Japanese

Early Invasive Cancers of the Esophagus in Patients with Multiple Lugol-voiding Lesions Kengo Nagai 1 , Ryu Ishihara 1 , Fumi Matsui 1 , Takeshi Yamashina 1 , Takashi Ohta 1 , Hiromitsu Kanzaki 1 , Masao Hanafusa 1 , Noboru Hanaoka 1 , Sachiko Yamamoto 1 , Yoji Takeuchi 1 , Koji Higashino 1 , Noriya Uedo 1 , Hiroyasu Iishi 1 , Yasuhiko Tomita 2 , Shingo Ishiguro 3 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan 2Department of Pathology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan 3PCL Pathology & Cytology Center, Tokyo Keyword: まだら食道 , 食道癌 , NBI , 拡大内視鏡 , IPCL pp.1419-1426
Published Date 2012/8/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403113578
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 The esophagus with multiple Lugol-voiding lesions is an important risk factor for multiple esophageal cancers. Early esophageal cancer, such as epithelial or lamina propria mucosal cancers, are frequently detected during surveillance of patients with multiple Lugol-voiding lesions. Lamina propria mucosal cancers detected during surveillance endoscopy for these patients were defined as “early invasive cancers” in this study. Differentiating “early invasive cancers” from epithelial cancers was challenging, using a non-magnified white light image. Elongation of loop vessels and a small avascular area surrounded by loop vessels were typical findings for “early invasive cancers”. “Early invasive cancers” may be differentiated from epithelial cancers based on these findings.


Copyright © 2012, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 表在食道癌の深達度診断におけるAVAの意義 石原 立 , 青井 健司 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 山階 武 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    49巻 2号 (2014年2月)
    pp.204-211
    • 有料閲覧
  • 胃癌組織型診断―VS classification systemに沿った形態所見分類(案) 竹内 洋司 , 飯石 浩康 , 上堂 文也 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 辻井 芳樹 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 河田 奈都子 , 山本 幸子 , 東野 晃治 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 富田 裕彦 , 八尾 建史 医学書院 胃と腸
    46巻 6号 (2011年5月)
    pp.943-955
    • 有料閲覧
  • 胃ポリープの分類と鑑別―NBI拡大観察での特徴 山階 武 , 上堂 文也 , 石原 立 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 富田 裕彦 医学書院 胃と腸
    47巻 8号 (2012年7月)
    pp.1209-1215
    • 有料閲覧
  • 5)AFI 石原 立 , 上堂 文也 , 山本 幸子 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 神崎 洋光 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.628-633
    • 有料閲覧
  • 多発胃癌の内視鏡診断―autofluorescence imagingによる異時性多発癌発生のリスク評価 鼻岡 昇 , 上堂 文也 , 辻井 芳樹 , 竹内 洋司 , 石原 立 , 東野 晃治 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 河田 奈都子 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 1号 (2011年1月)
    pp.60-65
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有