書籍を検索します。雑誌文献を検索する際には「雑誌文献検索」を選択してください。

検索

カテゴリから選ぶ

姿勢を意識した

神経疾患患者の 食べられるポジショニング

神経疾患患者の 食べられるポジショニング
本文を見る
  • 有料閲覧

筆頭著者 森若 文雄(監修) 内田 学 (編集)

メジカルビュー社

電子版ISBN

電子版発売日 2020年3月2日

ページ数 164

判型 B5

印刷版ISBN 978-4-7583-2014-6

印刷版発行年月 2019年9月

書籍・雑誌概要

脳卒中,パーキンソン病,脊髄小脳変性症患者を対象とした,クッションやタオルを用いて嚥下障害を抑制する「ポジショニング」のテクニックを解説した実践書。6事例×3疾患=計18事例に対するポジショニングのテクニックを中心に,疾患の病態,誤嚥の現状および検査法等について紹介している。

目次

第1章 ポジショニングの考え方
  ポジショニングの考え方  内田 学
   はじめに
   従来のポジショニングという概念
   本書が提案する「嚥下とポジショニング」
 
第2章 脳血管障害片麻痺患者の嚥下障害に対するポジショニング
弛緩性麻痺患者にみられる嚥下障害
 全介助者に対するポジショニング
  飲み込むときにむせ込んでしまう(嚥下反射の惹起)  内田 学
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果
 自己摂取者に対するポジショニング
  嚥下後に胸やけが起こる(下部食道括約筋の弛緩,胃食道逆流)  内田 学
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈
痙性麻痺患者にみられる嚥下障害
 全介助者に対するポジショニング
  1回の嚥下で飲みきれない(痙性麻痺による姿勢異常)  内田 学
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈
  頭が下がってしまい口が開かない(頸部筋の筋緊張異常) 内田 学
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈
 自己摂取者に対するポジショニング
  お皿に手が届かない(痙性麻痺による姿勢異常)  内田 学
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈
  犬食いの姿勢で食べており,よくむせる(舌骨の挙上不全)  内田 学
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈

第3章 パーキンソン病の嚥下障害に対するポジショニング
 全介助者に対するポジショニング
  食物に注意が向かない(頸部伸展,体幹後傾位)  中城雄一
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/覚醒状態について/ポジショニングの効果
  口への取り込み・咀嚼・送り込みができない(口腔機能低下)  中城雄一
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果
  手で支えないと座っていられない(重度の不良姿勢)  中城雄一
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果
 自己摂取者に対するポジショニング
  食事の際にむせる・食べこぼしがみられる(摂食動作に必要な上肢機能と不良姿勢の関係)  徳永典子
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果
  食べ物が落ちていかない感じがする(食塊の通過障害の疑い)  徳永典子
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果
  むせ込みの弱い努力性の食事動作(前ずりと体幹の側屈が目立つ)  寺内知香
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果

第4章 脊髄小脳変性症の嚥下障害に対するポジショニング
 全介助者に対するポジショニング
  介助された食物が取り込めない(食物の取り込み・咀嚼機能低下)  樫村祐哉
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果
  噛まずに飲み込んでしまう(咀嚼機能低下)  小玉 唯
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果
  首が傾き口から食物がこぼれる(体幹失調)  熊谷隆人
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果
 自己摂取者に対するポジショニング
  スプーンの操作が雑(失調による姿勢調節障害)  藤田賢一
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/ポジショニングの効果
  スプーンに向かって首を無理やり突っ込む(前傾前屈による頸部の過伸展)  最上谷拓磨
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果
  前ずりが目立つ(骨盤と胸郭の可動性低下)  最上谷拓磨
   介入前の姿勢/介入後の姿勢/ポジショニングの方法/ポジショニングの解釈/不良姿勢と嚥下障害の解釈/ポジショニングの効果

第5章 誤嚥の現状
  誤嚥の現状  山口育子
   はじめに
   脳血管障害片麻痺患者の誤嚥の現状
   パーキンソン病患者の誤嚥の現状
   脊髄小脳変性症患者の誤嚥の現状
   まとめ

第6章 誤嚥を客観的に検査する方法
  直接的検査 山口育子
   嚥下造影検査(video fluorography;VF)
   嚥下内視鏡検査(video endoscopy;VE)
   超音波画像診断
  間接的検査  山口育子
   問診とフィジカルアセスメント
   スクリーニング検査
   総合的な嚥下能力評価
   まとめ

第7章 姿勢と嚥下から考えるポジショニングの重要性
  姿勢と嚥下から考えるポジショニングの重要性  内田 学
   神経疾患患者における姿勢と嚥下
   重力下における頭頸部の位置と嚥下筋の関係
   嚥下筋の作用を不利に働かせる神経疾患患者の異常姿勢の特徴
   頸部の立ち直り反応と嚥下機能
   姿勢と舌運動の関連性
   まとめ

書籍・雑誌を共有

ツール

お気に入り登録
書誌情報ダウンロード

関連書籍