Japanese

The Relationship between Lesions Diagnosed as Group II・2 According to the 13th and the 14th Version of the Japanese Classification of Gastric Cancer Association and Its Problem Noboru Hanaoka 1 , Hiroyasu Iishi 1 , Noriya Uedo 1 , Ryu Ishihara 1 , Koji Higashino 1 , Yoji Takeuchi 1 , Kengo Nagai 1 , Fumi Matsui 1 , Takeshi Yamashina 1 , Takashi Ohta 1 , Hiromitsu Kanzaki 1 , Masao Hanafusa 1 , Masaharu Tatsuta 1 , Yasuhiko Tomita 2 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan 2Department of Pathology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan Keyword: 早期胃癌 , 生検 , 胃癌取扱い規約 , Group分類 , Group 2 pp.165-172
Published Date 2012/2/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403113091
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 We aimed to investigate the relationship between lesions diagnosed as group II according to the 13th and the 14th version of the Japanese Classification of Gastric Cancer Association. The ulceration diagnosed by esophagogastroduodenoscopy(EGD)and histologically diagnosed as regenerative tissue are more frequent in the 13th version than in the 14th. The frequency of lesions altered to Group V(5)at the second observation was higher in the 14th version than that in the 13th. In conclusion, we should take care in performing second EGD for lesions diagnosed as group 2 at the first biopsy.


Copyright © 2012, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 胃ポリープの分類と鑑別―NBI拡大観察での特徴 山階 武 , 上堂 文也 , 石原 立 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 富田 裕彦 医学書院 胃と腸
    47巻 8号 (2012年7月)
    pp.1209-1215
    • 有料閲覧
  • 微小胃癌診断の時代的変遷 長井 健悟 , 竜田 正晴 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 松井 芙美 , 藤井 基嗣 , 山階 武 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    48巻 6号 (2013年5月)
    pp.785-793
    • 有料閲覧
  • 5)AFI 石原 立 , 上堂 文也 , 山本 幸子 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 神崎 洋光 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.628-633
    • 有料閲覧
  • 内視鏡による早期胃癌のIIb進展範囲診断―AFI(autofluorescence imaging)の立場から 花房 正雄 , 上堂 文也 , 石原 立 , 神崎 洋光 , 辻井 芳樹 , 河田 奈都子 , 鼻岡 昇 , 茶谷 里佳 , 井上 拓也 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    45巻 1号 (2010年1月)
    pp.132-140
    • 有料閲覧
  • 食道表在癌に対するESDの治療成績 石原 立 , 山階 武 , 長井 健悟 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 松井 芙美 , 藤井 基嗣 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    48巻 9号 (2013年8月)
    pp.1263-1269
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有