Japanese

Gastric Carcinoma with Lymphoid Stroma Hiromitsu Kanzaki 1 , Hiroyasu Iishi 1 , Kengo Nagai 1 , Fumi Matsui 1 , Natsuko Kawada 1 , Yoshiki Tsujii 1 , Takashi Ohta 1 , Masao Hanafusa 1 , Noboru Hanaoka 1 , Sachiko Yamamoto 1 , Yoji Takeuchi 1 , Koji Higashino 1 , Noriya Uedo 1 , Ryu Ishihara 1 , Masaharu Tatsuta 1 , Isao Miyashiro 2 , Yasuhiko Tomita 3 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan 2Department of Surgery, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan 3Department of Pathology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan Keyword: carcinoma with lymphoid stroma , medullary carcinoma with lymphoid stroma , リンパ球浸潤癌 , Epstein Barr virus pp.1926-1934
Published Date 2010/11/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403102060
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 GCLS(gastric carcinoma with lymphoid stroma)is recognized to have a more favorable prognosis than the other type of gastric carcinoma. And, it has been reported to be associated with EBV(Epstein Barr virus)infection.

 We examined the clinical features, prognosis and connection with EBV infection in 18 cases(0.9%)of GCLS that were diagnosed among 2,060 gastric cancer cases in which endoscopic resection or surgical resection was performed in our hospital. Also, we investigated the macroscopic difference from closely resembling other diseases.


Copyright © 2010, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 鳥肌胃炎を伴う若年者の未分化型進行胃癌の1例 太田 高志 , 上堂 文也 , 長井 健悟 , 河田 奈都子 , 松井 芙美 , 山階 武 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 宮代 勲 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    46巻 9号 (2011年8月)
    pp.1370-1374
    • 有料閲覧
  • 胃癌組織型診断―VS classification systemに沿った形態所見分類(案) 竹内 洋司 , 飯石 浩康 , 上堂 文也 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 辻井 芳樹 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 河田 奈都子 , 山本 幸子 , 東野 晃治 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 富田 裕彦 , 八尾 建史 医学書院 胃と腸
    46巻 6号 (2011年5月)
    pp.943-955
    • 有料閲覧
  • 多発胃癌の内視鏡診断―autofluorescence imagingによる異時性多発癌発生のリスク評価 鼻岡 昇 , 上堂 文也 , 辻井 芳樹 , 竹内 洋司 , 石原 立 , 東野 晃治 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 河田 奈都子 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 1号 (2011年1月)
    pp.60-65
    • 有料閲覧
  • 5)AFI 石原 立 , 上堂 文也 , 山本 幸子 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 神崎 洋光 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.628-633
    • 有料閲覧
  • まだら食道を背景とした食道癌の初期浸潤所見 長井 健悟 , 石原 立 , 松井 芙美 , 山階 武 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 冨田 裕彦 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    47巻 9号 (2012年8月)
    pp.1419-1426
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有