Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 53, Issue 9 (August 2018)
Japanese

Constitution of the Endoscopic Image:Magnifying Image Enhancement and Chromo-endoscopy of the Colorectal Lesion Toyoki Kudo 1 , Tomoyuki Ishigaki 1 , Hiroki Nakamura 1 , Shingo Matsudaira 1 , Yusuke Yagawa 1 , Kenichi Takeda 1 , Katsuro Ichimasa 1 , Naoya Toyoshima 1 , Masashi Misawa 1 , Yuichi Mori 1 , Noriyuki Ogata 1 , Tomokazu Hisayuki 1 , Takemasa Hayashi 1 , Kunihiko Wakamura 1 , Fumio Ishida 1 , Shin-ei Kudo 1 1Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan Keyword: 拡大内視鏡 , pit pattern , 被覆上皮 , 間質反応 , 粘液 pp.1288-1296
Published Date 2018/8/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201467
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 We have mainly explained the basics and main point of magnifying chromoendoscopic findings. It is important to understand the composition of pits and epithelial cells from an anatomical viewpoint when learning pit pattern diagnosis. Therefore, we must be able to identify the presence of an innominate groove in the mucosal epithelium and not confuse it with pit findings when using the contrast method with indigocarmine. When the crystal violet staining method is used, it is important to differentiate which mechanisms that often result in poor staining are caused from the following:(1)exposure of submucosal invasive cancer or desmoplastic reaction,(2)mucous coating(mucus cap), and(3)physical injury to the mucosal epithelium. For this purpose, it is important to identify whether there are irregular pits around the poorly stained area or continuity of pits. This can help us better understand the pit pattern classification by basic recognition.


Copyright © 2018, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.53.9.jpg
胃と腸
53巻9号 (2018年8月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • ─新しい小腸・大腸画像診断のトピックス─顕微内視鏡(CLM,EC) 工藤 進英 , 深見 裕一 , 三澤 将史 , 林 靖子 , 豊嶋 直也 , 森 悠一 , 小形 典之 , 工藤 豊樹 , 久行 友和 , 若村 邦彦 , 林 武雅 , 宮地 英行 , 片桐 敦 , 工藤 孝毅 , 馬場 俊之 , 石田 文生 医学書院 胃と腸
    51巻 7号 (2016年6月)
    pp.937-942
    • 有料閲覧
  • 右側大腸に好発する腫瘍の内視鏡的特徴―LST 工藤 進英 , 豊嶋 直也 , 須藤 晃佑 , 林 靖子 , 三澤 将史 , 森 悠一 , 工藤 豊樹 , 児玉 健太 , 久行 友和 , 林 武雅 , 若村 邦彦 , 和田 祥城 , 宮地 英行 , 山村 冬彦 , 濱谷 茂治 医学書院 胃と腸
    47巻 13号 (2012年12月)
    pp.1965-1973
    • 有料閲覧
  • 3)NBI併用拡大内視鏡 井上 晴洋 , 石垣 智之 , 三澤 将史 , 池田 晴夫 , 加賀 まこと , 南 ひとみ , 佐藤 嘉高 , 浜谷 茂治 , 工藤 進英 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.664-675
    • 有料閲覧
  • 大腸LSTのNBI拡大観察 和田 祥城 , 大塚 和朗 , 福田 将義 , 松沢 優 , 竹中 健人 , 荒木 昭博 , 渡辺 守 , 林 武雅 , 三澤 将史 , 豊嶋 直也 , 石垣 智之 , 工藤 進英 医学書院 胃と腸
    49巻 12号 (2014年11月)
    pp.1693-1704
    • 有料閲覧
  • 大腸腺腫・早期癌の内視鏡切除後のfollow up 若村 邦彦 , 工藤 進英 , 竹村 織江 , 池原 伸直 , 三澤 将史 , 森 悠一 , 神前 正幸 , 小形 典之 , 児玉 健太 , 水野 研一 , 細谷 寿久 , 和田 城祥 , 宮地 英行 , 小林 泰俊 , 近藤 純史 , 蟹江 浩 , 請川 淳一 , 工藤 由比 , 山村 冬彦 , 大塚 和朗 , 遠藤 俊吾 , 石田 文生 , 樫田 博史 , 田中 淳一 , 浜谷 茂治 医学書院 胃と腸
    42巻 10号 (2007年9月)
    pp.1453-1457
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有