妄想の医学と法学
  • 有料閲覧

妄想の医学と法学

筆頭著者 村松 太郎 (著) 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年2月5日 ページ数 436 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-498-12980-1 印刷版発行年月 2016年6月

書籍・雑誌概要

法的立場からまとめられた判例を症例報告として使用し,「法」「医」それぞれの見地を横断しながら「妄想」についての論考を重ね,新たな視点を切り開く渾身のテキスト.

目次

第1章 妄想の医学
Case1 ハードクレーマー 統合失調症
Case2 逃避行の終末 覚醒剤精神病
Case3 尾行の影 妄想性障害
Case4 拡大自殺 うつ病
▲▲▲精神医学からみた「妄想」
第2章 妄想の法学
Case5 階上に住む迫害者 心神喪失
Case6 青物横丁医師射殺事件 心神耗弱
Case7 一家皆殺しの企て 完全責任能力
▲▲▲司法からみた「妄想」

第3章 妄想の医学と法学
Case8 高校恩師殺害事件 妄想性障害/心神耗弱
Case9 宮古島の砂 妄想性障害/心神耗弱
Case10 わが子の病に絶望した母 [千葉]妄想性障害/心神喪失
Case11 わが子の病に絶望した母 [さいたま]うつ病/心神耗弱
Case12 ケモノか人か 中毒性精神病/心神喪失
Case13 嫉妬の果てに 精神障害なし/完全責任能力
Case14 邪気 非器質性精神病性障害/完全責任能力
Case15 幻聴はあったか 統合失調症/心神喪失
Case16 中大教授刺殺事件 
妄想性パーソナリティ障害・妄想性障害/心神耗弱
Case17 2家族7人殺人事件 精神障害なし/完全責任能力
Case18 金閣放火事件 精神病質/完全責任能力
Case19 教頭ワグナー パラノイア/心神喪失
▲▲▲妄想とは何か

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る