在宅無限大
  • 有料閲覧
≪シリーズ ケアをひらく≫

在宅無限大

訪問看護師がみた生と死 筆頭著者 村上 靖彦 (著) 阪大院人間科学研究科・教授(現象学) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-63827-2 電子版発売日 2019年1月28日 ページ数 264 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-03827-0 印刷版発行年月 2018年12月

書籍・雑誌概要

病院によって大きく変えられた「死」は、いま再びその姿を変えている。現在の在宅死は、かつてあった看取りの文化を復活させたものではない。先端医療が組み込まれた「家」という未曾有の環境のなかで、訪問看護師たちが地道に「再発明」したものである。著者は並外れた知的肺活量で、訪問看護師の語りを生け捕りにし、看護が本来持っているポテンシャルを言語化する。「看護がここにある」と確かに思える1冊。
*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。

目次

はじめに 私たちは死を再発見しつつある

I 快と自分
 第1章 言うことを聞かない患者――Aさん❶
 第2章 「普通」で「自然」な看取り――Bさん
 第3章 楽しい看取り――Cさん

II 願いと家族
 第4章 願いを引き継ぐ看取り――Dさん❶
 第5章 願いと力――Eさん

III 運命について
 第6章 予後告知と死の覚悟――Aさん❷
 第7章 若くして死ぬ人と向き合う――Dさん❷
 第8章 人生をやりきった子ども――Fさん

結論にかえて 死の再定義
補章 私は看護師から何を学んだのか


文献
初出一覧

あとがき

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る