Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 50, Issue 4 (April 2015)
Japanese

Medium- and Long-term Follow up Data of Laterally Spreading Tumors after Endoscopic Resection : EMR/EPMR vs. ESD Tomoyuki Ishigaki 1 , Shin-ei Kudo 1 , Takemasa Hayashi 1 , Tatsuya Sakurai 1 , Yusuke Yagawa 1 , Katsuro Ichimasa 1 , Naoya Toyoshima 1 , Masashi Misawa 1 , Yuichi Mori 1 , Toyoki Kudo 1 , Tomokazu Hisayuki 1 , Kunihiko Wakamura 1 , Yoshiki Wada 1 , Atsushi Katagiri 1 , Hideyuki Miyachi 1 , Fumio Ishida 1 1Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan Keyword: 早期大腸癌 , 側方発育型腫瘍 , LST , EMR , ESD pp.394-404
Published Date 2015/4/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403200205
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 LSTs(laterally spreading tumors)are classified into four subtypes. These subtypes differ from each other in clinicopathological features. Judging the subtype and accurately diagnosing the invasion depth using magnifying endoscopy are inextricably associated with the selection of the adequate treatment method. We examined the characteristics and location of the subtypes of LSTs. In addition, we evaluated the outcomes of EMR(endoscopic mucosal resection)and ESD(endoscopic submucosal dissection)and recurrence. The submucosal invasive rate in LST-G(H)was very low even when they were large in diameter ; however, that in LST-NG(PD)was high even when they were small in diameter. The recurrence rate after EMR/EPMR(endoscopic piecemeal mucosal resection)was higher at the cecum and rectum, in that order, because of the anatomical complexity and larger tumor size. The en bloc resection rate was higher, and the recurrence rate was significantly lower after ESD than after EMR/EPMR. Almost all recurrences were diagnosed at the first endoscopic examination after EMR/EPMR, and it was suggested that the recurrence could be controlled with additional endoscopic therapy. There was no significant difference in distal metastasis between the clinical outcomes of EMR/EPMR and ESD.


Copyright © 2015, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.50.4.jpg
胃と腸
50巻4号 (2015年4月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 右側大腸に好発する腫瘍の内視鏡的特徴―LST 工藤 進英 , 豊嶋 直也 , 須藤 晃佑 , 林 靖子 , 三澤 将史 , 森 悠一 , 工藤 豊樹 , 児玉 健太 , 久行 友和 , 林 武雅 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 山村 冬彦 , 濱谷 茂治 医学書院 胃と腸
    47巻 13号 (2012年12月)
    pp.1965-1973
    • 有料閲覧
  • 病型・大きさからみた大腸ESDの適応 和田 祥城 , 工藤 進英 , 林 武雅 , 須藤 晃佑 , 豊嶋 直也 , 三澤 将史 , 石垣 智之 , 松平 真悟 , 釋尾 有樹子 , 前田 康晴 , 五十嵐 健太 , 一政 克朗 , 林 靖子 , 宮原 貢一 , 杉原 雄策 , 森 悠一 , 工藤 豊樹 , 児玉 健太 , 久行 友和 , 若村 邦彦 , 宮地 英行 , 山村 冬彦 医学書院 胃と腸
    48巻 2号 (2013年2月)
    pp.134-144
    • 有料閲覧
  • LSTの超拡大内視鏡観察 工藤 豊樹 , 工藤 進英 , 若村 邦彦 , 森 悠一 , 三澤 将史 , 林 武雅 , 久津川 誠 , 一政 克朗 , 杉原 雄策 , 石垣 智之 , 豊嶋 直也 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 石田 文生 , 井上 晴洋 医学書院 胃と腸
    49巻 12号 (2014年11月)
    pp.1716-1731
    • 有料閲覧
  • 拡大内視鏡画像の成り立ち─大腸の画像強調併用拡大内視鏡と色素併用拡大内視鏡 工藤 豊樹 , 石垣 智之 , 中村 大樹 , 松平 真悟 , 矢川 裕介 , 武田 健一 , 一政 克朗 , 豊嶋 直也 , 三澤 将史 , 森 悠一 , 小形 典之 , 久行 友和 , 林 武雅 , 若村 邦彦 , 石田 文生 , 工藤 進英 医学書院 胃と腸
    53巻 9号 (2018年8月)
    pp.1288-1296
    • 有料閲覧
  • 隆起型早期大腸癌の内視鏡診断—pit pattern診断の立場から 三澤 将史 , 工藤 進英 , 片岡 伸一 , 中村 大樹 , 一政 克朗 , 石垣 智之 , 武田 健一 , 豊嶋 直也 , 森 悠一 , 小形 典之 , 工藤 豊樹 , 久行 友和 , 林 武雅 , 若村 邦彦 , 馬場 俊之 , 石田 文生 医学書院 胃と腸
    54巻 6号 (2019年5月)
    pp.870-876
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有