心不全診療について本気出して考えてみた
  • 有料閲覧

心不全診療について本気出して考えてみた

筆頭著者 山下 武志 (著) 公益財団法人 心臓血管研究所 所長 その他の著者 加藤祐子 著 南山堂 電子版ISBN 978-4-525-98190-7 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 150 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-525-24381-4 印刷版発行年月 2016年4月

書籍・雑誌概要

不整脈診療の第一人者が心不全診療に挑む! 長期にわたる心不全診療には医学的に裏づけられた診療哲学が必要である.どのように,どこまで治療すべきかが見きわめづらかった心不全診療を,臨床的な10の視点からとらえなおしてみよう.心不全診療に迷えるすべての医師が思わず膝を打つこと間違いなしの,「心不全を診る姿勢」を養う実践書.

目次

1.心機能をコンディショニングする
 心機能を評価する ―心臓超音波検査
 心筋を評価する ―核医学検査
 心機能に対する介入の考えかた

2.心拍数をアジャストする
 適切な安静時心拍数とは…
 chronotropic incompetenceとは…
 洞調律と心房細動
 心拍数介入の方法

3.血管トーヌスをアレンジする
 central volume shiftとは…
 preload,afterloadの評価
 血管トーヌスへの介入

4.体液量をマネジメントする
 体液量を評価する
 塩分・水分制限
 利尿薬の用いかた

5. 呼吸をアラインする
 心不全患者における呼吸障害
 呼吸障害への介入方法

6.突然死をケアする
 心不全患者における突然死
 ICDの適応
 心臓再同期療法(CRT)の適応
 electrical stormに対する対応

7.自律神経をリセットする
 自律神経の評価方法
 近未来のゆくえ… 自律神経をターゲットとした治療

8.筋肉をエンパワーメントする
 心不全診療における骨格筋
 栄養状態・筋肉量の評価
 運動療法の効果と方法

9.メンタルをサポートする
 心不全とうつ
 薬物療法はあり?

10.薬物アドヒアランスと食事療法をキープする
 アドヒアランスとは…
 アドヒアランスを維持するために ―多職種でのかかわり
 多職種によるタッグを組むこと

おわりに

日本語索引
外国語索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る