Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 53, Issue 5 (May 2018)
Japanese

Surveillance for Early Gastric Cancer Detection According to the Stratified Risk Satoki Shichijo 1 , Noriya Uedo 1 , Kentaro Nakagawa 1 , Masayasu Omori 1 , Masamichi Arao 1 , Taro Iwatsubo 1 , Hiroyoshi Iwagami 1 , Kenshi Matsuno 1 , Shuntaro Inoue 1 , Noriko Matsuura 1 , Hiroko Nakahira 1 , Akira Maekawa 1 , Takashi Kanesaka 1 , Yoji Takeuchi 1 , Koji Higashino 1 , Ryu Ishihara 1 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka International Cancer Institute, Osaka, Japan Keyword: 萎縮性胃炎 , 腸上皮化生 , 京都分類 , 除菌後胃癌 , Helicobacter pylori pp.726-736
Published Date 2018/5/24
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201368
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 H. pylori(Helicobacter pylori)infection, atrophy, and IM(intestinal metaplasia)are well-known risk factors of gastric cancer. The methods of ABC classification using H. pylori antibody and pepsinogen, histologic atrophy and IM, and endoscopic atrophy are currently in use for risk stratification. Recently, the Kyoto classification of gastritis has been advocated, and its usefulness is presently under investigation. Severe endoscopic atrophy is a good predictor of gastric cancer development after H. pylori eradication therapy, which drastically prevails by national insurance coverage. The efficacy of image-enhanced endoscopy for gastric cancer detection is under consideration at the moment. In addition, it is desirable that an adequate surveillance interval be established according to the stratified risk.


Copyright © 2018, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.53.5.jpg
胃と腸
53巻5号 (2018年5月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 慢性胃炎粘膜(腸上皮化生)の拡大内視鏡所見 大森 正泰 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 医学書院 胃と腸
    54巻 2号 (2019年2月)
    pp.181-190
    • 有料閲覧
  • 食道扁平上皮癌の拡大内視鏡診断—特徴的な血管所見の解釈 井上 俊太郎 , 石原 立 , 中川 健太郎 , 大森 正泰 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 北村 昌紀 医学書院 胃と腸
    54巻 3号 (2019年3月)
    pp.353-364
    • 有料閲覧
  • 食道神経内分泌細胞腫瘍の内視鏡診断 岩坪 太郎 , 石原 立 , 北村 昌紀 , 松野 健司 , 岩上 裕吉 , 井上 俊太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 中塚 伸一 医学書院 胃と腸
    54巻 10号 (2019年9月)
    pp.1399-1408
    • 有料閲覧
  • EMRで診断しえた4型を呈した低異型度分化型胃癌の1例 荒尾 真道 , 上堂 文也 , 大森 正泰 , 北村 昌紀 , 中川 健太郎 , 岩坪 太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 松浦 倫子 , 中平 博子 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 東口 隆一 医学書院 胃と腸
    53巻 1号 (2018年1月)
    pp.108-115
    • 有料閲覧
  • 拡大内視鏡が慢性胃炎の診断をどう変えたか 大森 正泰 , 上堂 文也 , 神崎 洋光 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    53巻 11号 (2018年10月)
    pp.1438-1444
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有