看護理論家の業績と理論評価 第2版
  • 有料閲覧

看護理論家の業績と理論評価 第2版

筆頭著者 筒井 真優美 (編) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-63961-3 電子版発売日 2020年6月29日 ページ数 624 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-03961-1 印刷版発行年月 2020年3月

書籍・雑誌概要

日本の看護研究者が、30人の看護理論家の業績および理論の紹介、それぞれの理論の評価を解説。第2版では新たに理論家2人を追加し、横断的に「ケアリング」を概観する章を設け、「理論開発」の解説を加えるなど内容をブラッシュアップした。本書で紹介される看護理論家とその理論は、看護系大学院生、学部生の基礎教養として知っておくべきもので、これからの看護学・看護科学の発展のために欠かせないものである。

目次

第I部 看護理論の発展と理論評価の基盤となるもの
 第1章 看護学・看護科学の発展
 第2章 看護理論
 第3章 理論の評価と理論開発
 第4章 看護理論の歴史
 第5章 看護理論と倫理
 第6章 ケアリングの概観

第II部 『看護覚え書』発行~1959年
 第7章 フローレンス・ナイチンゲール:創まりの看護理論
 第8章 ヒルデガード E. ペプロウ:看護における人間関係の概念枠組み
 第9章 ヴァージニア・ヘンダーソン:人間のニードと看護独自の機能
 第10章 アーネスティン・ウィーデンバック:臨床看護における援助技術
 第11章 ドロシー E. ジョンソン:ジョンソン行動システムモデル

第III部 1960~1969年
 第12章 フェイ・グレン・アブデラ:21の看護問題
 第13章 マドレン M. レイニンガー:文化ケアの多様性と普遍性
 第14章 アイダ・ジーン・オーランド:看護過程の教育訓練
 第15章 ジョイス・トラベルビー:人間対人間の看護
 第16章 マイラ E. レヴァイン:保存モデル

第IV部 1970~1979年
 第17章 マーサ E. ロジャーズ:ユニタリ・ヒューマン・ビーイングズ
 第18章 ドロセア E. オレム:セルフケア不足看護理論
 第19章 アイモジン M. キング:目標達成理論
 第20章 ベティ・ニューマン:ベティ・ニューマン・システムモデル
 第21章 シスター・カリスタ・ロイ:人と環境の統合を創る能力(適応)
 第22章 ラモナ T. マーサー:母親役割移行過程理論(Becoming a Mother)
 第23章 ジーン・ワトソン:ヒューマン・ケアリング・サイエンス
 第24章 マーガレット A. ニューマン: 拡張する意識としての健康の理論
        (Health as Expanding Consciousness : HEC)
 第25章 マリリン A. レイ:ビューロクラティック・ケアリング理論

第V部 1980年以降
 第26章 ローズマリー・リゾ・パースィ:人間生成(humanbecoming)理論
 第27章 ノラ J. ペンダー:ヘルスプロモーション・モデル
 第28章 パトリシア・ベナー: 看護実践の明示化(articulation)から
       看護学教育法のたゆまぬ探求
 第29章 パメラ G. リード:セルフ・トランセンデンス
 第30章 マール H. ミシェル:不確かさ理論
 第31章 クリステン M. スワンソン:ケアリング中範囲理論
 第32章 アン・ボイキン:ケアリングとしての看護
 第33章 シェリル・タタノ・ベック:産後うつ病理論
 第34章 クリストファー・ジョーンズ:リフレクティブ,ナラティブ
 第35章 キャサリン・コルカバ:コンフォート理論
 第36章 アフアフ I. メレイス:移行理論

付録
 年表:日本・世界の出来事と看護の理論化の流れ
 地図:看護理論家の生誕地・活躍した都市

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る