒を期待されることなく,対症的にあるいはひとつの試みとしてその治療が行なわれている段階にある。

 ここ10年程前から,癌転移の阻止を目標とするアプローチとして,転移のおこつてくるメカニズムを解明し,その機序をふまえて,転移を阻止しようとする試みとして研究が実験的にすすめられてきた。

  • 文献概要を表示

 【質問】 広汎性子宮頸癌根治術後の弛緩性膀胱の治療として,現在,膀胱体操,薬物治療として塩化ベサネコール臭化ジスチグミン等の投与をおこなつておりますが,他によい治療法または投薬がないものか,お教え下さい。

【解答】

 子宮頸癌に対して行なわれる広汎性子宮全摘除術の術式はほぼ確立されたとみてよいと思います。しかしそのRadikalitaetから,尿路系に尿路感染,尿管瘻,排尿障害(いわゆる膀胱麻痺)などの副障害の発生を伴います。これらの副障害は,嘗ては根治手術に伴う避けることのできない副障害として半ばあきらめがちでありましたが,最近ではこれが対策として積極的な研究も行なわれるようになつてきました。

臨床メモ

下垂体の腫瘍と婦人 橋口 精範
  • 文献概要を表示

 下垂体に腫瘍がある場合には,無月経または早発月経など,月経異常のみられることは日常知られているところである。

 部位的にみても,ときには視力障害も当然おこつてくるであろうし,その存在はX線像からわかることがある。これらの多数例について集めた成績が,最近コロラド大学のDowningらによつて報告されているのでながめてみる。

  • 文献概要を表示

 妊娠中の子宮出血が歓迎されざる徴候であることは産科医ならずとも,最近では妊婦も良く承知している。しかし,その原因が明らかになるものはむしろ少なく,多くの場合は待期する以外に方法はない。

 South and Naldrett (J.Obst.&Gynaec.Brit.Cwlth.80,236,1973)はロンドンのセントトーマス病院で1969年と70年に妊娠28週以降に生れた単胎児7,824例について,その妊娠中の出血との関係を調査した.28週以前に出血のあつたものは16%で,出血の時期からみると13.2%が16週以前に,1.5%が16週から28週までの問に,1.0%が両方の期間に出血している。

  • 文献概要を表示

 外科領域において成人の虫垂炎は最も頻度の高い疾患の一つであり,最近では抗生物質の登場や早期手術で死亡率も少なくなつている。しかし乳児,ことに新生児期の虫垂炎は,頻度はきわめて少く,幸い発見しえても以然として高い死亡率のままである。

 Fields1)らによれば小児虫垂炎5354例中生後1ヵ月以内の虫垂炎は1例のみで,また駿河ら2)の1969〜1970年間の2年間の15歳以下の虫垂炎86例中2歳以下の症例は報告されていない。

基本情報

03869865.28.1.jpg
臨床婦人科産科
28巻1号 (1974年1月)
電子版ISSN:1882-1294 印刷版ISSN:0386-9865 医学書院

文献閲覧数ランキング(
6月29日~7月5日
)