新生児蘇生法テキスト 第4版
  • 有料閲覧
日本版救急蘇生ガイドライン2020に基づく

新生児蘇生法テキスト 第4版

筆頭著者 細野 茂春 (監修) メジカルビュー社 電子版ISBN 電子版発売日 2021年3月29日 ページ数 204 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7583-1998-0 印刷版発行年月 2021年4月

書籍・雑誌概要

日本蘇生協議会・日本救急医療財団合同委員会の作成による「日本版救急蘇生ガイドライン2020」に則った,「新生児蘇生法テキスト」の改訂版。
基礎的事項から蘇生の実際まで,さらにわかりやすく解説されており,本書1冊で新生児蘇生手技を学ぶことができる。日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法講習会の公式テキストに指定されており,予習・復習にも役立つ。
改訂に伴い,QRコードで見られるストリーミング動画を収載し,各章ごとにポイント解説を追加。また講習会で使用するスライド・問題集も掲載。
出産に携わるすべての医療従事者必携の書。

目次

1章 新生児蘇生法とは
 新生児蘇生法(Neonatal Cardio-Pulmonary Resuscitation;NCPR)普及プロジェクト
 GRADEによるエビデンスの確実性と推奨レベルの評価
 CoSTR 2020に基づく日本版新生児蘇生法ガイドライン2020の主な改正点

2章 新生児蘇生法の実際(基本編)
 新生児蘇生に必要な基礎知識
 新生児蘇生法の対象
 NCPRのアルゴリズム
 新生児蘇生
  STEP0 チームメンバーによるブリーフィング
  STEP1 出生直後の児の状態評価
  STEP2 ルーチンケア
  STEP3 蘇生の初期処置
  STEP4 蘇生の初期処置後の評価
  STEP5 人工呼吸
  STEP6 人工呼吸の効果の評価と次の処置(胸骨圧迫)
  STEP7 薬物投与
  STEP8 呼吸障害の安定化
 蘇生後のケア

3章 新生児蘇生法アドバンス
 気管挿管
 早産児の蘇生
 新生児蘇生に関するその他の推奨

4章 新生児蘇生法をより活用するために
 新生児蘇生におけるチームワーク
 NCPRにおける継続学習と実践トレーニング(OJT)の必要性

講習会講義資料
問題集
新生児蘇生法(NCPR)普及事業について

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る