内部障害理学療法学 循環・代謝 第2版
  • 有料閲覧
≪15レクチャーシリーズ理学療法テキスト≫

内部障害理学療法学 循環・代謝 第2版

筆頭著者 石川 朗 (総編集) 神戸大学生命・医学系保健学域 その他の著者 木村/雅彦 中山書店 電子版ISBN 電子版発売日 2020年11月9日 ページ数 208 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-521-74492-6 印刷版発行年月 2017年7月

書籍・雑誌概要

循環・代謝機能障害に対する理学療法介入の際は,病態や治療に関する知識はもちろん,運動療法時の評価や治療効果の判定に用いる様々な指標は他職種と共有しなければならない.本書は,卒前教育でおさえておきたい循環・代謝の生理学から病態に応じた検査(診断)・評価・治療をまとめた.第2版では,「心腎連関」の視点から,腎疾患も取り上げ,学生が押さえておくべき心臓と腎臓の機能的関連性についてもわかりやすく解説した.

目次

1 循環器系および腎臓の構造と機能
2 心電図・不整脈の診かた
3 エネルギー代謝と栄養 4 運動耐容能とその評価-運動時のエネルギー代謝と循環器の応答
5 病態・検査と治療-虚血性心疾患
6 病態・検査と治療-心臓弁膜症と心筋症
7 病態・検査と治療-大動脈および末梢動脈疾患
8 病態・検査と治療-心不全
9 糖尿病の病態・検査と治療
10 糖尿病の合併症と治療-急性合併症,三大合併症と足病変
11 腎疾患・腎機能障害と心血管疾患
12 心臓・腎臓リハビリテーション
13 心・腎血管疾患および糖尿病患者の評価
14 心血管理学療法の実際-運動療法の実施プログラムと疾病管理および患者教育
15 糖尿病に対する理学療法の実際-糖尿病患者の理学療法評価と運動療法,患者教育
試験

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る