Japanese

Current Status and Theme:Prediction of the Invasion Depth of Superficial Squamous Cell Carcinoma by Endoscopic Ultrasonography Noriko Matsuura 1 , Ryu Ishihara 1 , Satoki Shichijo 1 , Akira Maekawa 1 , Takashi Kanesaka 1 , Sachiko Yamamoto 1 , Yoji Takeuchi 1 , Koji Higashino 1 , Noriya Uedo 1 , Keijirou Sugimura 2 , Hiroshi Miyata 2 , Masahiko Yano 2 , Masaki Kitamura 3 , Shinichi Nakatsuka 3 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka International Cancer Institute, Osaka, Japan 2Department of Digestive Surgery, Osaka International Cancer Institute, Osaka, Japan 3Department of Pathology and Cytology, Osaka International Cancer Institute, Osaka, Japan Keyword: 食道表在癌 , 拡大観察 , EUS pp.1717-1725
Published Date 2018/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201536
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 EUS(endoscopic ultrasonography)has been used to diagnose SESCC(superficial esophageal squamous cell carcinoma)invasion depth and lymph node metastasis. A miniature probe is used to diagnose the depth of the tumor invasion. The diagnostic accuracy of EUS is higher than that of white-light imaging(WLI)and magnifying endoscopy with narrow-band imaging(ME-NBI). However, the additional benefit of WLI and ME-NBI is unclear. Currently, the diagnostic accuracy of tumor invasion depth for SESCC-suspected muscularis mucosa invasion by WLI and ME-NBI is not sufficient. Therefore, we predict that EUS is a meaning modality followed by WLI and ME-NI. Future multicenter studies are needed to determine the diagnostic accuracy of EUS and additional benefit of EUS to WLI and ME-NBI.


Copyright © 2018, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 慢性胃炎粘膜(腸上皮化生)の拡大内視鏡所見 大森 正泰 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 医学書院 胃と腸
    54巻 2号 (2019年2月)
    pp.181-190
    • 有料閲覧
  • 拡大内視鏡が慢性胃炎の診断をどう変えたか 大森 正泰 , 上堂 文也 , 神崎 洋光 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    53巻 11号 (2018年10月)
    pp.1438-1444
    • 有料閲覧
  • 内視鏡的切除を施行した限局性肥厚性胃炎の1例 岩上 裕吉 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 大森 正康 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 中平 博子 , 岩坪 太郎 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 北村 昌紀 医学書院 胃と腸
    54巻 13号 (2019年12月)
    pp.1757-1763
    • 有料閲覧
  • リスク層別化に基づく早期胃癌に対するサーベイランス 七條 智聖 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 大森 正泰 , 荒尾 真道 , 岩坪 太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 松浦 倫子 , 中平 博子 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 医学書院 胃と腸
    53巻 5号 (2018年5月)
    pp.726-736
    • 有料閲覧
  • 表在食道癌の深達度診断におけるAVAの意義 石原 立 , 青井 健司 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 山階 武 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    49巻 2号 (2014年2月)
    pp.204-211
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有