書籍を検索します。雑誌文献を検索する際には「雑誌文献検索」を選択してください。

検索

カテゴリから選ぶ

精神科医療の「7つの不思議」

病院で聞けない話、診察室では見えない姿

精神科医療の「7つの不思議」
本文を見る
  • 有料閲覧

筆頭著者 夏苅/郁子 (著)

児童精神科医、医学博士

ライフサイエンス出版

電子版ISBN

電子版発売日 2021年5月19日

ページ数 224

判型 四六判

印刷版ISBN 978-4-89775-433-8

印刷版発行年月 2021年5月

書籍・雑誌概要

統合失調症の母をもった家族として、自身も精神科を受診した体験者として、その経験を公表した著者は、精神医でもある。公表後、全国から招かれた行った数百回にも及ぶ講演会で当事者(患者)や家族と触れあい、日常の診療だけでは分からなかった精神科医療の姿を知った。家族、患者、精神科医という3つの立場を持つ著者が精神科医療の7つの不思議を紐解くことで、これからの精神科医療のあり方を考える。

目次

精神科医療の「7つの不思議」 目次

まえがき 「生い立ち」を公表後、10年を経てわかったこと

序章:病気のことがわかっていないから起こる……精神科医療の「七つの不思議」
・精神医学は、病気の原因を未(いま)だに見つけていない
・わかっていないから「不思議」が起こる

第1章:不思議1 病名を言われずに、何十年と通院している患者さんがいる
・なぜ医師は、病名を言わないことがあるのか
・医師によって違っていた診断基準
・今、医師が使用している「DSM(診断)」
・「DSM」は、まだまだ過渡期
・母の症状を当てはめてみると……
・精神疾患を巡る「遺伝」と「環境」の問題
・病気の原因は、「遺伝」と「環境」と「運」

●患者・家族としての私の願い
病気を理解するには、病気の説明が必要です

第2章:不思議2 何十年も薬を飲んでいるのに、ゴールが見えない
・薬を出すときの精神科医の本音とは?
・今、使われている薬は、偶然な出会いから生まれた
・精神科の薬物療法は、とにかく飲んでみるという「経験則」
・それでも薬を、有益なものとして捉える
・私の服薬体験―薬によって得たこと、失ったこと
・減薬、断薬は、自分の症状と照らし合わせながら主治医と話し合いを

●患者・家族としての私の願い
薬を出すなら、「薬を減らす」「薬をやめる」ことも同時に考えて!

第3章:不思議3 精神疾患の原因や薬を見つけるための研究が進んでいない
・人間の「こころ」と「お金」
・研究者は、どんな研究をしているのか?
・拒食症だった私の 「こころ」
・患者・家族と研究者が一緒になって
・「研究の沙汰も金次第」

●患者・家族としての私の願い
研究に患者・家族の参加を!

第4章:不思議4 医師から「統合失調症はありふれた病気」と言われる
・医師を始めとした専門家と、患者・家族の認識の違い
・精神疾患への偏見を、専門家はどう考えていますか
・いろいろなタイプがある「統合失調症」

●患者・家族としての私の願い
患者・家族の実際の生活を知ってください

第5章:不思議5 「病気」を自覚できない人もいるのに、病院へ行かないと治療されない
・なぜ、病気の人が放っておかれるのか
・拒食症だった私が、病院に行かなかった理由
・医師も困っているのです
・家族による自衛対策

●患者・家族としての私の願い
患者さんやご家族は「承認される」ことを願っています

第6章:不思議6 思春期の患者さんの入院に適した病院がほとんどない
・切れ目のない医療を!
・なぜ「思春期科」がないのか
・思春期医療の役割
・地雷を踏んで歩いた、私の思春期

●患者・家族としての私の願い
人間の発達課題を学び、訓練したスタッフを

第7章:不思議7 成人した患者さんに対して、なぜ「家族会」が必要なのか
・どうして精神科医療には、「家族会」があるの?
・私から見た「家族会」
・家族会の現状

●患者・家族としての私の願い
家族の本当の願いは「家族ケア」ではありません

第8章:アンケートから見える「望まれる医師像」
・患者・家族、専門職が力を合わせて、診療をよくするために

終章:精神科医療の未来に向けて
・「病気を治せない」精神科医療ができること
・精神科医療の未来に向けての3つの提案

あとがき

書籍・雑誌を共有

ツール

お気に入り登録
書誌情報ダウンロード

関連書籍