Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 47, Issue 13 (December 2012)
Japanese

Endoscopic and Clinicopathologial Features of Laterally Spreading Tumors in the Right Colon Shin-ei Kudo 1 , Naoya Toyoshima 1 , Kosuke Sudo 1 , Seiko Hayashi 1 , Masashi Misawa 1 , Yuichi Mori 1 , Toyoki Kudo 1 , Kenta Kodama 1 , Tomokazu Hisayuki 1 , Takemasa Hayashi 1 , Kunihiko Wakamura 1 , Yoshiki Wada 1 , Hideyuki Miyachi 1 , Fuyuhiko Yamamura 1 , Shigeharu Hamatani 2 1Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan 2Department of Pathology, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan Keyword: 右側結腸腫瘍 , 早期大腸癌 , 側方発育型腫瘍 , LST pp.1965-1973
Published Date 2012/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403113676
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 The aim of this study was to evaluate the clinicopathologial features of LSTs(laterally spreading tumors)focusing on their locations.

 In a retrospective review of the colonoscopy database(April 2001 to Jun 2011)at the Showa University Northern Yokohama Hospital, we selected LST cases that underwent subsequent endoscopic or surgical resection. We evaluated clinicopathological features(gender, age, LSTs subtype, size, rate of submucosal invasion)focusing on their locations. For analysis, the locations were divided into three groups ; right colon, left colon and rectum.

 As a result, over 60%of LSTs were found in the right colon. LSTs in the right colon showed lesser tumor size and lower rate of submucosal invasion than those in other locations. In gender, size of tumor, and LSTs subtype, there was significant difference among cecum, ascending colon, and transverse colon.


Copyright © 2012, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.47.13.jpg
胃と腸
47巻13号 (2012年12月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 病型・大きさからみた大腸ESDの適応 和田 祥城 , 工藤 進英 , 林 武雅 , 須藤 晃佑 , 豊嶋 直也 , 三澤 将史 , 石垣 智之 , 松平 真悟 , 釋尾 有樹子 , 前田 康晴 , 五十嵐 健太 , 一政 克朗 , 林 靖子 , 宮原 貢一 , 杉原 雄策 , 森 悠一 , 工藤 豊樹 , 児玉 健太 , 久行 友和 , 若村 邦彦 , 宮地 英行 , 山村 冬彦 医学書院 胃と腸
    48巻 2号 (2013年2月)
    pp.134-144
    • 有料閲覧
  • 摘除法からみたLSTの中・長期経過─EMR/EPMR vs. ESD 石垣 智之 , 工藤 進英 , 林 武雅 , 桜井 達也 , 矢川 裕介 , 一政 克朗 , 豊嶋 直也 , 三澤 将史 , 森 悠一 , 工藤 豊樹 , 久行 友和 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 片桐 敦 , 宮地 英行 , 石田 文生 医学書院 胃と腸
    50巻 4号 (2015年4月)
    pp.394-404
    • 有料閲覧
  • ─新しい小腸・大腸画像診断のトピックス─顕微内視鏡(CLM,EC) 工藤 進英 , 深見 裕一 , 三澤 将史 , 林 靖子 , 豊嶋 直也 , 森 悠一 , 小形 典之 , 工藤 豊樹 , 久行 友和 , 若村 邦彦 , 林 武雅 , 宮地 英行 , 片桐 敦 , 工藤 孝毅 , 馬場 俊之 , 石田 文生 医学書院 胃と腸
    51巻 7号 (2016年6月)
    pp.937-942
    • 有料閲覧
  • LSTの超拡大内視鏡観察 工藤 豊樹 , 工藤 進英 , 若村 邦彦 , 森 悠一 , 三澤 将史 , 林 武雅 , 久津川 誠 , 一政 克朗 , 杉原 雄策 , 石垣 智之 , 豊嶋 直也 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 石田 文生 , 井上 晴洋 医学書院 胃と腸
    49巻 12号 (2014年11月)
    pp.1716-1731
    • 有料閲覧
  • 隆起型早期大腸癌の内視鏡診断—pit pattern診断の立場から 三澤 将史 , 工藤 進英 , 片岡 伸一 , 中村 大樹 , 一政 克朗 , 石垣 智之 , 武田 健一 , 豊嶋 直也 , 森 悠一 , 小形 典之 , 工藤 豊樹 , 久行 友和 , 林 武雅 , 若村 邦彦 , 馬場 俊之 , 石田 文生 医学書院 胃と腸
    54巻 6号 (2019年5月)
    pp.870-876
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有