齋藤孝と考える医師のコミュニケーション力
  • 有料閲覧

齋藤孝と考える医師のコミュニケーション力

筆頭著者 齋藤 孝 (著) 明治大学教授 メディカルレビュー社 電子版ISBN 電子版発売日 2020年10月5日 ページ数 184 判型 四六判 印刷版ISBN 978-4-7792-2391-4 印刷版発行年月 2020年9月

書籍・雑誌概要

医師のコミュニケーション力について齋藤孝先生(明治大学文学部教授)の視点で解説!
患者さんとのコミュニケーションにおいて信頼を獲得するために質問力、伝達力、雑談力を取り上げそれらを磨くためのメソッドを展開します。

目次

はじめに 現代の日本社会が求める新しい医師の姿

第1章 診察10分間の構成を考えよう
 1 診察過程の区分と意味づけを意識する
 2 人の印象は30秒で決まる
 3 質問とコメントで対話を発展させる
 4 情報やメッセージを伝達する
 5 雑談は人間らしい温かさを伝える
 6 締めくくりはポジティブな印象で

第2章 医師の「質問力」 情報を得るコミュニケーション術
 1 対話は質問とコメントで発展する
 2 患者さんが聞いてほしいことを質問する
 3 患者さんの関心事を繰り返しつつ具体性に引き込む
 4 話を聞きながらメモをとる
 5 患者さんに行動変容を起こすピグマリオン効果
 6 患者さんに寄り添いつつずらすテクニック
 7 聞き上手になるコツ
 8 患者さんの承認欲求を満たす
 9 共感を伝えるテクニック
 10 医師としての「質問力」を自己評価する

第3章 医師の「伝達力」 情報を伝えるコミュニケーション術
 1 医療情報の差が大きい場合の伝達手段
 2 患者さんの理解力に合わせた情報の絞り込み
 3 患者さんの理解度を推し量る方法
 4 情報の要点をメモして患者さんに渡す
 5 3回繰り返すとメッセージが定着する
 6 医師の話をわかりやすく伝える

第4章 医師の「雑談力」 心を通わせるコミュニケーション術
 1 雑談は短く
 2 雑談をして一対nから一対一へ
 3 人生のエピソードを患者さんに話す
 4 個人-個人としての間柄でも信頼を得る

第5章 医師としてのコミュニケーションの型
 1 プロフェッショナルに磨きをかける
 2 医師としてのコミュニケーションの型を習慣に
 3 声の印象をコントロールする
 4 表情の印象をコントロールする
 5 コミュニケーション方法を他者に評価してもらう
 6 気持ちが乱れたら

おわりに 齋藤 孝が医師に伝えたいメッセージ

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る