Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 54, Issue 13 (December 2019)
Japanese

Localized Hypertrophic Gastropathy Identified by Endoscopic Resection, Report of a Case Hiroyoshi Iwagami 1 , Noriya Uedo 1 , Kentaro Nakagawa 1 , Masayasu Ohmori 1 , Kenshi Matsuno 1 , Shuntaro Inoue 1 , Hiroko Nakahira 1 , Taro Iwatsubo 1 , Noriko Matsuura 1 , Satoki Shichijo 1 , Akira Maekawa 1 , Takashi Kanesaka 1 , Yoji Takeuchi 1 , Koji Higashino 1 , Ryu Ishihara 1 , Masanori Kitamura 2 1Osaka International Cancer Institute, Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka, Japan 2Osaka International Cancer Institute, Department of Diagnostic Pathology and Cytology, Osaka, Japan Keyword: 限局性肥厚性胃炎 , Ménétrier病 , 巨大皺襞症 , 内視鏡的切除 , ESD pp.1757-1763
Published Date 2019/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201910
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 Hypertrophic gastritis usually occurs as a diffuse lesion with enormously thickened gastric mucosal folds, but localized cases have occasionally been reported.

 We present a case of a 40-year-old man. Endoscopic examination revealed an elevated lesion of 40mm in the anterior wall of the lower part of the body. The boundary of the lesion was clear, and the surface resembled cerebral gyri. Magnifying endoscopy with narrow-band imaging showed an unclear demarcation line. Both microsurface and microvessel patterns were regular. We employed endoscopic submucosal dissection to remove the lesion because of its size(40mm)and irregular shape. Pathological examination of the lesion revealed normal foveolar epithelium and fundic glands that were 2.6-2.7 times the thickness of the surrounding mucosa. The ratio of the foveolar epithelium thickness to the gland thickness was approximately 1:3 and this was similar to that of the surrounding mucosa. Based on these results, the lesion was diagnosed as localized hypertrophic gastritis.


Copyright © 2019, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.54.13.jpg
胃と腸
54巻13号 (2019年12月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 慢性胃炎粘膜(腸上皮化生)の拡大内視鏡所見 大森 正泰 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 医学書院 胃と腸
    54巻 2号 (2019年2月)
    pp.181-190
    • 有料閲覧
  • リスク層別化に基づく早期胃癌に対するサーベイランス 七條 智聖 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 大森 正泰 , 荒尾 真道 , 岩坪 太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 松浦 倫子 , 中平 博子 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 医学書院 胃と腸
    53巻 5号 (2018年5月)
    pp.726-736
    • 有料閲覧
  • 食道神経内分泌細胞腫瘍の内視鏡診断 岩坪 太郎 , 石原 立 , 北村 昌紀 , 松野 健司 , 岩上 裕吉 , 井上 俊太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 中塚 伸一 医学書院 胃と腸
    54巻 10号 (2019年9月)
    pp.1399-1408
    • 有料閲覧
  • 食道扁平上皮癌の拡大内視鏡診断—特徴的な血管所見の解釈 井上 俊太郎 , 石原 立 , 中川 健太郎 , 大森 正泰 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 北村 昌紀 医学書院 胃と腸
    54巻 3号 (2019年3月)
    pp.353-364
    • 有料閲覧
  • EMRで診断しえた4型を呈した低異型度分化型胃癌の1例 荒尾 真道 , 上堂 文也 , 大森 正泰 , 北村 昌紀 , 中川 健太郎 , 岩坪 太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 松浦 倫子 , 中平 博子 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 東口 隆一 医学書院 胃と腸
    53巻 1号 (2018年1月)
    pp.108-115
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有