ドラッグキャリア設計入門
  • 有料閲覧

ドラッグキャリア設計入門

DDSからナノマシンまで 筆頭著者 片岡 一則(著) (著) その他の著者 原島 秀吉 丸善出版 電子版ISBN 電子版発売日 2020年6月22日 ページ数 240 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-621-30365-8 印刷版発行年月 2019年1月

書籍・雑誌概要

DDSキャリア設計にあたり知っておくべき基礎的な事項を体系的にまとめた書。それぞれのキャリアの特性や設計上の指針、発想方法などを丁寧にわかりやすく解説。長年にわたり研究されてきたDDSの概念から、最新技術のエッセンスまでを網羅しており、研究をはじめたばかりの学生や、これからDDS研究をはじめようとする人の支えとなる一冊。

目次

1 総論
 1.1 DDSの概念とその基盤
 1.2 DDSのPK/PD‐モデリング
 1.3 細胞内動態制御法
 1.4 能動的標的化法
 1.5 血中濃度と組織分布
 1.6 動物モデルからヒトへの応用
DDS研究最前線:がん幹細胞のターゲティング
2 高分子系のキャリア設計
 2.1 高分子ミセル
 2.2 高分子ミセル型遺伝子キャリアの設計 
 2.3 生体内シグナルに応答する高分子の設計と薬物送達キャリアへの展開
 2.4 抗酸化作用をもった高分子キャリア
DDS研究最前線:個別化医療とDDS
3 脂質系のキャリア設計
 3.1 脂質型キャリア
 3.2 環境応答性材料
 3.3 pH感受性カチオン性脂質
 3.4 粒子サイズ制御
 3.5 エクソソーム
DDS研究最前線:抗体とDDS
4 金属系ナノ粒子設計
 4.1 金ナノ粒子
 4.2 銀ナノ粒子
 4.3 マグネタイトナノ粒子
 4.4 蛍光ナノ粒子
 4.5 おわりに
DDS研究最前線:診断を行うDDS
5 ワクチンへの応用
 5.1 ワクチン,免疫の基礎
 5.2 免疫治療におけるキャリア型DDSの重要性
 5.3 タンパク質,ペプチド抗原デリバリー
 5.4 アジュバントデリバリー
 5.5 DNAワクチン
 5.6 今後のワクチン開発におけるDDS技術の位置付け
DDS研究最前線:免疫治療とDDS  
6 DDSを超えるナノ医薬品の世界
 6.1 オルガネラターゲティング
 6.2 物理エネルギーを利用したDDS
DDS研究最前線:ゲノム編集とDDS
7 キャリアを利用したDDS製剤のレギュラトリーサイエンス
 7.1 医薬品開発の流れ
 7.2 革新的DDSキャリア製剤のレギュラトリーサイエンス
 7.3 DDSキャリア製剤に関連したガイドライン,リフレクションペーパー
 7.4 DDSキャリア製剤の品質特性解析について
 7.5 DDSキャリア製剤の薬物動態測定
 7.6 DDSキャリア製剤の非臨床安全性評価
 7.7 おわりに

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る