無限振子
  • 有料閲覧

無限振子

精神科医となった自閉症者の声無き叫び 筆頭著者 Lobin H. (著) 協同医書出版社 電子版ISBN 978-4-7639-9509-4 電子版発売日 2018年3月19日 ページ数 160 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-7639-4008-7 印刷版発行年月 2011年2月

書籍・雑誌概要

30代で自閉症の診断を受け,“私”として0歳から生き直し始めた精神科医による自伝的・分析的記録.一見「適応的」な「受動型」故の影響の深刻さと支援の必要性を訴える.

目次

推薦の言葉 辻井正次
私と、“私”。(序文に代えて・・・)
私の軌跡
 第1章 生まれながらの変り者:僅かな期間の“私”(乳幼児期)
 第2章 大人に笑われない為に:“彼”の出現(小学校低学年期)
 第3章 「変」だと思われない為に:“彼女”の登場(小学校中学年期)
 第4章 無視の恐怖と絶望:うつに陥る(小学校高学年期)
 第5章 いじめによる地獄の日々:うつの悪化と身体化症状の併発(中学校1年期)
 第6章 生き抜く為の術:“彼”の完成(中学校2年期)
 第7章 勉強を盾に:“彼”の成功(中学校3年期)
 第8章 “私”の不在:“彼女”の完成(高等学校期)
 第9章 “彼女”の支配:“私”に残る傷(大学期)
 第10章 混乱:私生活と仕事と(就職~結婚期)
 第11章 限界:試行錯誤-気付き-死
 第12章 “私”として生き直す:“私”の発見-出会い-そして現在
「やっかいごとよろず引き受け業」--Lobinさんのサポーターとして 栗田
Lobinさんに学ぶ--Lobinさんのセラピストとして 坂本

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る