患者と家族に届く緩和ケア
  • 有料閲覧
エビデンスからわかる

患者と家族に届く緩和ケア

筆頭著者 森田 達也 (他著) その他の著者 白土 明美 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62475-6 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 200 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-02475-4 印刷版発行年月 2016年3月

書籍・雑誌概要

オピオイドを拒否する患者さんには、その理由を尋ねてみる。終末期の患者さんの、つじつまの合わない言葉に付き合う。現実とかけ離れた希望も、否定せず大切にする。そんな1つひとつのケアが、患者さんと家族の大きな助けになる。日常のケアを裏付けるエビデンスから「今、できる緩和ケア」を考える本。

目次

第1章 症状コントロールの考え方
 1 オピオイドの使い方
 2 アセトアミノフェンの使い方
 3 鎮痛補助薬でわかっていること
 4 呼吸困難への対処
 5 嘔気と消化管閉塞への対処
 6 倦怠感を軽減する方策

第2章 精神的サポート,家族へのサポート
 1 QOLって本当は何のこと?
 2 希望を支える
 3 患者の「負担感」と「迷惑」
 4 スピリチュアルケア

第3章 死亡直前期の緩和ケア
 1 死亡直前期であることを示す兆候とよい看取り
 2 せん妄の時の家族へのケア
 3 患者が食べられない時のケア
 4 鎮静の時のケア
 5 終末期の意思決定とアドバンスケアプランニング

  〓 おわりに
  〓 索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る