Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 45, Issue 6 (May 2010)
Japanese

The Significance of Laterally Spreading Tumors in the Staging of Colorectal Cancers : a View from Image-Enhanced Endoscopy with Magnification Using Chromo or Narrow Band Imaging Hiroshi Kashida 1,2 , Takemasa Hayashi 2 , Toshihisa Hosoya 2 , Kunihiko Wakamura 2 , Yoshiki Wada 2 , Hideyuki Miyachi 2 , Nobunao Ikehara 2 , Fuyuhiko Yamamura 2 , Kazuo Ohtsuka 2 , Shin-ei Kudo 2 1Department of Gastroenterology and Hepatology, Kinki University, Osakasayama, Japan 2Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan Keyword: 側方発育型大腸腫瘍 , LST , NBI , EMR , EPMR , ESD pp.969-980
Published Date 2010/5/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101955
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 LSTs(Laterally spreading tumors)are subgrouped as granular type ; LST-G and non-granular type ; LST-NG. The former is further subclassified into homogeneous type ; LST-G(Homo)and nodular mixed type ; LST-G(Mix)whereas the latter is divided into flat-elevated type ; LST-NG(F)and pseudo-depressed type ; LST-NG(PD). These subgroups are important especially for the treatment selection as they differ somewhat from each other in nature. It is quite rare that an LST-G(Homo)should invade the submucosal layer even when it may be rather large so it is acceptable to treat it endoscopically in piecemeal fashion(EPMR). En bloc resection using the endoscopic submucosal dissection technique(ESD)is preferred for an LST-NG(PD)as it is often associated with slight submucosal invasion and fibrosis. Image-enhanced endoscopy with magnification using chromo or NBI(narrow band imaging)is useful for the prediction of cancer invasion and for the treatment selection.


Copyright © 2010, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.45.6.jpg
胃と腸
45巻6号 (2010年5月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 1)EMR/EPMR 樫田 博史 , 林 武雅 , 細谷 寿久 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 池原 伸直 , 山村 冬彦 , 大塚 和朗 , 工藤 進英 医学書院 胃と腸
    45巻 5号 (2010年4月)
    pp.873-881
    • 有料閲覧
  • 右側大腸に好発する腫瘍の内視鏡的特徴―LST 工藤 進英 , 豊嶋 直也 , 須藤 晃佑 , 林 靖子 , 三澤 将史 , 森 悠一 , 工藤 豊樹 , 児玉 健太 , 久行 友和 , 林 武雅 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 山村 冬彦 , 濱谷 茂治 医学書院 胃と腸
    47巻 13号 (2012年12月)
    pp.1965-1973
    • 有料閲覧
  • 摘除法からみたLSTの中・長期経過─EMR/EPMR vs. ESD 石垣 智之 , 工藤 進英 , 林 武雅 , 桜井 達也 , 矢川 裕介 , 一政 克朗 , 豊嶋 直也 , 三澤 将史 , 森 悠一 , 工藤 豊樹 , 久行 友和 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 片桐 敦 , 宮地 英行 , 石田 文生 医学書院 胃と腸
    50巻 4号 (2015年4月)
    pp.394-404
    • 有料閲覧
  • 大腸腫瘍の拡大観察― VI 型 pit pattern の分析および診断に関するコンセンサス―工藤班研究成果を踏まえて 工藤 進英 , 小林 泰俊 , 樫田 博史 , 笹島 圭太 , 林 武雅 , 乾 正幸 , 細谷 寿久 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 水野 研一 , 工藤 恵子 , 請川 淳一 , 工藤 由比 , 池原 伸直 , 山村 冬彦 , 大塚 和朗 , 遠藤 俊吾 , 石田 文生 , 田中 淳一 , 浜谷 茂治 医学書院 胃と腸
    41巻 13号 (2006年12月)
    pp.1751-1761
    • 有料閲覧
  • 大腸LSTのNBI拡大観察 和田 祥城 , 大塚 和朗 , 福田 将義 , 松沢 優 , 竹中 健人 , 荒木 昭博 , 渡辺 守 , 林 武雅 , 三澤 将史 , 豊嶋 直也 , 石垣 智之 , 工藤 進英 医学書院 胃と腸
    49巻 12号 (2014年11月)
    pp.1693-1704
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有