ひととおりのことをやっても苦痛が緩和しない時に開く本
  • 有料閲覧
患者と家族にもっと届く緩和ケア

ひととおりのことをやっても苦痛が緩和しない時に開く本

筆頭著者 森田 達也 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-63615-5 電子版発売日 2018年12月3日 ページ数 272 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-03615-3 印刷版発行年月 2018年11月

書籍・雑誌概要

“難治性”と決めつける前に、できることがまだまだある!薬も増やした、あれもこれもやってみた、でもまだ痛みが取れない。もしかしてその痛み、がんのせいじゃなくて筋肉の虚血のせい? 非オピオイド鎮痛薬を飲んでいないから? レスキュー薬が来るまでに時間がかかりすぎ? 痛みの原因に気付けば、今できる工夫がきっとあります。「これをやれば苦痛が取れるかも?」という着眼点を、細かく丁寧に書きためた1冊。

目次

はじめに

治療抵抗性の苦痛:概論

第1章 痛みが取りきれない時
 ■Overview
 ■難治性ではないはずの痛み──理由を見分けて対処する
  マットが硬い
  がんで痛いんじゃなくて筋肉の虚血
  安定した痛みだったのに急に痛くなった(出血,感染,虚血,穿孔)
  もともと(がんと関係ない首・肩・腰が)痛い
  折れている!
  非オピオイド鎮痛薬が入っていない
  経口麻薬を増やしても効かない(理由① オピオイドが吸収されていない)
  経口麻薬を増やしても効かない
    (理由② もともと効かない痛みである──神経痛)
  経口麻薬を増やしても効かない
    (理由③ もともと効かない痛みである──頭痛)
  経口麻薬を増やしても効かない(理由④ 絶対量が足りない)
  フェンタニル貼付剤を増やしても効かない(耐性ができている)
  痛い時間帯に鎮痛薬が足りない(夜編)
  痛い時間帯に鎮痛薬が足りない(昼編)
  動いた時だけ痛い(理由① 身体をひねっている)
  動いた時だけ痛い(理由② 痛くなる前に薬を飲んでいない)
  ご飯を食べると痛い(無理してご飯を食べている)
  レスキュー薬を飲んでいない(理由① 便秘,吐き気が嫌だから)
  レスキュー薬を飲んでいない
    (理由② 定期薬を飲んだらレスキュー薬は飲まないようにしている)
  レスキュー薬が来るまでに時間がかかる
  レスキュー薬の量が足りない
  レスキュー薬の投与間隔が長すぎる
  オピオイドが増やせない(理由① 吐き気)
  オピオイドが増やせない(理由② 眠気,せん妄)
  何を使っても精神症状が出てしまう高齢者
 ■本当の難治性疼痛
  治療目標を決める
  本当の難治性疼痛の緩和治療の流れ──「最終ライン」の手前まで
  (現状の)「最終ライン」──メサドンとくも膜下モルヒネ
  「最終ライン」としてメサドンもくも膜下モルヒネも使わない場合の対応

第2章 せん妄が取りきれない時
 ■Overview
 ■難治性ではないはずのせん妄──理由を見分けて対処する
  尿閉・宿便で落ち着かない
  かゆみ・発熱・口渇で落ち着かない
  夜間の点滴差し替えで目が覚める
  多尿・頻尿で目が覚める
  もともとの習慣や,「したいこと」がある
  聞こえない・見えない
  治せる(こともある)せん妄の原因がある(高カルシウム血症,がん性髄膜炎,
    トルソー症候群,高アンモニア血症,ビタミンB1欠乏)
  ステロイドが夕方に投与されている
  せん妄になりやすい薬を飲んでいる
  モルヒネ投与中に腎機能が悪化した
  セレネース®で眠れない
  IVルートが取れない
 ■本当の難治性せん妄
  治療目標を決める
  基本の薬物療法でおさまらない時の薬物療法

第3章 呼吸困難が取りきれない時
 ■Overview
 ■難治性ではないはずの呼吸困難──理由を見分けて対処する
  ムシムシしている
  酸素飽和度が低い・酸素が吸えていない
  ちょっと対応すればなんとかなる原因(溢水,感染,胸水)
  気道狭窄がある──酸素飽和度は正常,肺野も問題ないはずなのに…
  上大静脈症候群──顔と手がむくんできた
  頻度は低いけれど,あったら治療できる原因(心嚢水,気胸)
  ステロイドが入っていない──何にでも効くわけではないけれど…
  オピオイドを増加しすぎ──増やしていったらなんか変
     (視線が合わない・話ができない,ピクピクする,せん妄になった)
  オピオイドの早送りをしないでベースアップだけしている
  レスキュー量が少なすぎる──フェンタニル貼付剤を使っている人にモルヒネ注を
     併用したら早送りしても効かない
 ■本当の難治性呼吸困難
  治療目標を決める
  少量のモルヒネ/オキシコドンで効果がない時の薬物療法

第4章 悪心嘔吐が取りきれない時
 ■Overview
 ■難治性ではないはずの悪心嘔吐──理由を見分けて対処する
  胃に内容物が溜まっている
  原因がわかれば治せる病態(頭蓋内圧亢進,高カルシウム血症)
  見落とされがちなよくある原因(便秘と胃潰瘍)
  crashed stomach症候群という病態
  口腔カンジダ・口腔内が汚れている

Check Point 一覧
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る