THE 分娩
  • 有料閲覧

THE 分娩

筆頭著者 石川 紀子 (編著) 総合母子保健センター愛育病院 看護部長 その他の著者 静岡県立大学看護学部/静岡県立大学大学院看護学研究科 母性看護学・助産学 准教授 中川 有加 編著聖隷浜松病院 総合周産期母子医療センター 産科部長 村越 毅 医学監修 メディカ出版 電子版ISBN 電子版発売日 2021年9月13日 ページ数 328 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-8404-7554-9 印刷版発行年月 2021年8月

書籍・雑誌概要

【生涯使える助産師のための新実践書】
分娩の解剖・生理、正常/異常経過、介助技術、産痛緩和ケア、急変対応、帝王切開術、無痛分娩など全てを網羅。コマ送り写真解説や「アセスメントのPoint」、コラム「先輩助産師からのアドバイス」、事例集で構成し、実践に即した知識・技術・ケアが学べる。

目次

・編集にあたって
・編集・執筆者一覧

【第1章】分娩の生理
■分娩の3要素
A 産道(長﨑澄人/中田雅彦)
B 娩出力(井上裕美)
C 娩出物:胎児および胎児付属物(岩端秀之)

【第2章】入院時の助産診断
■入院の必要性の判断
判断に必要な助産技術とアセスメント(中川有加/石川紀子)
◆事例集(中川有加)

【第3章】分娩期の助産診断と分娩介助
■1)分娩第1期、第2期の助産診断とアセスメント
A 正常分娩経過(石川紀子/中川有加)
B 破水の診断と処置(石川紀子)
C 回旋機序(石川紀子)
D 内診所見による分娩進行状態の診断(石川紀子)
E 分娩期のアセスメントと助産診断(中川有加/石川紀子)
F 分娩第1期、第2期の助産ケア(中川有加/石川紀子)
■2)分娩介助技術
A 仰臥位分娩の正面介助・側面介助と会陰保護(中川有加)
B 側臥位分娩の介助方法(西山綾子/中根直子)
C フリースタイル分娩における介助方法(田中律子/中根直子)
■3)分娩第3期の助産診断とアセスメント
A 胎盤娩出術(中川有加)
B 胎児付属物の観察(石川紀子)
C 分娩第3期の積極的管理(今井晶子)
■4)分娩第4期の助産ケア
A 助産ケア(中川有加)
B 早期母子接触(中山真紀子/中野玲二/中川有加)
◆事例集(石川紀子/中川有加)

【第4章】胎児心拍数モニタリング(松岡隆)
■1)胎児心拍数関連の定義と用語
A 心拍数基線(正常脈、頻脈、徐脈)
B 基線細変動・サイナソイダルパターン
C 一過性頻脈
D 一過性徐脈(変動·遅発·遷延)
■2)胎児心拍数モニタリングの評価
胎児機能不全の波形パターンと診断

【第5章】分娩期の異常
■1)陣痛の異常
A 微弱陣痛(森川守)
B 過強陣痛(森川守)
■2)胎位・胎勢・胎向・進入・回旋の異常
A 胎位・胎勢・胎向・進入の異常(仲村将光)
B 回旋異常(仲村将光)
■3)産道損傷
A 会陰裂傷・腟壁裂傷(井上裕美)
B 子宮頸管裂傷(井上裕美)
■4)胎盤の異常
A 前置胎盤・癒着胎盤(本間千夏)
B 常位胎盤早期剝離(田嶋敦)
■5)羊水と臍帯の異常
A 羊水混濁(神保正利)
B 臍帯下垂・臍帯脱出(岩端由里子/長谷川潤一)
■6)子宮に関する異常
A 子宮破裂(橋井康二)
B 子宮内反症(林優)
C 弛緩出血(石川浩史)
■7)アナフィラクトイド反応
羊水塞栓症(小田智昭)
■8)産科ショックとDIC、止血手技
産科出血への対応(坂口仁美/荻田和秀)
■9)産科処置
A 分娩誘発・陣痛促進(田中啓)
B 会陰切開と縫合(井上裕美)
C 吸引分娩・鉗子分娩、子宮底圧迫法(クリステレル胎児圧出法)(永松健)
D 肩甲難産(鈴木真/末光徳匡)

【第6章】帝王切開術(村越毅)
■1)選択的帝王切開術
選択的帝王切開術の管理と助産ケア
■2)緊急帝王切開術と特殊な帝王切開術
超緊急帝王切開術(グレードA)、幸帽児帝王切開術、死戦期帝王切開術への対応
◆事例集

【第7章】産科麻酔と無痛分娩(入駒慎吾)
■1)産科麻酔総論
産科麻酔の分類
■2)無痛分娩の実際
無痛分娩管理と合併症、助産ケア
◆事例集

【第8章】分娩期におけるチーム医療(長谷川潤一)
■チーム医療と助産師の果たす役割
A 事例で考える分娩期のチーム医療
B テクニカルスキルとノンテクニカルスキル

【第9章】出生直後の新生児のケア
■1)出生直後の新生児のアセスメント
生理的変化と正常·異常の判断、処置(中野玲二)
■2)新生児蘇生法(NCPR)
蘇生処置の適応と人工呼吸(中野玲二)
■3)全身観察
新生児に特徴的な所見と観察(中山真紀子)
■4)新生児の異常への対応
呼吸窮迫症候群(RDS)、胎便吸引症候群(MAS)の診断と処置(中野玲二/廣瀬彬)
◆事例集(廣瀬彬)

※各項目中の「先輩助産師からのアドバイス」(石川紀子/中川有加)

・索引
・編者紹介

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る