Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 42, Issue 10 (September 2007)
Japanese

Surveillance of Mucosal Colorectal Cancer after Endoscopic Resection Kunihiko Wakamura 1 , Shin-ei Kudo 1 , Orie Takemura 1 , Nobunao Ikehara 1 , Masashi Misawa 1 , Yuichi Mori 1 , Seiko Kamimae 1 , Noriyuki Ogata 1 , Kenta Kodama 1 , Ken-ichi Mizuno 1 , Toshihisa Hosoya 1 , Yoshiki Wada 1 , Hideyuki Miyachi 1 , Yasutoshi kobayashi 1 , Junji Kondo 1 , Hiroshi Kanie 1 , Junichi Ukegawa 1 , Yui Kudo 1 , Fuyuhiko Yamamura 1 , Kazuo Ohtsuka 1 , Syungo Endou 1 , Fumio Ishida 1 , Hiroshi Kashida 1 , Junichi Tanaka 1 , Shigeharu Hamatani 2 1Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan 2Department of Pathology, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan Keyword: 大腸内視鏡的治療 , 大腸粘膜内癌 , 遺残・再発 , follow up pp.1453-1457
Published Date 2007/9/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101191
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 Endoscopic resection has become the preferred technique for removing many early colorectal cancers, but local recurrence after endoscopic resection is a problem that can't be denied. EPMR(endoscopic piecemeal mucosal resection)and LST(laterally spreading tumor)are definite risk factors for local recurrence. For this reason, it is desirable that we excise a mucosal cancer as one piece. However, with EPMR, we can prevent recurrence if we do sufficient follow-up. In addition to these precautions and considering the likelihood of cancers to develop differently according to location and after the lapse of time, even when mucosal cancers are excised as one piece, careful follow-up in the same manner as follow-up for EPMR is necessary.


Copyright © 2007, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.42.10.jpg
胃と腸
42巻10号 (2007年9月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 右側大腸に好発する腫瘍の内視鏡的特徴―LST 工藤 進英 , 豊嶋 直也 , 須藤 晃佑 , 林 靖子 , 三澤 将史 , 森 悠一 , 工藤 豊樹 , 児玉 健太 , 久行 友和 , 林 武雅 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 山村 冬彦 , 濱谷 茂治 医学書院 胃と腸
    47巻 13号 (2012年12月)
    pp.1965-1973
    • 有料閲覧
  • 1)EMR/EPMR 樫田 博史 , 林 武雅 , 細谷 寿久 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 池原 伸直 , 山村 冬彦 , 大塚 和朗 , 工藤 進英 医学書院 胃と腸
    45巻 5号 (2010年4月)
    pp.873-881
    • 有料閲覧
  • endocytoscopy 工藤 進英 , 池原 伸直 , 若村 邦彦 , 宮地 英行 , 工藤 孝毅 , 久津川 誠 , 森 悠一 , 和田 祥城 , 大塚 和朗 , 樫田 博史 , 浜谷 茂治 医学書院 胃と腸
    45巻 5号 (2010年4月)
    pp.860-867
    • 有料閲覧
  • 病型・大きさからみた大腸ESDの適応 和田 祥城 , 工藤 進英 , 林 武雅 , 須藤 晃佑 , 豊嶋 直也 , 三澤 将史 , 石垣 智之 , 松平 真悟 , 釋尾 有樹子 , 前田 康晴 , 五十嵐 健太 , 一政 克朗 , 林 靖子 , 宮原 貢一 , 杉原 雄策 , 森 悠一 , 工藤 豊樹 , 児玉 健太 , 久行 友和 , 若村 邦彦 , 宮地 英行 , 山村 冬彦 医学書院 胃と腸
    48巻 2号 (2013年2月)
    pp.134-144
    • 有料閲覧
  • ─新しい小腸・大腸画像診断のトピックス─顕微内視鏡(CLM,EC) 工藤 進英 , 深見 裕一 , 三澤 将史 , 林 靖子 , 豊嶋 直也 , 森 悠一 , 小形 典之 , 工藤 豊樹 , 久行 友和 , 若村 邦彦 , 林 武雅 , 宮地 英行 , 片桐 敦 , 工藤 孝毅 , 馬場 俊之 , 石田 文生 医学書院 胃と腸
    51巻 7号 (2016年6月)
    pp.937-942
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有