音楽の神経心理学
  • 有料閲覧
≪神経心理学コレクション≫

音楽の神経心理学

筆頭著者 緑川 晶 (著) その他の著者 山鳥 重/河村 満/池田 学 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-61527-3 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 168 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-01527-1 印刷版発行年月 2013年9月

書籍・雑誌概要

認知症などの脳変性疾患や脳血管障害を原因として、歌唱、演奏、リズム、楽譜の読みなどが障害される神経心理学的症状「失音楽」や、歌唱などの音楽能力のみ残存した失語症など、臨床心理士である著者が遭遇した貴重な症例を紹介。さらに高齢者や自閉症児への音楽療法についても解説。音楽や脳科学に関するコラムも随所に散りばめられ、「人間にとって音楽とは?」という問いにさまざまな側面からアプローチする1冊。

目次



はじめに 音楽の役割

第1章 音楽が失われるということ
 A.失音楽とは
 B.失音楽の症状
 C.発達障害と失音楽
 D.脳の変性と失音楽

第2章 脳の中の音楽
 A.音楽を表現する(歌うこと・奏でること)
 B.音楽を聴く
 C.音が話しかける

第3章 脳とリズム
 A.合わせる(同期)
 B.リズム

第4章 脳の中の楽譜
 A.楽譜の読み書き
 B.音楽と記号

第5章 治療法としての音楽
 A.コミュニケーションを促す音楽療法
 B.運動を引き起こす音楽療法
 C.音楽療法-その他の役割

おわりに 人間にとって音楽とは

引用・参考文献
索引

♪コラム
(1)戦争と音楽
(2)脳トレ
(3)病跡学と「創造性の学問」
(4)金管楽器
(5)旋律
(6)拍子
(7)基準音
(8)盲目
(9)“合わせる”と“そろえる”
(10)歩行のテンポ
(11)パーキンソン病
(12)日本人と西洋音楽
(13)日本人と和音
(14)楽譜
(15)譜面(ふづら)
(16)写譜家(コピスト)

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る