Japanese

Histopathological Diagnosis of Gastric Cancer Using Magnifying Endoscopy Combined with the Narrow Band Imaging:a Proposal of Classification for Morphological Findings According to VS Classification Yoji Takeuchi 1 , Hiroyasu Iishi 1 , Noriya Uedo 1 , Kengo Nagai 1 , Fumi Matsui 1 , Takashi Oota 1 , Hiromitsu Kanzaki 1 , Yoshiki Tsujii 1 , Masao Hanafusa 1 , Noboru Hanaoka 1 , Natsuko Kawada 1 , Sachiko Yamamoto 1 , Koji Higashino 1 , Ryu Ishihara 1 , Masaharu Tatsuta 1 , Yasuhiko Tomita 2 , Kenshi Yao 3 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan 2Department of Pathology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan 3Department of Endoscopy, Fukuoka University Chikushi Hospital, Fukuoka, Japan Keyword: 早期胃癌 , narrow band imaging(NBI) , 拡大内視鏡 , 組織型診断 , VS classification pp.943-955
Published Date 2011/5/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403102260
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 We proposed a classification for morphological findings of gastric cancer according to VS classification using magnifying endoscopy combined with narrow band imaging and investigated the relationship between the morphological findings and histopathological type of gastric cancer. Irregular microvascular pattern(V), absent microsurface pattern(S), irregular S and VS discordance were more frequently seen and the network formation of V component was less frequently seen in the more undifferentiated histopathological type of protruded gastric cancer. Irregular V, tortuous type V morphology and bizarre type V morphology were more frequently seen and network formation of V component was less frequently seen in depressed undifferentiated adenocarcinoma compared to depressed differentiated adenocarcinoma. This study indicated the possibility of optical biopsy of gastric cancer using the combination of the network formation of V component and the irregularity of S component.


Copyright © 2011, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 5)AFI 石原 立 , 上堂 文也 , 山本 幸子 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 神崎 洋光 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.628-633
    • 有料閲覧
  • リンパ球浸潤胃癌―臨床の立場から 神崎 洋光 , 飯石 浩康 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃冶 , 上堂 文也 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 宮代 勲 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    45巻 12号 (2010年11月)
    pp.1926-1934
    • 有料閲覧
  • 多発胃癌の内視鏡診断―autofluorescence imagingによる異時性多発癌発生のリスク評価 鼻岡 昇 , 上堂 文也 , 辻井 芳樹 , 竹内 洋司 , 石原 立 , 東野 晃治 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 河田 奈都子 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 1号 (2011年1月)
    pp.60-65
    • 有料閲覧
  • 鳥肌胃炎を伴う若年者の未分化型進行胃癌の1例 太田 高志 , 上堂 文也 , 長井 健悟 , 河田 奈都子 , 松井 芙美 , 山階 武 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 宮代 勲 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    46巻 9号 (2011年8月)
    pp.1370-1374
    • 有料閲覧
  • 胃ポリープの分類と鑑別―NBI拡大観察での特徴 山階 武 , 上堂 文也 , 石原 立 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 富田 裕彦 医学書院 胃と腸
    47巻 8号 (2012年7月)
    pp.1209-1215
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有