看護学雑誌 25巻7号 (1961年7月)

とびら

  • 文献概要を表示

最近,ある講演会できいた話から考えて—

 戦前といつてもずつと昔,明治時代の中国の話,当時は支那とよんでいた。1人の親孝行な少年が,長患いの父親のために,医者と質屋に通いくらし,いろいろと次々に難題を注文する医者に泣かされながら,それでも父親の病気を治したい一心からせつせと質屋通いをしていたが,父親はついに不帰の客となつてしまい,少年の手許にはうず高くつまれた質屋の通い帖だけが残つてしまつた。少年は「病気というものは何とひさんなものであろう。世の中から病気をなくしたらどれぐらい人間は幸福になれるかしれない。」また「自分はぜひ親切な医者になりたい,病人をいじめない本当に助け主の医者になろう」と決意し,日本留学の志をたて,希望がかなつて日本に渡り,東北大学の前身である仙台医学校に入学し,熱心に医学の勉強にはげんでいた。

  • 文献概要を表示

 放射線医学総合研究所は昭和32年7月,科学技術庁の付属機関として発足しました。

 人体や生物に関係ある一切の学問の立場から,1)放射線による人体の障害やその予防,診断,治療,2)放射線を利用しての病気の診断,治療を研究し,こうした研究の成果を,わが国の原子力平和利用開発の上に生かされるよう,3)医師および技術者の養成訓練も行なうことになつています。

36年度看護協会総会終る
  • 文献概要を表示

/1/看護婦会通常総会

 看護婦会通常総会は4千人の会員を集めて12日駿府会館で行なわれた。この日,外はほとんど終日嵐が吹きまくつていたが,会館の中でもそれと同じくらいのエネルギーをもつて熱心な討論に終始した。立つて説明するのは石本会長,前列左へ田代,小穴両副会長,常葉会計,大森書記長。

  • 文献概要を表示

はしがき

 近来,看護業務を種々な角度から観察した報告がなされているが,合理的な能率向上を行なうため,科学的タイムスタディの面から検討した報告は比較的少い。

 私は仙台市立病院の看護業務の実態を把握し,業務の円滑を計るため,看護業務の詳細な分析を実施し,これを統計的に観察した所,若干の興味ある結果を得たので,その概要を報告し,御批判を仰ぎたい。

連載 限りある命をおしんで・3

祈り捧げても 工藤 良子
  • 文献概要を表示

 Our Father who art in heaven,Hallowed by thy name.

 Thy kingdom Come,Thy will be done,On earth as it is in heaven;give us this day our daily bread;And forgive us our debts,As we also have forgiven our debtors;And lead us not into temptation,But deliver us from evil.

世界の女性・1

  • 文献概要を表示

パリの女性

 「パリの女性はきれいでしよう」という質問をよくうけます。

 そんなとき私は「パリジェンヌは頭がよいと思います」と答えております。

ナースのいけん

病院ストの現在 高橋 洋子
  • 文献概要を表示

 病院ストが,他の産業のスケジュール闘争並みとなり,世間も馴れつこになつた感があるが,要求は果して満たされたであろうか。

 日赤の斡旋案が出たことにより,多くの人達は,これで解決と早のみこみしているのではないだろうか。

ナースの作文

進学コースをめざす友へ M子
  • 文献概要を表示

祥子さん

 お便りありがとうございました。張切つて働いているあなたの姿が目に浮かんでまいります。大変長いこと失礼して,ごめんなさい。冷たかつた夜風もぬるみ,夜の通学もいくらかは楽になつたでしよう。あなたのおたずねになつてらした進学コースの高等看護学院のこと,私が感じるところだけ御返事致しますね。

 しかし,人生街道は一本ではありませんし,結局,結論としては自分ではつきりした目的を掴んで判断すること。あなたも御存知のように去年の今ごろ私もずいぶん悩みました。テストにパスできるか否かも心配でしたが,あなたともいろいろ話し合つたように,第一に給料がもらえず,消費のみの生活が2年間続くこと。その次は凡人で一人の女である私は結婚のことでした。卒業したら23歳になつていること,そして卒業後どれだけ勤務することができるか。教育は投資ではないとは思いますが,どうしても天秤にかけたがつたものです。第三に折角4年生になつた高校を卒業することができないということね。1年遅れることは本当に重大のことに思えましたものね。ささやかな女の幸福も失いたくありませんでしたね。でも今考えてみると,その当時看護ということに対して本当に正しい意力をもつていただろうかということですの。看護婦という職業の意味するものを持つていたなら,小さいことで迷わなかつたようですね。

随想

  • 文献概要を表示

 患者はいつでも理解されたがつている,という意見がある。この意見は患者心理の急所をよくつかんでいるが,患者が理解されたがる,つまり理解を求めるのは,裏からいえば患者が余りにも理解されていないからであり,患者心理の把握が現代医学の—あるいは看護学の—盲点であることを暗示する。

 例えば患者が主治医の診断を求めた時,この求めに素直に応じない医者は案外多い。曰く忙しい,曰く患者は医療に口出しすべきでない,曰く病状から見て診断の必要はない,曰く結核は2週間や3週問で変化するものでない等々……。しかし患者が診断を求めるのは,単に体に聴診器を当ててもらいたいからではなく,同時に心の不安を取り除いてもらいたいと願つているのである。患者の訴えのこの二重構造を見ないかぎり,患者と医療看護者の平行線はなかなか解消しない。

附録 看護手順・5

  • 文献概要を表示

 2月号から附録として「看護手順」をつけています。

○1枚1枚切りはなしてカードにして使ってください。毎号4頁,合計4枚のカードになるようにできています。

1)ショツク状態に注意する。

2)いつでも輸血,開腹術ができるよう連絡をとっておく。

  • 文献概要を表示

1.はじめに

 医療の社会化と公衆衛生の発展により,医療の分野の活動と公衆衛生の分野の活動とが,だんだん重複競合して来たことは,日本ばかりでなく世界的の傾向でもある。すなわち,医療は治療を中心とし公衆衛生は予防を中心として発展して来たが,最近では,それらを一貫したcomprehensive health careという考えで問題を処理すべきであるという主張が支配するようになつて来て,およそ健康の問題は,健康の維持増進,疾病の予防,疾病の治療,rehabilitation(更生)という一連のものとして把握し,処理すべしということになつて来た。

 したがつて,従来医療は,一人一人の患者の問題として取り扱つていたが,これをその地域社会の問題としてとらえ,医療を受けるものも,与えるものも共同して一連の組織を持ち,公衆衛生という,地域社会または特定集団の健康を課題とすることになつて来た。

  • 文献概要を表示

1.口腔疾患のあらまし

 一生涯のうちに口腔や歯の病気に悩まされない人は全く無いといつてよく,自分やその周囲の人びとからその例外をみいだすことはおそらく不可能であろう。

 むし歯(う蝕),歯周疾患(歯ぎん炎,歯そう膿ろうなどの歯ぐきや歯そう部の病気)に侵され,歯がぐらついて抜け,歯ならびが悪くて恥ずかしい思いをする,などのなんらかの形で100%に近い割合で多くの人を苦しめている。

最近の口腔外科 岡 達
  • 文献概要を表示

 口腔外科とは,口腔および口腔周囲における外科的疾患の研究と診療を担当する分野であつて,その取扱う疾患は多種にわたる。ここでは,そのうちから,歯牙移植術,口蓋裂の治療,口腔悪性腫瘍の診断と治療および顎関節疾患の研究等の4項目について,最近の進歩を述べる。なお,文中の統計はすべて東京医科歯科大学口腔外科学教室の臨床統計によつた。

冷房の生理 高橋 悳
  • 文献概要を表示

 冷房の使用が年々ひろがるにしたがつて,それによる種々の障害に対する訴えもまた次第に多くなつている。たとえばある有名銀行では,よく冷房のきいているところで40%程度に,冷房があまりきかないところでも25%に,冷房による身体の不調を訴える者がある。最も多いのは感冒と,のどの不快感。下半身の冷えがまた非常に多く,神経病や腰痛も少なくない。女性では種々の程度の月経異常が少なくないと言われている(近江明:労働の科学Vol 15, No. 7, P. 46-54, 1960)。このような障害が,「冷房の管理」によるもので,適切な冷房ならばなくなるものか。それにはどのような管理が必要か。あるいは,「冷房そのもの」の不自然さによる障害で冷房を使う限り避けられないものであろうか。これを生理学の立場から明らかにすることが当面の問題と思われる。これはしかし決して容易なことではない。ことに,あとの問題については生理学だけから割り切つた答えを出すことは不可能とも思われる。しかし,冷房をどう管理するのが適切かという第一の問も,結局は「何を適切というか」という点で,似たところに話が落ちて行く。それゆえ,この問題はあとまわしにして,冷房によつて身体にどういうことが起こるかというところから話をはじめよう。

弱視の治療 赤木 五郎
  • 文献概要を表示

まえがき

 私ども眼科医が弱視と呼んでいるものは,眼に何らの変化もないのに,視力が低下しているものや,眼に何か病変があつても,それだけでは説明できないほど強い視力障害を訴えるものを意味している。したがつて,眼鏡で十分な視力が得られる近視や乱視などは,弱視の内にははいらない。また視力低下に相当するだけの強い病変が明らかに認められるいわゆる中毒弱視や脚気弱視なども,この内には含まれていない。

 このような弱視がどのような原因で起るのか,という点はまだよく判つていないが,従来日本では,弱視は先天的な欠陥のために起るものであつて,色盲と同様に不治の病気である,と考えていた人が多く,そのために治療もほとんど顧みられないで,放置されたままのようである。

  • 文献概要を表示

はじめに

 放射線科学が進歩し,その知識が普及するにつれて多くの人が放射線を利用し,放射線被曝の機会が多くなり,それに伴つて放射線障害についての関心も昂まり,一般人も放射線に対して神経質になるであろう。レ線治療学の成書を読むと多くの疾患に有効に作用するように書いてあり,最近は患者の方からレ線撮影を希望する人も多く,また予防医学の集団検診で健全な人が大衆被曝する機会が多くなり,放射線障害の予防と治療に関して好むと好まざるにかかわらず注目しなければならない時勢である。とくに医師,看護婦は放射線医学に無関心ではいられない。

 放射線の生体に及ぼす作用に関しては良く知られているようで,じつは明確でないのが現状である。たとえば最大許容量が1932年には1日100mγであったが1950年には1週300mγ,1958年(国際放射線防護委員会かん告)1週100mγという基準が作られた。これはこの限界をこえない限り個人一生涯の中に放射線の直接障害が現われないことを意味しているもので,これ以上被曝すれば直接障害が起きる可能性を示しているものである。

  • 文献概要を表示

 “さすがに看護婦さんは落付いたものだ”。“国立病院の機動力も予想外に大きい”こんな言葉が最近看護婦さんの間で交されていた。いつもは看護し,患者をみとる立場にある人たち,しかもその責任者として何十人,何百人の看護婦さんを指揮して働らく立場にある人たちが一度に40人も重軽傷を負つた。

 国立病院総婦長会が群馬県水上温泉藤屋ホテルで開かれたのは5月24日,まだ会議も始まつたばかりの正午に記念撮影を行ない,そこで突発的に事故は起つた。あれから3週間,後仕末は一段落はしたが,騒ぎが落着いてから,その瞬間からの経緯を振返つてみると,そこにさまざまの教訓が含まれている。

臨床検査とその介助

循環器の検査 渡辺 孝
  • 文献概要を表示

はじめに

 循環器系は心臓を原動力として血管系とリンパ系の2系統から成り立つている。このうち本稿で対象とするのは血液の循環で,これは心臓を中心として小循環と大循環に分けられる(第1図)。

 小循環とは右心室→肺動脈→肺組織→肺静脈→左心房に至る経路であり,大循環とは左心室→大動脈→動脈→器官および体組織→静脈→大静脈→右心房に至る経路である。このなかで特に臨床的に重要な経路として冠循環,肝循環,脳循環,腎循環などが含まれている。また胎生期の血液循環は肺循環がなくて胎盤循環がこれに代わる。

看護サービス・7

ことばづかい③ 永井 敏枝
  • 文献概要を表示

標準語を使いましよう

 ことばづかいのむずかしさについて述べましたが,やはりどこの国にもその国のことばがあり,どこでも正しく通じる共通語としての標準語があるものです。私たちは小学校の時から標準語の勉強をしてきましたし,日常耳にすることばも大部分標準語であります。しかし一国内でも地方に特有のローカルことばがあり,人情,習慣など味わい深い生活の断面をかもし出していることもあります。しかし地方ことばを超えた共通な標準語を美しく使うことがより品位を高め,また,人間と接する職業人として望ましいことでしよう。標準語を身につけるためにどうすればいいでしよう。それにはまず標準語を注意して聞くことです。そして練習することです。ではどんな練習をしたらいいでしようか。

 次に2.3あげてみます。

  • 文献概要を表示

雁帰る夕べの色に身を染めて雛の間の紅き灯影に吾子眠る

 〔評〕 紅き灯影がきいています。

  • 文献概要を表示

レース編

 編みかけのレース編何時,はてるとも知れぬレース編 四角な穴を一つ一つ作るただ時をうめる事が義務である為に,それが女らしさのしるしである為に,かけっ放しのラジオからはジャズが不平そうに叫び歌謡曲は,心臓を上滑りする心臓は,自らの重さに耐えかねて,倒れふす時に目をあけてレースを編む編みかけのレース編を続ける

基本情報

03869830.25.7.jpg
看護学雑誌
25巻7号 (1961年7月)
電子版ISSN:1345-2746 印刷版ISSN:0386-9830 医学書院

文献閲覧数ランキング(
9月7日~9月13日
)