緩和治療薬の考え方,使い方 Ver.2
  • 有料閲覧

緩和治療薬の考え方,使い方 Ver.2

筆頭著者 森田 達也 (著) その他の著者 白土 明美 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年1月1日 ページ数 280 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-498-01797-9 印刷版発行年月 2017年9月

書籍・雑誌概要

現場で日々直面する患者の苦痛の訴えに適切に対処し,効果的な緩和治療を行うための考え方と薬の使い方について,最新エビデンスと長年の臨床経験に即して明快に解説.

目次

§1 痛みに対する薬
 1.オピオイド総論
  A.ものすごく単純化したオピオイドのイメージ
  B.古典的WHOラダーと現代版ラダー
  C.現実的な使用パターン
  D.オピオイドの特性についてのエビデンスのまとめ
  E.オピオイドの特性に従った使い分け
  F.オピオイドの換算
  G.オピオイドの副作用対策
  H.EAPCの推奨と系統的レビューのまとめ
  I.日本緩和医療学会の疼痛ガイドラインの推奨文
 2.オピオイド各論
 Overview
  A.オキシコドン
  B.フェンタニル
  C.モルヒネ
  D.トラマドール
  E.メサドン
  F.レペタン
  G.その他のオピオイド:タペンタ,ヒドロモルフォン

§2 痛みの治療薬:鎮痛補助薬
 Overview
  A.リリカ
  B.トリプタノール
  C.ケタラール
  D.サインバルタ
  E.キシロカイン
  F.テグレトール

§3 非オピオイド鎮痛薬
 Overview
  A.アセトアミノフェン
  B.経口NSAIDs:ロキソニン,ナイキサン,モービック,セレコックス
  C.非経口NSAIDs:ボルタレン坐薬,ロピオン

§4 呼吸困難の治療薬
 Overview
  A.モルヒネ
  B.コデイン
  C.抗コリン薬

§5 悪心嘔吐の治療薬
 Overview
  A.プリンペラン
  B.ノバミン
  C.抗ヒスタミン剤(ポララミン,トラベルミン)
  D.多次元受容体拮抗薬(MARTA),ノルアドレナリン,セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)

§6 食欲不振の治療薬
 Overview
  A.ナウゼリンと六君子湯
  B.ステロイド製剤: リンデロン,ヒスロンH
  C.いろいろな組み合わせとEPA製剤

§7 消化管閉塞の治療薬
 Overview
  A.サンドスタチン
  B.ブスコパン

§8 便秘の治療薬
 Overview
  A.カマグ(マグミット)
  B.プルゼニド(センノシド)
  C.ラキソベロン(ピコスルファートナトリウム)
  D.モニラック,ラクツロース
  E.オピオイド開始時
  F.便秘に有効な漢方薬
  G.アミティーザ
  H.ナルデメジン(スインプロイク)

§9 倦怠感・眠気の治療薬
 Overview
  A.精神賦活薬:リタリン,モダフィニル,ベタナミン
  B.眠気に対するその他の薬
  C.リンデロン

§10 不安・抑うつの治療薬
 Overview
  A.ベンゾジアゼピン系抗不安薬: ソラナックス,ワイパックス,リボトリール
  B.SSRIとSNRI
  C.鎮静系抗うつ薬:トリプタノール,テトラミド,リフレックス

§11 不眠の治療薬
 Overview
  A.超短時間作用型睡眠薬:マイスリー,ルネスタ
  B.短時間作用型睡眠薬:レンドルミン(ブロチゾラム)
  C.中時間作用型睡眠薬:ロヒプノール
  D.デジレル
  E.ロゼレム
  F.ベルソムラ

§12 せん妄の治療薬
 Overview
  A.セレネース
  B.セロクエル
  C.リスパダール
  D.コントミン
  E.ジプレキサ,ルーラン,エビリファイ
  F.テトラミド

§13 鎮静の治療薬
 Overview
  A.ドルミカム
  B.フェノバール
  C.坐薬で使用する鎮静薬:セニラン,ダイアップ,ワコビタール

資料
  A.聖隷三方原病院麻薬フォルダオーダーセット
  B.緩和ケア病棟入院時指示の一覧
  C.院内製材

column
 NNTとNNH
 緩和ケアにおける有効率の定義
 テトラミド坐薬の調剤方法

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る