心肺蘇生 実況中継!
  • 有料閲覧

心肺蘇生 実況中継!

筆頭著者 寺崎 文生(監修) 駒澤 伸泰 (著) 大阪医科薬科大学医学部医学教育センター副センター長,教授/大阪医科薬科大学医学部医学教育センター副センター長,講師 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2021年10月12日 ページ数 125 判型 A5判 印刷版ISBN 978-4-498-16632-5 印刷版発行年月 2021年10月

書籍・雑誌概要

すべての医療従事者にとっての必須手技である「心肺蘇生」の超入門書.実況中継形式で,気軽に最新の蘇生教育を受けることができます.新型コロナウイルスの影響で,なかなか蘇生実習を行う機会がなくても,本書を一読すれば,蘇生アルゴリズムや基本的な考え方など,心肺蘇生の基本概念・ノンテクニカルスキルを習得できます.すべての医療系学生に!

目次

プロローグ
1 心肺蘇生・急変対応を学ぶ必要性
   心肺蘇生・急変対応教育を学ぶ意義
   標準化された心肺蘇生・急変対応教育を学ぶ意義
   心肺蘇生の法律的・プロフェッショナリズム的側面
   蘇生のエビデンス
2 心肺蘇生のイメージ
   まずは救援依頼が何よりも大切
   質の高い胸骨圧迫が不可逆的な脳へのダメージを遅らせる
   迅速な救援依頼,迅速な胸骨圧迫の次は迅速な除細動
   人工呼吸は過換気を意識して
   2020年版の米国心臓協会(AHA)心肺蘇生(CPR)と救急心血管治療のためのガイドライン(ガイドライン2020)
3 G2020成人一次救命処置(BLS)
   何も持たない状況から始めるのが一次救命処置
   質の高い胸骨圧迫こそが不可逆的な脳へのダメージを防ぎ心拍再開につながる
   AEDは『波形確認』と『安全確認』のための2回患者さんから離れる
4 G2020 ALS
   一次救命処置と二次救命処置の違い
   二次救命処置のガイドライン
   心肺蘇生中の気道管理はどうするのか
   二次救命処置における波形評価
   高度な気道確保がされている場合の心肺蘇生の特徴
   救急部,集中治療室,手術室における二次救命処置の特徴
   二次救命処置における波形評価
5 G2020 小児の一次,二次救命処置の概要
   心肺蘇生における小児心停止予防の大切さ
   蘇生ガイドラインにおける小児の定義
   小児一次救命処置のポイント
   小児二次救命処置のポイント
6 蘇生後のケア
   心拍再開後の対応
   経皮的カテーテル治療と低体温療法
   意識回復がなければ低体温療法を考慮
7 心停止のよくある原因
   心肺蘇生を行いながら原因解除を考える
   低酸素血症と窒息の解除
   溺水も低酸素による心停止の原因
   さまざまな心停止の原因と対応
8 工夫が必要な心肺蘇生~アナフィラキシー・喘息発作・局所麻酔薬中毒など~
   アナフィラキシーは誰でも起こる可能性がある
   喘息発作は迅速なβ2刺激薬とエピネフリン皮下注を
   中毒が原因の心停止への対応
9 院内急変対応
   院内急変対応とは何か
   心停止の前に適切な気道管理を
10 心肺蘇生を円滑にするためのコミュニケーション
   心肺蘇生は多職種連携
   急変時多職種連携の基本となるチームダイナミクス
11 心肺蘇生と医療安全
   心肺蘇生中の家族ケア
   患者さんが死亡した場合
   蘇生,記録の重要性
   医療安全を考えた蘇生教育の必要性
12 新型コロナウイルスパンデミック下の心肺蘇生
   新型コロナウイルス感染症と社会
   新型コロナウイルスパンデミック下の心肺蘇生
   ‘早期’の高度な気道確保が期待される二次救命処置
   密集回避が期待される二次救命処置と院内急変対応
13 二次救命処置のシナリオの実際
   二次救命処置の理想的な形式
 エピローグ
 あとがき
 索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る