Japanese

Metachronous Gastric Cancer and Autofluorescence Imaging Noboru Hanaoka 1 , Noriya Uedo 1 , Yoshiki Tsujii 1 , Yoji Takeuchi 1 , Ryu Ishihara 1 , Koji Higashino 1 , Kengo Nagai 1 , Fumi Matsui 1 , Takashi Ohta 1 , Hiromitsu Kanzaki 1 , Masao Hanafusa 1 , Natsuko Kawada 1 , Hiroyasu Iishi 1 , Masaharu Tatsuta 1 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan Keyword: 異時性多発癌 , AFI , ESD , 早期胃癌 , Helicobacter pylori pp.60-65
Published Date 2011/1/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403102106
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 A total of 375 patients with EGC(early gastric cancer)who had undergone ESD(endoscopic submucosal dissection)were followed up with endoscopic examinations for 12 months or longer. The median follow up period was 40 months(range 12~80 months). The frequency of development of metachronous gastric cancer was 7.2%(27 patients). The cumulative incidence of metachronous gastric cancer in 3 and 5 years were 6.3 and 10.1% respectively.

 Although Helicobacter pylori eradication decreases the incidence of metachronous gastric cancer after endoscopic treatment for EGC, metachronous cancer still develops after successful eradication, particularly in patients with severe corpus gastritis. We investigated whether the extent of atrophic fundic gastritis diagnosed by AFI(autofluorescence imaging)videoendoscopy is predictive of development of metachronous gastric cancer after H. pylori eradication in patients treated with ESD for EGC. Multivariate Cox's proportional hazard analysis revealed that open-type, atrophic fundic gastritis diagnosed by AFI was significantly(p=0.018)associated with development of metachronous gastric cancer after adjustment for age, sex, histological intestinal metaplasia, serum pepsinogen level, and H. pylori status(hazard ratio : 4.88, 95% CI : 1.32~18.2).

 Metachronous EGC developed after successful H. pylori eradication, and extensive atrophic fundic gastritis diagnosed by AFI was a significant predictor.


Copyright © 2011, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 内視鏡による早期胃癌のIIb進展範囲診断―AFI(autofluorescence imaging)の立場から 花房 正雄 , 上堂 文也 , 石原 立 , 神崎 洋光 , 辻井 芳樹 , 河田 奈都子 , 鼻岡 昇 , 茶谷 里佳 , 井上 拓也 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    45巻 1号 (2010年1月)
    pp.132-140
    • 有料閲覧
  • 胃癌組織型診断―VS classification systemに沿った形態所見分類(案) 竹内 洋司 , 飯石 浩康 , 上堂 文也 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 辻井 芳樹 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 河田 奈都子 , 山本 幸子 , 東野 晃治 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 富田 裕彦 , 八尾 建史 医学書院 胃と腸
    46巻 6号 (2011年5月)
    pp.943-955
    • 有料閲覧
  • リンパ球浸潤胃癌―臨床の立場から 神崎 洋光 , 飯石 浩康 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃冶 , 上堂 文也 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 宮代 勲 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    45巻 12号 (2010年11月)
    pp.1926-1934
    • 有料閲覧
  • 鳥肌胃炎を伴う若年者の未分化型進行胃癌の1例 太田 高志 , 上堂 文也 , 長井 健悟 , 河田 奈都子 , 松井 芙美 , 山階 武 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 宮代 勲 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    46巻 9号 (2011年8月)
    pp.1370-1374
    • 有料閲覧
  • 5)AFI 石原 立 , 上堂 文也 , 山本 幸子 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 神崎 洋光 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.628-633
    • 有料閲覧
  • 内視鏡的経過観察症例からみた新旧分類におけるGroup II・Group 2病変の問題点 鼻岡 昇 , 飯石 浩康 , 上堂 文也 , 石原 立 , 東野 晃治 , 竹内 洋司 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 山階 武 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    47巻 2号 (2012年2月)
    pp.165-172
    • 有料閲覧
  • 胃ポリープの分類と鑑別―NBI拡大観察での特徴 山階 武 , 上堂 文也 , 石原 立 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 富田 裕彦 医学書院 胃と腸
    47巻 8号 (2012年7月)
    pp.1209-1215
    • 有料閲覧
  • まだら食道を背景とした食道癌の初期浸潤所見 長井 健悟 , 石原 立 , 松井 芙美 , 山階 武 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 冨田 裕彦 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    47巻 9号 (2012年8月)
    pp.1419-1426
    • 有料閲覧
  • 微小胃癌診断の時代的変遷 長井 健悟 , 竜田 正晴 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 松井 芙美 , 藤井 基嗣 , 山階 武 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    48巻 6号 (2013年5月)
    pp.785-793
    • 有料閲覧
  • 食道表在癌に対するESDの治療成績 石原 立 , 山階 武 , 長井 健悟 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 松井 芙美 , 藤井 基嗣 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    48巻 9号 (2013年8月)
    pp.1263-1269
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有