マナーの花束
  • 有料閲覧
≪ケアのこころシリーズ 1≫ ケアのこころシリーズ1

マナーの花束

筆頭著者 牧野 永城 吉井 良子 (監修) 元聖路加国際病院院長/聖路加国際病院副看護部長 インターメディカ 電子版ISBN 電子版発売日 2019年7月8日 ページ数 88 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-900615-02-1 印刷版発行年月 1994年5月

書籍・雑誌概要

ナースとして、医療チームの一員として、身につけたいマナーの基本と心配りを、若いナースの方々の心に響くメッセージとしてお届けします。
マナーの基本は、いつも相手の立場に立つこと。ナースとしてのマナーの中に、患者さんへの「ケアのこころ」が見えてきます。

目次

PART 1 社会人としてのマナー
 ●ナースのおしゃれは清潔感からスタート!
 ●はりのある職場は、美しい身のこなしから
 ●敬語に自信、ありますか?

PART 2 医療スタッフの一員として
 ●小さな心配りが職場を明るくします
 ●仕事への姿勢が人間関係を作ります

PART 3 ナースステーションでのマナー
 ●さわやかナースは、応対上手!
 ●電話の印象が、そのまま病院の印象に
 ●ナースコールはナースのもの?

PART 4 入院の際の心づかい
 ●ここなら大丈夫。安心感をもっていただくために

PART 5 入院患者への心配り
 ●いつも見守る目があたたかい
 ●患者との対話が、信頼を作ります
 ●さしのべたナースの手
 ●励ましが伝わって
 ●大部屋では、いつも全員に心配りを
 ●子どもの患者ーー不安をとることが先決
 ●老人にはとくに、相手の身になって
 ●ほんの少しの工夫が、看護を光らせます

PART 6 移動の際の心配り
 ●安全と騒音に心をとめて行動します

PART 7 退院にあたっての心配り
 ●心をこめて退院の日を迎えたい

PART 8 家族や見舞客へのマナー
 ●親しい方への心づかいが患者の心をひらきます

PART 9 外来患者へのマナー
 ●外来ナースは“病院の顔”

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る