保健婦雑誌 39巻7号 (1983年7月)

特集 老人保健活動で活動の活性化を

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編

  • 文献概要を表示

 皆様,ようこそ東京読売ランドにおいで下さいました。

 第15回自治体に働く保健婦のつどいへの参加ごくろうさまです。今回は各ブロック,県のつどいがたくさん開催され,その成果を持って参加された方々が多く,非常に心強く感じております。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 基調報告

  • 文献概要を表示

 第15回"自治体に働く保健婦のつどい"に参加された皆さん,今年は5年ぶりに東京で開催となりました。幸いお正月から暖かな天候に恵まれ,15周年にふさわしいつどいとなりました。年のはじめに全国の皆さんと交流しあい,1年間のエネルギーをたくわえたいと思います。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 老人保健法と保健婦活動の課題 シンポジウム

  • 文献概要を表示

 司会 今,全国各地で,2月から発足する老人保健法に取り組んで,いろいろ悩んでおられる方も多いと思います。現に仕事を進めている所は,この仕事がどうなるか,まだ何も手をつけていない所は何から手をつけていったらいいか,又市町村の方は,保健所との関連をどうしたらいいか,保健所は保健所で,すべて市町村に仕事が降りていく中でどうなるのか,等々いろいろと不安を持っていうと思います。

 第12回の保健婦のつどいのシンポジウムで,大阪松原市の給食サービスの取組が報告されました。この活動は大きな波紋を呼び,地域にも受け止められて,お年寄りには本当に感謝されています。しかし,その一方で,だれひとり,もっとこういうものが欲しいとか,回数を増やして欲しいという要求を出してこないと言うんですね。それは多分,保健婦がこの老人を組織しなかったところにあるのではないかと,保健婦の方が《高齢者の健康と保健活動》という本に書かれています。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 老人保健法と保健婦活動の課題 自由交流集会

老人保健法に関する特別集会
  • 文献概要を表示

自治体からの報告

責任をとらない自治体はだれのものか

 司会(小柴) 今日の自由集会のテーマは《老人保健法をめぐって》ですが,基調講演,基調報告共に老人保健法の問題については強調されました。臨調,行革の1つとして,2月1日から実施されることになっていますので,この問題をめぐって,それぞれの職場で悩みや問題を抱えていると思います。そこで,最初に各自治体における取り組みの報告をしていただき,その後,討論をしたいと思います。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 老人保健法と保健婦活動の課題 第3分科会 老人保健 第2会場

  • 文献概要を表示

 進め方(レジメより)

 老人保健法は,58年2月実施に向けて全国市町村で多くの問題をはらみつつ,具体的取組みが検討されています。

 臨調行革による保健医療切り捨ての政策にのるこの老人保健法の問題点について,特に《医療を除く保健事業》に対する基本的考え方は,明確にしておく必要があります。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 老人保健法と保健婦活動の課題 基調講演

  • 文献概要を表示

 高齢化社会の特徴

 1980年代から21世紀にかけて,保健,福祉,あるいは教育等を含めて,私どもの生活の中でもっとも大きな課題はなんだろうと問われれば,私はちゅうちょなく高齢化社会の問題と答えます。日本の高齢化社会の特徴は,3つほど考えられます。

 1つは,日本の高齢化社会の進展は,フランスと比べて約5倍ぐらいの早さですし,日本の平均寿命とほぼ同じ平均寿命のスウェーデンの高齢化社会の進展のスピードの,約3倍ぐらいの速さで進んでおります。そしておそらく21世紀に入ると,世界でもっとも高齢化社会の高度な社会が日本には実現するのではないだろうかと予測されています。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 小児をめくる保健活動の課題 第1分科会 母と子の問題 第1会場

  • 文献概要を表示

 問題提起

危機状況にある子育て

 司会 この分科会のテーマは《子育ての実態と保健指導のあり方》です。保育問題研究家の橋本宏子先生を助言者にお迎えしております。まず最初に,先生から提言をいただきたいと思います。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 小児をめくる保健活動の課題 実践講座 第二会場

  • 文献概要を表示

 司会 この実践講座に出席されたのは,私たちが仕事をしていく中で,子供のおかしさを何か感じていらっしゃるからだと思います。それを自己紹介(省略)を兼ねて出していただいて,それを受けて先生に,お話をしていただきたいと思います。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 成人をめくる保健活動の課題 第2分科会 成人保健と地域の生活 第1会場

  • 文献概要を表示

 東洋医学と西洋医学の相違点

 西洋医学は,持っているものを要素に分解して,その要素からものを考えようとしますから,たとえばイモを1つの食べ物として考えた場合,イモに含まれている栄養素は何か,イモという1つのものをいくつかの要素に抽出して,その要素の働きでイモを考えようとします。これは人体でも同様で,例えば肝臓を例にとった場合,肝臓の細胞のレベル,もっと言えば細胞から下のレベルまで視点を落として,いくつかの要素に細分し,その分析した要素の働きでもって肝臓全体を見ようとする。それが1つの特徴だと思います。それからもう1つの特徴は,必ず計量的にとらえようとすることです。肝臓病を例にとれば,症状はもちろん重視しますが,肝機能検査のデータで全体を見ようとする,数量的にものを見ようとします。その2つの点が西洋医学の特徴として非常に際立っています。

 ところが漢方の場合,"イモ"全体が体にどのように働くかという,まるごと動き方の問題のみを注目します。つまり"イモ"の持っている性質一体を冷やすか温めるか,それも体の上半身を温めるか,下半身を温めるかというイモ全体の持っている体に与える性質を重視します。必ずしも,"イモ"何グラムとか,"イモ"に含まれる要素含量がどうとかとは言いません。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 成人をめくる保健活動の課題 基礎講座

  • 文献概要を表示

 今日はアルコール依存症のことについてお話しをすることになっています。基礎講座ということですので,少々硬い話になるかと思いますがよろしくお願いします。

 アルコール依存症の治療はみなさんもお困りのように非常に多元的であり,複雑でむずかしい問題をたくさん持ち合わせています。こうすれば絶対によくなるということはなかなかありません。しかし,こうしなかったためによくならなかった人や,こうしたらよくなったというケースがあることも,また事実です。したがって過大な期待を持ったり,早くからあきらめてしまったりしないで,いつも冷静な目で見ていかなければならないのです。つまりやれることもあれば,やれないこともあるけれども,少しでもやれることを広げていきたいというのが,私たちの立場ではないでしょうか。

分科会報告
  • 文献概要を表示

第1分科会母と子の問題

第2会場 乳幼児健診を考える

 "乳幼児健診を考える--乳幼児全数調査から(東京,練馬)","横浜市衛生支部の乳幼児健診のとりくみ(横浜市)","乳幼児健診を考える(宮城,河北町)"の3つのレポートの報告の後討論に入りました。

実践講座報告/基礎講座報告
  • 文献概要を表示

第1会場

 健康問題と住民の組織活動

 レポートが3題

自由交流集会から
  • 文献概要を表示

 健康法の交流 「老人の健康づくりに活用したい」,「西式の健康法を知りたい」,「農村婦人の腰痛予防にとりくみたい」,「操体法を知りたい」,「膝の痛みをとる方法を知りたい」,「操体法の組織を作っているが,自主的な活動をしていきたい」,などの希望に沿って,操体法と自きょう術の実技を行い学習しました。

第15回自治体に働く保健婦のつどい集録 第15回自治体に働く保健婦のつどい事務局編 成人をめくる保健活動の課題 記念講演

食品公害を考える 吉田 勉
  • 文献概要を表示

 早速ですが,本題に入らせていただきたいと思います。

アピール
  • 文献概要を表示

 人勧凍結下にあって自主的な学習活動であるつどいへの参加は困難な状況にありましたが,天候に恵まれ,多数の参加を得て成功に終了することができました。また全国の保健婦の支えによって15回という節目を迎えることができましたことを喜びあいたいと思います。

 15回つどいのおかれている状況をみますと,国は健康は自分で守れという自助,自立を押しつけ,公的責任を放棄。私達公務員に対しては,人勧凍結,削減,制度改悪など,しめつけを強めています。"臨調""行革"の具体化された老人保健法は2月から実施されますが,基調講演,特別集会,シンポジウムで,さまざまな問題が明らかにされました。

  • 文献概要を表示

第6回北海道の保健婦のつどい

 開催日:10月30〜31日

 会場:札幌市婦人文化センター

基本情報

00471844.39.7.jpg
保健婦雑誌
39巻7号 (1983年7月)
電子版ISSN:2185-4041 印刷版ISSN:0047-1844 医学書院

文献閲覧数ランキング(
9月14日~9月20日
)