できる! 傾向スコア分析
  • 有料閲覧

できる! 傾向スコア分析

SPSS,Stata,Rを用いた必勝マニュアル 筆頭著者 康永 秀生 笹渕 裕介 道端 信明 山名 隼人 (著) 金原出版 電子版ISBN 978-4-307-80484-4 電子版発売日 2018年12月10日 ページ数 128 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-307-00484-8 印刷版発行年月 2018年6月

書籍・雑誌概要

傾向スコア分析は、観察データを用いて擬似ランダム化を行うなど、適応による交絡の影響を調整する画期的な統計手法である。しかし近年、この手法が誤用・乱用されているケースも少なくない。本書では、傾向スコア分析の基礎理論や3種類の統計ソフトを使った実践的な解析手順を、豊富な画像やスクリプトを使ってわかりやすく解説。傾向スコア分析を“正しく”使うためのスキルを、この一冊でマスターできる。解説で使用したサンプルデータはダウンロード配信中。

目次

I 理論編

第1章 傾向スコア分析とは
1 介入研究と観察研究
 1. 介入と観察
 2. ランダム化比較試験と「タイムマシン試験」
 3. 観察研究
 4. 擬似ランダム化
2 傾向スコア分析の概念と実例
 1. 傾向スコア分析の概念
 2. 傾向スコア分析の実例

第2章 傾向スコア分析の方法と注意点
1 傾向スコア分析の方法
 1. 傾向スコアの計算
 2. c統計量の計算
 3. 傾向スコア・マッチング
 4. 逆確率による重み付け
 5. 傾向スコアによる調整
2 傾向スコア分析の限界
 1. c統計量が低すぎる場合
 2. c統計量が高すぎる場合
 3. 未測定交絡因子の問題
 4. 傾向スコア分析の正しい適用
 <発展学習> 多重傾向スコア


II 実践編

第3章 SPSSを用いた傾向スコア分析
1 SPSSの概要
 1. SPSSとは
 2. SPSSの操作画面
2 データの読み込みと確認
 1. サンプル・データセット
 2. データの読み込み
 3. データの確認
3 傾向スコアの計算
 1. ロジスティック回帰による傾向スコアの計算
 2. ROC曲線
 3. 傾向スコアの分布の視覚化
4 傾向スコアによる調整
 1. ロジスティック回帰
 2. 重回帰分析
5 逆確率による重み付け
 1. 重み付け係数の計算
 2. 重み付け前後のバランスの確認
 3. 治療効果の推定
6 傾向スコア・マッチング
 1. マッチングの実行
 2. マッチング後のバランスの確認
 3. 治療効果の推定

第4章 Stataを用いた傾向スコア分析
1 Stataの概要
 1. Stataとは
 2. Stataの操作画面
2 データの読み込みと確認
 1. サンプル・データセット
 2. データの読み込み
 3. データの確認
3 傾向スコアの計算
 1. ロジスティック回帰による傾向スコアの計算
 2. ROC曲線
 3. 傾向スコアの分布の視覚化
4 傾向スコアによる調整
 1. ロジスティック回帰
 2. 重回帰分析
5 逆確率による重み付け
 1. 重み付け係数の計算
 2. 重み付け前後のバランスの確認
 3. 治療効果の推定
 4. teffectsを用いた逆確率による重み付け
6 傾向スコア・マッチング
 1. マッチングの実行
 2. マッチング後のバランスの確認
 3. 治療効果の推定
 4. teffectsを用いた傾向スコア・マッチング

第5章 Rを用いた傾向スコア分析
1 Rの概要
 1. Rとは
 2. RとRStudio のダウンロード
 3. RStudioの操作画面
2 データの読み込みと確認
 1. サンプル・データセット
 2. データの読み込み
 3. データの確認
3 傾向スコアの計算
 1. ロジスティック回帰による傾向スコアの計算
 2. ROC曲線
 3. 傾向スコアの分布の視覚化
4 傾向スコアによる調整
 1. ロジスティック回帰
 2. 重回帰分析
5 逆確率による重み付け
 1. 重み付け係数の計算
 2. 重み付け前後のバランスの確認
 3. 治療効果の推定
6 傾向スコア・マッチング
 1. マッチングの実行
 2. マッチング後のバランスの確認
 3. 治療効果の推定

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る