Japanese

Magnifying Endoscopic Diagnosis for Gastric Intestinal Metaplasia Masayasu Ohmori 1 , Noriya Uedo 1 , Hiromitsu Kanzaki 2 , Taro Iwatsubo 1 , Hiroko Nakahira 1 , Noriko Matsuura 1 , Satoki Shichijo 1 , Akira Maekawa 1 , Takashi Kanesaka 1 , Sachico Yamamoto 1 , Yoji Takeuchi 1 , Koji Higashino 1 , Ryu Ishihara 1 , Yasuhiko Tomita 3 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka International Cancer Institute, Osaka, Japan 2Department of Gastroenterology and Hepatology, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry, and Pharmaceutical Sciences, Okayama, Japan 3Department of Pathology, International University of Health and Welfare, Narita, Japan Keyword: 腸上皮化生 , 完全型腸上皮化生 , 不完全型腸上皮化生 pp.1438-1444
Published Date 2018/10/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201492
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 The diagnosis of gastric intestinal metaplasia is essential to consider the surveillance interval of gastroscopy depending on the risk of gastric cancer.

 Regarding the diagnosis of intestinal metaplasia, several useful findings with magnifying endoscopy have been reported. In addition, high-resolution endoscopic imaging has enhanced the diagnostic ability of non-magnifying endoscopy.

 Regarding intestinal metaplasia, research has revealed that incomplete intestinal metaplasia poses a higher risk of gastric cancer occurrence than complete intestinal metaplasia.

 We examined the association between the microsurface pattern of the corpus mucosa and the subtype of intestinal metaplasia using ME-NBI(magnifying endoscopy combined with narrow band imaging).

 In ME-NBI, the proportion of incomplete intestinal metaplasia tends to be high in the region with dominant ridge crypt openings ; however, this was not a precise method of discrimination.


Copyright © 2018, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 慢性胃炎粘膜(腸上皮化生)の拡大内視鏡所見 大森 正泰 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 医学書院 胃と腸
    54巻 2号 (2019年2月)
    pp.181-190
    • 有料閲覧
  • リスク層別化に基づく早期胃癌に対するサーベイランス 七條 智聖 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 大森 正泰 , 荒尾 真道 , 岩坪 太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 松浦 倫子 , 中平 博子 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 医学書院 胃と腸
    53巻 5号 (2018年5月)
    pp.726-736
    • 有料閲覧
  • 内視鏡的切除を施行した限局性肥厚性胃炎の1例 岩上 裕吉 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 大森 正康 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 中平 博子 , 岩坪 太郎 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 北村 昌紀 医学書院 胃と腸
    54巻 13号 (2019年12月)
    pp.1757-1763
    • 有料閲覧
  • 食道扁平上皮癌の拡大内視鏡診断—特徴的な血管所見の解釈 井上 俊太郎 , 石原 立 , 中川 健太郎 , 大森 正泰 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 北村 昌紀 医学書院 胃と腸
    54巻 3号 (2019年3月)
    pp.353-364
    • 有料閲覧
  • 食道神経内分泌細胞腫瘍の内視鏡診断 岩坪 太郎 , 石原 立 , 北村 昌紀 , 松野 健司 , 岩上 裕吉 , 井上 俊太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 中塚 伸一 医学書院 胃と腸
    54巻 10号 (2019年9月)
    pp.1399-1408
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有