喘息治療薬の考え方,使い方 ver.2
  • 有料閲覧

喘息治療薬の考え方,使い方 ver.2

筆頭著者 滝澤 始 (著) 杏林大学呼吸器内科教授 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2020年4月13日 ページ数 400 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-498-13005-0 印刷版発行年月 2020年4月

書籍・雑誌概要

一筋縄ではいかない喘息治療の極意をこの上なくわかりやすく,しかも実践的に解説した好評書の改訂増補版.Ver.2では『喘息予防・管理ガイドライン2018』(JGL2018)に完全対応.新規配合薬,抗コリン薬,分子標的薬,特異的免疫療法薬などの薬剤情報を追加し,全体にわたってブラッシュアップした.喘息治療薬を使いこなすために必要な知識を凝縮した珠玉の一冊.

目次

目次


第1部 喘息を深く知ろう
第1章 喘息に関するミニ歴史
 1.喘息治療のやりがい
 2.なかなか進まなかった吸入ステロイドの普及
 3.長らく主流だった気管支拡張薬による治療と喘息死の関連
 4.喘息は増えているか?
 5.喘息はなぜ増えている?
 6.発症因子としてアレルゲンや細菌・ウイルス感染症が推定される
 7.喘息死について

第2章 喘息の病態とは
 1.喘息病態の理解の移り変わり:機能的疾患から炎症性疾患へ
 2.アレルギー性気道炎症の意義
 3.気道炎症を起こす病態? Th2サイトカインの役割
 4.気道リモデリングとは? その重要性は?
 5.気道リモデリングのメカニズムは?
 6.喘息における気道上皮と間葉系細胞の相互関係
 7.気道平滑筋細胞と肥満細胞のクロストークが重要
 8.喘息の末梢気道病変とその意義
 9.自然免疫と自然リンパ球の役割

第3章 診断について
 1.喘息の正しい治療は,まず正しい診断から
 2.今回のケースでなぜ前医により喘息と診断されたのか?
 3.「おかしいな」と思ったら躊躇せずに「初心」に戻る


第2部 喘息の薬に強くなる
第1章 吸入ステロイド薬
 1.喘息治療に革命をもたらした吸入ステロイドの有効性
 2.吸入ステロイドの有効なしくみ
 3.吸入ステロイドの具体的な使用法:いつから使うべきか?
 4.吸入ステロイドの具体的な使用法:どう使い分けるべきか?
 5.吸入ステロイドの副作用は?
 6.吸入ステロイドは気道リモデリングに有効か?

第2章 長時間作用性β2刺激薬(LABA)
 1.LABAの治療における位置づけ
 2.LABAの実際的な使用法:配合薬アドエアの登場
 3.配合剤シムビコートの登場
 4.現状の4つの配合剤と今後の選び方

第3章 ロイコトリエン受容体拮抗薬
 1.最新ガイドラインで明確になった喘息治療での位置づけ
 2.LTRAはどういうとき使うべきか?
 3.喘息治療でのLTRAへのこだわり
 4.LTRAの玄人的な使い方
 5.LTRAのもつさまざまな可能性
 6.LTRAは先を見越した治療!?

第4章 抗コリン薬(スピリーバを中心に)
 1.抗コリン薬の種類と特徴を知ろう
 2.ACOにおける抗コリン薬
 3.抗コリン薬スピリーバの喘息での使い方

第5章 テオフィリン薬をいかに使うか?
 1.テオフィリンの喘息治療薬としての歩み
 2.テオフィリンの不思議:なぜ効くのか?
 3.テオフィリン凋落の歴史
 4.気管支拡張薬から抗炎症薬へ
 5.現在におけるテオフィリンの位置づけ

第6章 その他の喘息の薬
 1.個性あふれるその他の喘息の薬たち
 2.いわゆる抗アレルギー薬はどう使い分ければいいか
 3.いろいろな局面で思い出したいクロモグリク酸ナトリウム
 4.地味だが深いもち味のトシル酸スプラタスト(アイピーディ)
 5.文字通りのその他の抗アレルギー薬
 6.漢方薬はどんなとき使う?

第7章 抗体製剤
 1.わが国初の生物製剤オマリズマブ(ゾレア)
 2.ゾレアの臨床的な有効性
 3.副作用は?
 4.ゾレアの使用の実際は?
 5.ゾレア使用法のさまざまな疑問
 6.抗IL-5抗体メポリズマブ「ヌーカラ」の登場
 7.ヌーカラを考慮すべき症例とは?
 8.抗IL-5受容体α抗体ベンラリズマブ「ファセンラ」の登場
 9.ファセンラの特徴
 10.抗IL-4/13受容体抗体デュピルマブ「デュピクセント」
 11.デュピルマブの有効性
 12.デュピルマブの特徴
 13.4つのバイオ製剤の使い分けは?

第8章 特異的免疫療法
 1.免疫療法は国際的に認知されている特異的な根治療法
 2.免疫療法にはどんなものがあるか
 3.特異的免疫療法の実際
 4.免疫療法はなぜ効くのか?
 5.注目される舌下免疫療法
 6.他の療法との併用効果は??
 7.免疫療法の近未来像


第3部 喘息治療のプロになる
第1章 発作への対処:まずはエッセンスを理解しよう
 1.発作に対する治療エッセンス
 2.急性発作の考え方:重症発作の場合

第2章 慢性期治療を開始!
 1.まずは基本を押さえよう
 2.吸入ステロイドの導入は果断に
 3.大事なのはアフターケア
 4.ステップアップのしかた
 5.喘息のコントロールをどう評価するのか?
 6.コントロール不良と判定された場合は?
 7.ステップダウンは必要か?

第3章 実際的な問題
 1.難治性喘息
 2.高齢者喘息への対応
 3.ACO(asthma-COPD overlap)
 4.妊娠と喘息
 5.咳喘息の問題

第4章 喘息のプロになるための章
 1.慢性期管理の実際的な問題で悩んだ時は
 2.病態の理解に関するモヤモヤ
 3.未来の治療のためのモヤモヤ:抗喘息薬の開発をどう進めるべきか?

第5章 最後に喘息治療のコツを

索引

ちょっとウンチク
➀ 知ってますか? 疫学研究の言葉:ケースコントロール研究とコホート研究
② 気管支喘息は増えている
③ 衛生仮説の最近事情
④ 大気汚染は喘息の増悪・発症因子になりうるか?
⑤ 英国学説とオランダ学説の今日的な意味
⑥ 気道過敏性試験
⑦ one airway, one disease:total allergistをめざして
⑧ 喘息にβ刺激薬はオールマイティーか?
⑨ total agonist? partial agonist?
⑩ ロイコトリエンの代謝経路酵素の遺伝子変異と有効性:tailor-made therapyの可能性
⑪ 免疫療法:知っている? アレルゲン診断法のさまざま
⑫ さらにウンチク:アレルギー反応の4つの分類を知っていますか?
⑬ 吸入したらかえって「苦しい!」:paradoxical bronchoconstrictionのなぞ
⑭ エー,喘息で代謝性アシドーシス?
⑮ 気道炎症の評価法
⑯ 慢性期の治療:各種ガイドラインを比べてみよう
⑰ 気管支温熱療法(bronchial thermoplasty: BT,気管支サーモプラスティ)について
⑱ 運動誘発性喘息:スポーツと喘息医療
⑲ LABAのtailor-made治療は可能なのか?
⑳ 難治性喘息の研究展開:何がどうわかってきたか?
㉑ COIって知ってますか?

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る